また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 6211680
全員に公開
ハイキング
御在所・鎌ヶ岳

入道ヶ岳(小岐須渓谷起点 カワラコバ谷コース↑ 池ヶ谷コース↓)※ヤケギ谷コース動物の襲撃あり通行注意!!

2023年11月22日(水) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
07:23
距離
14.2km
上り
1,298m
下り
1,297m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
6:14
休憩
1:00
合計
7:14
8:10
8:10
31
8:41
8:41
57
9:38
9:38
16
9:54
9:54
16
10:10
10:13
37
10:50
10:50
5
10:55
10:55
11
11:06
11:06
5
11:11
11:12
6
11:18
11:18
32
11:50
11:53
4
12:02
12:05
4
12:09
12:09
6
12:15
12:54
4
12:58
12:58
32
13:30
13:31
15
13:46
13:54
9
14:03
14:03
16
14:19
14:20
31
天候 快晴 風も無くとても暖かい 山頂でも防寒着がいらない位
過去天気図(気象庁) 2023年11月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
小岐須渓谷キャンプ場駐車場 朝7:30で3台、下山時でも10台程度
コース状況/
危険箇所等
ヤケギ谷コース・・・表題の野生動物の襲撃により撤退
カワラコバ谷コース・・・谷を横切る地点で崩落有り。ロープが張ってあるが通過注意。
県境稜線・・・特に歩きにくい箇所なし。
イワクラ尾根・・・ザレのアップダウンが続く。スリップに注意。
池ヶ谷コース・・・落葉の堆積が深く、斜面のトラバースや急斜面の下りは足の置き場に注意。
駐車場の紅葉
2023年11月22日 07:34撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 7:34
駐車場の紅葉
駐車場前のトイレ ここで登山届も
2023年11月22日 07:35撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 7:35
駐車場前のトイレ ここで登山届も
現在駐車場より先は通行止めとなっております
野犬注意の看板も
2023年11月22日 07:39撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 7:39
現在駐車場より先は通行止めとなっております
野犬注意の看板も
林道沿いの紅葉
2023年11月22日 07:42撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 7:42
林道沿いの紅葉
池ヶ谷コース分岐
後ほどここに降り立つ予定
2023年11月22日 07:55撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 7:55
池ヶ谷コース分岐
後ほどここに降り立つ予定
大石橋
2023年11月22日 07:57撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 7:57
大石橋
橋を過ぎるとすぐ宮指路岳登山口
2023年11月22日 07:59撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 7:59
橋を過ぎるとすぐ宮指路岳登山口
ヤケギ谷コースから宮指路岳を目指す予定でした
2023年11月22日 08:05撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 8:05
ヤケギ谷コースから宮指路岳を目指す予定でした
沢沿いに進みます
2023年11月22日 08:05撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 8:05
沢沿いに進みます
カワラコバ谷コース分岐
ヤケギ谷コースへ
2023年11月22日 08:09撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 8:09
カワラコバ谷コース分岐
ヤケギ谷コースへ
分岐標識
2023年11月22日 08:09撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 8:09
分岐標識
落葉で道と斜面の境がわかりにくいので注意が必要
2023年11月22日 08:12撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 8:12
落葉で道と斜面の境がわかりにくいので注意が必要
この手前の谷で野生動物?の急襲に遭う(感想欄へ)
慌ててダッシュここで息を潜め待機
登山道はその谷に近づく方向に伸びている
危険を感じ、撤退を決める
2023年11月22日 08:29撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 8:29
この手前の谷で野生動物?の急襲に遭う(感想欄へ)
慌ててダッシュここで息を潜め待機
登山道はその谷に近づく方向に伸びている
危険を感じ、撤退を決める
何とかカワラコバ谷コースまで戻る
こちらから小岐須峠経由にルート変更
2023年11月22日 08:41撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 8:41
何とかカワラコバ谷コースまで戻る
こちらから小岐須峠経由にルート変更
崩落地点 ロープは張ってあるが、滑りやすい地面と落葉でかなりリスキー
2023年11月22日 09:03撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 9:03
崩落地点 ロープは張ってあるが、滑りやすい地面と落葉でかなりリスキー
こちらも危険
2023年11月22日 09:06撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 9:06
こちらも危険
沢沿いに出ると、やや荒れ加減ではあるが雰囲気の良いコース
2023年11月22日 09:11撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 9:11
沢沿いに出ると、やや荒れ加減ではあるが雰囲気の良いコース
小岐須峠 宮指路岳は断念しイワクラ尾根方面へ進路をとる
2023年11月22日 09:54撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 9:54
小岐須峠 宮指路岳は断念しイワクラ尾根方面へ進路をとる
入道 まだまだ遠い
2023年11月22日 09:55撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 9:55
入道 まだまだ遠い
断念 宮指路岳
2023年11月22日 09:55撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 9:55
断念 宮指路岳
県境稜線は歩きやすい道
2023年11月22日 10:02撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 10:02
県境稜線は歩きやすい道
これから歩く稜線
2023年11月22日 10:05撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 10:05
これから歩く稜線
入道
2023年11月22日 10:24撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 10:24
入道
雨乞、綿向
2023年11月22日 10:35撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 10:35
雨乞、綿向
イワクラ尾根と入道
2023年11月22日 10:36撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 10:36
イワクラ尾根と入道
イワクラ尾根分岐
2023年11月22日 10:49撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 10:49
イワクラ尾根分岐
水沢、鎌
2023年11月22日 10:52撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 10:52
水沢、鎌
イワクラ尾根らしい岩が点在します
2023年11月22日 10:56撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 10:56
イワクラ尾根らしい岩が点在します
イワクラ尾根の紅葉
2023年11月22日 11:00撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 11:00
イワクラ尾根の紅葉
イワクラ尾根の紅葉
2023年11月22日 11:00撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 11:00
イワクラ尾根の紅葉
岩場の急降下 落葉も多く注意
2023年11月22日 11:00撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 11:00
岩場の急降下 落葉も多く注意
仏岩
2023年11月22日 11:12撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 11:12
仏岩
鎌尾根
2023年11月22日 11:13撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 11:13
鎌尾根
向こうはすっかり雪山です
2023年11月22日 11:15撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 11:15
向こうはすっかり雪山です
重ね岩
2023年11月22日 11:18撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 11:18
重ね岩
入道へ急登
2023年11月22日 11:36撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 11:36
入道へ急登
椿大神社奥宮に到着
2023年11月22日 11:52撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 11:52
椿大神社奥宮に到着
入道の山頂の様子
2023年11月22日 11:53撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 11:53
入道の山頂の様子
もう一息
2023年11月22日 11:56撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 11:56
もう一息
入道ヶ岳到着
2023年11月22日 12:00撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 12:00
入道ヶ岳到着
三等三角点 入道岳 905.54m
2023年11月22日 12:02撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 12:02
三等三角点 入道岳 905.54m
やや霞んでいますが
2023年11月22日 12:02撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 12:02
やや霞んでいますが
素晴らしい景色
2023年11月22日 12:03撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 12:03
素晴らしい景色
雲母峰越しに御嶽や乗鞍、白山
2023年11月22日 12:04撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 12:04
雲母峰越しに御嶽や乗鞍、白山
この角度からの眺めがお気に入り 鎌・御在所・釈迦の三連星
2023年11月22日 12:11撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 12:11
この角度からの眺めがお気に入り 鎌・御在所・釈迦の三連星
山頂付近を周回して
2023年11月22日 12:53撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 12:53
山頂付近を周回して
もう一度奥宮前を通過
2023年11月22日 12:54撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 12:54
もう一度奥宮前を通過
池ヶ谷コース下山口
2023年11月22日 12:58撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 12:58
池ヶ谷コース下山口
序盤の植林帯を通過すると
2023年11月22日 13:01撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:01
序盤の植林帯を通過すると
雰囲気の良い自然林の沢沿いの道
2023年11月22日 13:06撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:06
雰囲気の良い自然林の沢沿いの道
紅葉も良い感じ
2023年11月22日 13:08撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:08
紅葉も良い感じ
赤色
2023年11月22日 13:09撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:09
赤色
落ち葉と岩でやや歩きにくいです
2023年11月22日 13:09撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:09
落ち葉と岩でやや歩きにくいです
が景色は素晴らしい
2023年11月22日 13:12撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:12
が景色は素晴らしい
黄色
2023年11月22日 13:15撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:15
黄色
一旦沢から離れる
2023年11月22日 13:24撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:24
一旦沢から離れる
足元は結構悪いので慎重に
2023年11月22日 13:27撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:27
足元は結構悪いので慎重に
池ヶ谷コースは右下に折り返します
2023年11月22日 13:30撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:30
池ヶ谷コースは右下に折り返します
紅葉
2023年11月22日 13:32撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:32
紅葉
ついつい写真を撮ってしまう
2023年11月22日 13:36撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:36
ついつい写真を撮ってしまう
良いね
2023年11月22日 13:37撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:37
良いね
再度元の沢に合流します
2023年11月22日 13:40撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:40
再度元の沢に合流します
落ち葉でふかふかですが、とても不安定
2023年11月22日 13:41撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:41
落ち葉でふかふかですが、とても不安定
朽ちた避難小屋
2023年11月22日 13:45撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:45
朽ちた避難小屋
避難小屋付近も良い感じ
2023年11月22日 13:46撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:46
避難小屋付近も良い感じ
小屋前の小滝
2023年11月22日 13:48撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:48
小屋前の小滝
岩場の下り
2023年11月22日 13:53撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:53
岩場の下り
奇跡の岩
2023年11月22日 13:53撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:53
奇跡の岩
もはや道の境がわからない
2023年11月22日 13:57撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 13:57
もはや道の境がわからない
足元注意
2023年11月22日 14:01撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 14:01
足元注意
瓦礫の下り
2023年11月22日 14:07撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 14:07
瓦礫の下り
林道に降り立ちます
2023年11月22日 14:18撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 14:18
林道に降り立ちます
駐車地に戻りましょう
2023年11月22日 14:19撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 14:19
駐車地に戻りましょう
ガードレールの切れ目から下ると
2023年11月22日 14:25撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 14:25
ガードレールの切れ目から下ると
屏風岩
2023年11月22日 14:26撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 14:26
屏風岩
屏風岩
2023年11月22日 14:27撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 14:27
屏風岩
橋の上から眺めます
道がその先続いていますが特に何も無いです
2023年11月22日 14:28撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 14:28
橋の上から眺めます
道がその先続いていますが特に何も無いです
林道沿いも見事
2023年11月22日 14:47撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 14:47
林道沿いも見事
美しいグラデーション
2023年11月22日 14:48撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 14:48
美しいグラデーション
西陽に当たって輝く
2023年11月22日 14:48撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 14:48
西陽に当たって輝く
駐車場に戻ってきました
2023年11月22日 14:51撮影 by  DSC-TX30, SONY
1
11/22 14:51
駐車場に戻ってきました

装備

個人装備
長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

感想

〈動物の襲撃について〉
 ヤケギ谷コースを宮指路岳に向かって歩行中、カワラコバ谷コースの分岐から少し進み標高550m付近の谷を横切ろうとした時、突如その谷の上方からガラガラっと落石の音が聞こえました。前方を歩いておられた男性と顔を見合わせていると、続いて何か鳴き声と共に谷を駆け下りてくるけたたましい音が聞こえました。「ヤバい!!」進行方向にダッシュし、谷の見えない登山道上で息を潜めました。道は再び谷の方向に伸びていたので、近づくと明らかにまだ何かいる物音が聞こえています。
 それ以上進むのは危険と判断し、撤退することに。その男性と慎重にまた足早にその場から離れました。しばらく行動を共にし、カワラコバ谷コースから小岐須峠へ向かいました。
 直接姿は確認できませんでしたが、登山口の注意看板の通り、野犬ではないかと話しました。世間でクマの出没情報が多く出ていて気を付けていましたが、急襲すぎて何も考える暇がなかったです。本当に怖い思いをしました。またその場に自分一人だったらと考えると恐ろしくてゾーっとします。
 
〈池ヶ谷コース〉
入道でお気に入りの「鎌・御在所・釈迦」の三連星を眺めながら、ランチをした後、下山は池ヶ谷コースを選択。ここが思いがけず素晴らしいところでした。ちょうど陽の差すタイミングもあり紅葉も見事で、何度も足を止めてしまいました。もう落葉が進みあまり期待していなかったので、なおさら感激です。他のコースに比べると踏まれていないのか、落葉がふかふかで歩きにくく少し危険な箇所もありましたが、誰にも会わず静かで独り占めしたような気分。独りぼっちなのに、朝の恐怖心はすっかりどこかに飛んでいってしまいました。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:48人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

無雪期ピークハント/縦走 御在所・鎌ヶ岳 [日帰り]
技術レベル
3/5
体力レベル
3/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら