また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509973 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

雨飾山

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
往路:JR大糸線南小谷駅→タクシー雨飾登山口
復路:村営バス雨飾高原→JR大糸線南小谷駅

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
個人的感想としては、急でかなり険しい道が続く。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

登山口6時半快晴です。
2014年09月14日 06:31撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口6時半快晴です。
最初の大休止ポイントです荒菅沢
水が冷たくて美味い上に雨飾山が姿を見せてくれました。
2014年09月14日 07:54撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の大休止ポイントです荒菅沢
水が冷たくて美味い上に雨飾山が姿を見せてくれました。
1
写真に写っている人のように右に進むべきところ、間違って沢を登り、大幅に時間をロスしてしまいました。
2014年09月14日 07:55撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真に写っている人のように右に進むべきところ、間違って沢を登り、大幅に時間をロスしてしまいました。
荒菅沢から30分ほど登ると眼下が開け、登山口を見下ろすことが出来ます。
2014年09月14日 09:35撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒菅沢から30分ほど登ると眼下が開け、登山口を見下ろすことが出来ます。
山頂らしきものも見えてきました。
2014年09月14日 09:36撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂らしきものも見えてきました。
山頂のように見えますが、一つ手前の峰の最後にきつい登りがありました。
2014年09月14日 09:56撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のように見えますが、一つ手前の峰の最後にきつい登りがありました。
笹平、小休止している間に山頂には雲が掛かってきました。
2014年09月14日 10:20撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹平、小休止している間に山頂には雲が掛かってきました。
2
帰りのバスに間に合いそうにないこと、体力の限界を感じここから下山します。
2014年09月14日 10:21撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りのバスに間に合いそうにないこと、体力の限界を感じここから下山します。
荒菅沢までやっとの思いで戻りました。既に筋肉が悲鳴を上げています。
2014年09月14日 11:53撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒菅沢までやっとの思いで戻りました。既に筋肉が悲鳴を上げています。
登頂は叶いませんでしたが、久しぶりに7時間以上の山歩きを楽しみました。
2014年09月14日 13:50撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂は叶いませんでしたが、久しぶりに7時間以上の山歩きを楽しみました。
1
あとは人影まばらなバスに揺られて帰還の一途です。
2014年09月14日 14:06撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは人影まばらなバスに揺られて帰還の一途です。

感想/記録

実に恥ずかしいが、絶好の登山日和にも拘らず山頂に達することが出来なかった。難易度が低い山と思い込んでいたのが間違いの一つ。自分の体力から考えるとかなりきつい山だった。荒菅沢から沢を遡って山頂を目指したと本で読んでいたので、真似をしたのがとんでもない間違いであったことが二つ目。何れにしても恥ずかしい限りで、ヤマレコにアップするのも躊躇われたが、恥を忍んでアップする。何かのお役に立てば幸いである。
訪問者数:400人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ