ヤマレコ

記録ID: 512172 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

爺ヶ岳

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー14人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
扇沢駅駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10分
休憩
0分
合計
10分
Sスタート地点16:5006:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
5:20登山口(扇沢Pへ車を移動)6:05‐6:26ザック調整6:30-7:16小休止7:26-7:30ケルン通過-7:54駅見坂(休)8:08-8:37小休止8:47-8:56石畳-9:05水平道・水平岬(休)9:27-9:30包優岬-9:36石ベンチ-9:40アザミ沢通過-9:42黄金岬-9:52ガラ場通過-9:57小休止10:03-10:07富士見坂通過-10:17鉄砲坂-10:36種池小屋/昼食・休憩11:36-12:39南峰12:49-13:07種池小屋13:45-14:08ガラ場-14:15黄金岬-14:20石ベンチ(休)14:30-14:34水平岬-15:09(休)15:20-15:34ケルン15:39-16:44登山口
コース状況/
危険箇所等
特になし
その他周辺情報爺ヶ岳登山口周辺のすべての駐車場が満杯で、扇沢駅の有料駐車場もほぼ満杯だったが、数台分のスペースを見つけて駐車。
その後、市営の無料駐車場の200m手前の駐車場が開放された。係員によると、この駐車場は有料駐車場が満杯になった時点で、充分に儲けたから無料で開放してやろうと言う土地所有者の有難いおぼしめしによって開放されるとのこと。もう10分遅く着けば駐車できたと言うこと。何と傲慢な…。まぁしかし、考えてみると夕方のスーパーのお刺身半額セールと同じなのかな…!?
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

2014年9月14日(日)6:05 爺ヶ岳登山口にて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2014年9月14日(日)6:05 爺ヶ岳登山口にて
9
6:26 ザック・装備の調整
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:26 ザック・装備の調整
7:16 50分歩いて小休止。全員順調
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:16 50分歩いて小休止。全員順調
7:30 満杯の扇沢駐車場を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:30 満杯の扇沢駐車場を見下ろす
7:32 ケルンを越えると小屋が見えるが・…,ここからが長いノダ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:32 ケルンを越えると小屋が見えるが・…,ここからが長いノダ
7:32 ケルンを通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:32 ケルンを通過
7:54 駅って扇沢のことかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:54 駅って扇沢のことかな?
8:07 針ノ木岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:07 針ノ木岳
8:13 ゴゼンタチバナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:13 ゴゼンタチバナ
9:27 パーティーを2つに分け、子ども達のパーティーが先行
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:27 パーティーを2つに分け、子ども達のパーティーが先行
2
9:30 意味不明の地名
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:30 意味不明の地名
9:36  座りたかったが満席
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:36  座りたかったが満席
9:40 アザミ沢〜この先ガラ場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:40 アザミ沢〜この先ガラ場
9:42 黄金崎
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:42 黄金崎
9:51 ガラ場を通過する先行パーティー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:51 ガラ場を通過する先行パーティー
9:57 最後の休憩〜小屋までわずか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:57 最後の休憩〜小屋までわずか
1
10:07 富士見坂 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:07 富士見坂 
10:12 子ども達,先に行ってよし!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:12 子ども達,先に行ってよし!
1
10:17 鉄砲坂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:17 鉄砲坂
10:29 最後尾,お疲れさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:29 最後尾,お疲れさん
10:35 着いている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:35 着いている
1
10:39 後続隊も到着〜ここで1時間の昼食休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:39 後続隊も到着〜ここで1時間の昼食休憩
11:38 空身で南峰へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:38 空身で南峰へ
11:40 タテヤマリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:40 タテヤマリンドウ
11:41 チングルマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:41 チングルマ
11:45 ナナカマドの実
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:45 ナナカマドの実
11:48 シラタマノキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:48 シラタマノキ
11:51 天衣無縫の2年生
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:51 天衣無縫の2年生
2
同 楽しさいっぱい 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同 楽しさいっぱい 
2
11:56 剣岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:56 剣岳方面
1
同 スゴイ迫力!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同 スゴイ迫力!
12:00 南峰を目指して…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:00 南峰を目指して…
12:01 鹿島槍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:01 鹿島槍
12:06 コケモモ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:06 コケモモ
12:11 ウラシマツツジ紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:11 ウラシマツツジ紅葉
12:15 剣岳・雲晴れず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:15 剣岳・雲晴れず
2
12:19 ガンコウラン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:19 ガンコウラン
12:22 南峰へ肉薄
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:22 南峰へ肉薄
11:25 大町側から吹き上げるガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:25 大町側から吹き上げるガス
1
11:26 鹿島槍・晴れず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:26 鹿島槍・晴れず
12:36 鹿島槍,なお晴れず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:36 鹿島槍,なお晴れず
12:39 やっと登頂〜1ヶ月ぶりのアルプスはきつかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:39 やっと登頂〜1ヶ月ぶりのアルプスはきつかった
1
12:46 Onchan率いる後続隊も…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:46 Onchan率いる後続隊も…
12:49 全員で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:49 全員で
14
13:07 小屋に下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:07 小屋に下る
13:10 鹿島槍,少しだけ晴れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:10 鹿島槍,少しだけ晴れる
13:17 下山に向けて準備
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:17 下山に向けて準備
13:45 降りるよッ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:45 降りるよッ!
14:06 ガラ場へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:06 ガラ場へ
14:27 石ベンチ〜座れた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:27 石ベンチ〜座れた!
1
15:09 ちょっと引っ張りすぎてお疲れもよう!? 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:09 ちょっと引っ張りすぎてお疲れもよう!? 
1
15:33 ケルンまで降りてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:33 ケルンまで降りてきた
同 悪場は終り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同 悪場は終り
15:34 ここからが長かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:34 ここからが長かった

感想/記録
by nobou

 山のあしおと小学校主催の山行『夏の名残りのアルプス・爺ヶ岳登山』は、当初大町〜松本市周辺の会員とその家族数名程度の見込みだったが、森くらの常連であるOnちゃんことOndaさんが協力してくれることになり、森くら関係の参加者がドッと増えて総勢15名と膨れ上がってしまった。15名の内訳は小2〜中3の子ども達6名と若者から高齢者を含むおとな9名。1人でこの人数を掌握するのは無理であるが、Onちゃんと言う強力なスタッフの参加を得て若者や中高年を彼に任せ、子ども達の引率に専念して全員を南峰まで登らせることができた。
 出発当初は15名が数珠つなぎになって歩いたが、ゆっくりのペースで歩き、次々と登って来る多数の登山者に道を譲るうちに集団が長く伸びてしまったので、駅見岬の休憩時から子ども達のグループと森くらのグループを分けてそれぞれのペースで登ることに切り換える。Sin君と言う19才の若者がいて、彼が2つのグループをうまくつなぐ伝令役を果たしてくれたので、双方の様子がある程度分かると言う安心感もあった。
 子ども達のグループは、先の鍬ノ峰登山の時、丈余の笹薮を笑いながら転げ落ちてつわものぶりを発揮した元気者のMah(小2女),しまなみ海道を歩いたTub・Azr兄妹(小6・小5)とMyn(小5女),Mynの姉で初参加のAya(中1女),森くらから参加のIzu(中3男)等6人の子ども達とおとな3名の合せて9名。
 柏原新道はケルンを越えて種池小屋が見えてからが長いが、天候さえよければ体の軽い子ども達は何の心配もなくスイスイと歩いて行く。ケルンの先の崖っぷちの道と、アザミ沢と言う沢を挟む前後のガラ場の通過に気をつけるだけである。
 7:30にケルンを通過。同:54駅見岬で休憩し、Onちゃんが用意してくれた拡大地図に通過時刻をプロットさせる。以下、小休止を挟んで8:56石畳,9:05〜27水平岬で休憩,9:30,9:36石ベンチと、めまぐるしく現れる看板を通過し、9:40にアザミ沢のガラ場に差しかかる。ここを慎重に越えて安全な場所で最後の休憩を取った後、『種池小屋まで自由に行っていいよ』と子ども達を開放。元気者達は一目散に小屋をめざし、初参加のAyaと兄妹の母、断糖生活者でアルプス挑戦3度目のY女史等が残り、それぞれのペースでゆっくり登って10:38に種池小屋に到達。前後して後続のグループも着く。登山口から4時間33分で予定より18分遅れ。
 南峰まで登って昼食と言う予定を変えて先に種池小屋で昼食を摂り、1時間後の11:38から空身で出発。元気な者は中央峰まで行って来てもいいことにすると、Sin君,Tba、Izu等が飛び出して行き、その他大勢が南峰に着く頃にはケロッとして戻って来ていた。
 山頂への道は所々にウラシマツツジやミネカエデの紅・黄葉が見られ、またナナカマドやコケモモの赤い実、シラタマノキの白い実,ガンコウランの黒い実、タテヤマリンドウの碧い花等が見られ、遠景には剣岳の荒々しい山稜,爺ヶ岳の北峰に続く稜線の先には鹿島槍ヶ岳を望むことが出来たが、そのいずれもが一部を雲に隠し、全貌を見せることはなかった。それでも好天の部類に入る登山日和に恵まれたと日だったと言えようか‥。
 自分は13:39に南峰に到達。8月7日の燕岳以来1ヶ月ぶりで今年に入ってわずか10回目(冬山はゼロ)と、極端に山行回数が減っている分だけ体が思うように動かず、きつかった。
 12:49に全員揃って写真を撮り、南峰のタイムリミット13:00に余裕を残して種池小屋に下る。13:45下山開始。14:06にガラ場を通過し、14:27、石ベンチで休憩。後続隊もすぐに合流。
 15:06駅見岬までトップで下って来たが、兄弟のお母さんが足を痛めているらしいとの情報が入ったので、Sin君に先頭を任せてケルンまで下って待つよう指示し、兄弟の母とY女史が下って来るのを待つ。そこからはOnちゃんのストックを借りて見守りながら下るが、駅見岬から先の下山路は意外と長く、かなり時間がかかった。
 途中からOnちゃんとY女史にサポートを頼み、お母さんの危機を心配して待っていたTubを含む4人を残して一行を追い16:44下山。お母さん達も何とか頑張って17時頃全員が下山し、予定より40分遅れで終了となる。

 今回はOnちゃんと言う強力なリーダーとSin君と言ういかにも若者らしくきびきびと動いて労を厭わず、かつ子ども達の兄貴分的存在として何かと面倒を見てくれた2人のサポートを得たことが大きな収穫だった。
 OnちゃんはCLとは名ばかりで何も用意せず、出たとこ勝負の自分と違って、前日の打ち合わせ会で拡大コピーした地図を用意してくれたり、天候等の情報もしっかり頭に入れ、また当日は不測の事態を想定して4ℓもの水を担ぎ上げたりスポーツドリンクを用意したり…と、至れり尽くせりで、しかもメンバー全員に細かな気配りを忘れない‥等々、理想的なリーダーぶりを発揮してくれ、今後、このメンバーで行くとちょっと楽ができそう‥、等と不埒なことを考えている次第。
訪問者数:563人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ