また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5542292 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 京都・北摂

唐櫃越(馬堀〜嵯峨嵐山)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2023年05月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴 30℃
アクセス
利用交通機関
電車
馬堀(JR) を出発。帰りは嵯峨嵐山(JR)から帰る
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:20
距離
22.1 km
登り
1,204 m
下り
1,261 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間49分
休憩
31分
合計
6時間20分
SJR馬堀駅08:0208:53みすぎ山08:5410:48沓掛山11:1311:56丁塚11:5712:06西芳寺川林道入り口12:0712:30松尾大社磐座12:55松尾山13:18嵐山13:39松尾山14:04嵐山公園中ノ島地区西公衆トイレ14:0514:20嵯峨嵐山駅14:2214:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
亀岡から沓掛山までは、時々ルートを探すのに注意が必要です。それほど危険なところはないと思います。テープが至る所に張ってありわかりやすいです。
沓掛山以降は分岐が多いです。亀岡から上桂に行く方向だと、本来のルートに対して間違って右手にいくならば、桂坂の住宅街に降りるので問題ないでしょう。万一左手側に行くと山の中の沢筋に出ます。GPS を持つなどして、慎重にルートを選ぶのがいいと思います。
過去天気図(気象庁) 2023年05月の天気図

装備

個人装備 スポーツドリンク+水 3Lのうち スポーツドリンク 2L を消費。カップヌードル用に+α プロテインバー1個 ゼリー状飲料1個 荷物はスタート時 8.5kg 軽登山靴(ハイキングシューズの方登りやすいです)

写真

JR馬堀駅出発。
2023年05月27日 08:05撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
JR馬堀駅出発。
2
ほぼ唐櫃越のコースに沿って歩きます。
2023年05月27日 08:06撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
ほぼ唐櫃越のコースに沿って歩きます。
2
川辺の花と電車。
走っている車両がトロッコ列車ならばより絵になるんですが・・・何せ1時間に一本なので先に進みます
2023年05月27日 08:10撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
川辺の花と電車。
走っている車両がトロッコ列車ならばより絵になるんですが・・・何せ1時間に一本なので先に進みます
2
川辺の花、実はオオキンケイギクという、駆除対象の花らしい。
2023年05月27日 08:14撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
川辺の花、実はオオキンケイギクという、駆除対象の花らしい。
3
如意寺のねこ石. 山本地域の領主宇野氏の居城だったとのこと。
光秀の時代。
2023年05月27日 08:18撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
如意寺のねこ石. 山本地域の領主宇野氏の居城だったとのこと。
光秀の時代。
4
みずき山山頂から、
2023年05月27日 08:53撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
みずき山山頂から、
2
愛宕山と保津峡(JRの線路が見えます)
2023年05月27日 08:56撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
愛宕山と保津峡(JRの線路が見えます)
4
廃車が・・・
2023年05月27日 09:17撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
廃車が・・・
2
ここから舗装道路です。老ノ坂まで降りて戻りました。
2023年05月27日 09:18撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
ここから舗装道路です。老ノ坂まで降りて戻りました。
2
今まで歩いたルート。老ノ坂から松尾の間のルートが途切れているので、このチャンスを逃すまいと唐櫃越のコースから外れて老ノ坂間、往復しました
今まで歩いたルート。老ノ坂から松尾の間のルートが途切れているので、このチャンスを逃すまいと唐櫃越のコースから外れて老ノ坂間、往復しました
3
老ノ坂と唐櫃越の分岐まで引き返してさあ唐櫃越へ
2023年05月27日 10:17撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
老ノ坂と唐櫃越の分岐まで引き返してさあ唐櫃越へ
3
沓掛山到着。眺望は少しあります
2023年05月27日 10:48撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
沓掛山到着。眺望は少しあります
4
沓掛山の眺望。ここで昼食をとってると、おじさんがやってくる。ちょうど視線の真ん中で、あっち向いて雉打ちを始めた😆
山頂がトイレに変身😿。
2023年05月27日 10:48撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
沓掛山の眺望。ここで昼食をとってると、おじさんがやってくる。ちょうど視線の真ん中で、あっち向いて雉打ちを始めた😆
山頂がトイレに変身😿。
3
頂上から間違ってこちらに行きかけました
2023年05月27日 11:13撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
頂上から間違ってこちらに行きかけました
2
あたご山参拝所、とあるので、参拝できるのか・と思って登って行ったら眺望はありませんでした😆。
2023年05月27日 11:29撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
あたご山参拝所、とあるので、参拝できるのか・と思って登って行ったら眺望はありませんでした😆。
4
唐櫃越も終わり、ずいぶん降りてきました。
渡渉が何か所かありますが、立派な木の橋あります。
2023年05月27日 11:59撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
唐櫃越も終わり、ずいぶん降りてきました。
渡渉が何か所かありますが、立派な木の橋あります。
3
私の体重、3トン はないので大丈夫そうです。
って、この木の橋 3トンはおろか1トンでも持たない気が。
面白い標識だったので思わず撮影。
2023年05月27日 12:05撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
私の体重、3トン はないので大丈夫そうです。
って、この木の橋 3トンはおろか1トンでも持たない気が。
面白い標識だったので思わず撮影。
4
この木の橋を渡り、京都一周トレイルへ
2023年05月27日 12:06撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
この木の橋を渡り、京都一周トレイルへ
3
松尾山に登る途中。
緑の筋は桂川でしょうか?
2023年05月27日 12:22撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
松尾山に登る途中。
緑の筋は桂川でしょうか?
3
嵐山方面に行くとこんな岩が・・
2023年05月27日 13:02撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
嵐山方面に行くとこんな岩が・・
3
好きな道です。
2023年05月27日 13:09撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
好きな道です。
2
嵐山に到着。さあ引き返します。
かつて山城があったようです。応仁の乱のころに築かれ、山城国の守護代官が使っていたとのこと (wikipedia より)
2023年05月27日 13:18撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
嵐山に到着。さあ引き返します。
かつて山城があったようです。応仁の乱のころに築かれ、山城国の守護代官が使っていたとのこと (wikipedia より)
4
松尾山。いくつもプレートありますが、古そうなのを撮影
2023年05月27日 13:40撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
松尾山。いくつもプレートありますが、古そうなのを撮影
3
松尾山の気温 30℃越えてます。
2023年05月27日 13:40撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
松尾山の気温 30℃越えてます。
4
渡月橋。一瞬を切り取りましたが、人の出が戻ってきてますね。
2023年05月27日 14:07撮影 by Canon PowerShot G5 X Mark IICanon
渡月橋。一瞬を切り取りましたが、人の出が戻ってきてますね。
2

感想/記録

もともとは違うところに行く予定だったのですが、諸般の事情により、すぐに家に帰らないといけないときにすぐに帰れるようにと、元の予定をキャンセルさせてもらうことに。で、どこにしようか?いろいろ考え、唐櫃越をしに、JR馬堀駅からJR嵯峨嵐山まで歩くことに。

 唐櫃越は、本能寺の変において、明智光秀が三軍に分かれて京に向かった道の一つです。山登りの人にとってもう一つの道である、明智越は有名かと思います。

 さて、暑くなってきたので水は3L 。うち 2L 分の粉末のスポーツドリンクを用意して出発。前回、前々回と行動食のみだったので、今回は昼ごはんの時間をちゃんととりたいと思い、コンロとカップヌードルを持っていく。が、歩き始めて「暑い時期にカップヌードル」・・・しまったな、と思いました。とは言え、ギリギリ耐えられる時期だったようで、汗をかきつつすすることは避けられました。

 さてそのカップヌードル、沓掛山に到着し食事していると、一人年配の男性がやってくる。で、私の視線の中央に陣取られたので、一応挨拶してみる。と、返事の代わりにあっちを向いて雉打ち・・・・😱でよかったです。なにせ、食べてるのがカレー(ヌードル)でしたし😆(失礼)

 沓掛山からのルートは間違えかけました。一度引き返して左手に折れるのがメジャーなルート。が、もう一つのルートがあって、頂上から先に進むとロープが張ってあります。
 最初唐櫃越はこちらかな?とそのルートに進みました。少し行ったところで、GPS を確認し「方向が違う」ことを確認し引き返してました。

 唐櫃越も終わり、京都一周トレイルの登山口に出ようと思うと、最後、渡渉があります。とは言っても木橋がありますので、一度に何人も乗らないように注意をすれば大丈夫です(結構ゆれるのもありました)


 その後松尾山の登り返し、その後、嵐山(山の方です)を往復。コロナが明けて人が一杯の渡月橋・嵐山(こちらは地名)を通って帰りました。

 ちなみに、明智軍が亀岡城を出たのが天正10(西暦1582)年 5月27日。奇しくも441年後の同じ日に歩くことに。世の中は、すっかり「家康」になっていますが、今頃「明智」を振り返ってます😆。

 さて、嵯峨嵐山の駅に到着した時に電話があり、緊急で動く必要はないということで、帰路につきました。

    計画   実績
---------------------------------
馬堀駅 08:00  08:00
みすぎ山09:14  08:54
沓掛山 10:42  10:48
松尾山 12:47  12:55
嵐山  13:26  13:18
嵯峨嵐山駅 14:40 14:20
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:159人

コメント

jupitaさん、こんばんは
暑かったようですね、スポーツドリング2リットルはよく飲みましたね。
それにしても視界の正面で…(-_-;)
2023/5/28 23:14
kayokosさん、松尾山に来るとかなり暑くて、いくら飲んでも足りないという感じでした。頂上で視界の正面、そうなんです。トイレで食事をしてる気分でした😂。視線を背けました😆。
2023/5/29 6:45
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

渡渉 縦走 ピークハント GPS
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ