また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 6242220
全員に公開
ハイキング
近畿

私市駅→交野山→国見山→国見山登山口方面

2023年12月02日(土) [日帰り]
 - 拍手
GPS
09:25
距離
32.0km
上り
684m
下り
716m

コースタイム

日帰り
山行
8:26
休憩
0:59
合計
9:25
7:08
11
7:19
7:22
22
7:44
7:45
57
8:48
8:48
18
9:06
9:10
22
9:32
9:32
10
10:00
10:13
7
10:36
10:38
3
10:41
11:05
4
11:13
11:13
7
11:20
11:26
4
11:30
11:34
1
11:35
11:35
5
11:40
11:40
16
11:56
11:56
276
16:32
16:33
0
天候 晴れ 風冷たい
過去天気図(気象庁) 2023年12月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車
コース状況/
危険箇所等
交野山山頂直下、国見山からの下りを除けば、勾配の緩やかな区間がほとんど。
写真コメントに記載の竜王山へ向かう分岐、竜王山から旗振山へ向かう分岐で悩んだ。GPSで確認を。
危険箇所なし。
住宅地を過ぎて山道始まる。勾配は比較的緩やかで登りやすい。
2023年12月02日 07:20撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 7:20
住宅地を過ぎて山道始まる。勾配は比較的緩やかで登りやすい。
くろんど園地の東屋で1回目の食事休憩。気温0.9℃、風弱い。寒かったけど、霜降りてなかったので、ここまで気温低いとは思ってなかった。
2023年12月02日 08:05撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 8:05
くろんど園地の東屋で1回目の食事休憩。気温0.9℃、風弱い。寒かったけど、霜降りてなかったので、ここまで気温低いとは思ってなかった。
くろんど園地を抜け、しばしの舗装路歩きを経て、竜王山へ向かう道。
2023年12月02日 08:57撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 8:57
くろんど園地を抜け、しばしの舗装路歩きを経て、竜王山へ向かう道。
道が右にカーブしているが、右に進んではダメ。左の茂みにピンクテープがあった。
2023年12月02日 08:59撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 8:59
道が右にカーブしているが、右に進んではダメ。左の茂みにピンクテープがあった。
ピンクテープの茂みを越えると明瞭な踏み跡あり。ロープのある道。ようやく山歩きらしくなってきた。
2023年12月02日 09:01撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 9:01
ピンクテープの茂みを越えると明瞭な踏み跡あり。ロープのある道。ようやく山歩きらしくなってきた。
竜王山到着。樹間越しにわずかに眺望がきく。
2023年12月02日 09:07撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 9:07
竜王山到着。樹間越しにわずかに眺望がきく。
登ってきた道を下る。緑の配管(消火用水らしい)に沿って右側に進むと先ほど通った茂みのピンクテープ方向。これから向かう旗振山は緑の配管を越えて直進。
2023年12月02日 09:18撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 9:18
登ってきた道を下る。緑の配管(消火用水らしい)に沿って右側に進むと先ほど通った茂みのピンクテープ方向。これから向かう旗振山は緑の配管を越えて直進。
竹林の中を進む。踏み跡は明瞭。
2023年12月02日 09:22撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 9:22
竹林の中を進む。踏み跡は明瞭。
旗振山到着。眺望なし。昔は手旗を振ってたんだろうから眺望も良かったはず。
2023年12月02日 09:32撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 9:32
旗振山到着。眺望なし。昔は手旗を振ってたんだろうから眺望も良かったはず。
交野山への登り。木段が多い。しかも一度下って登り返す。山頂直前には短区間ではあるが岩場の急登もあり。
2023年12月02日 09:51撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 9:51
交野山への登り。木段が多い。しかも一度下って登り返す。山頂直前には短区間ではあるが岩場の急登もあり。
交野山到着。ここ、とてもよい。岩のてっぺんから下を覗きこむと怖かった。この後、先が長いので、ゆっくりできず。今度、改めて、来ようと思う。
2023年12月02日 10:01撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 10:01
交野山到着。ここ、とてもよい。岩のてっぺんから下を覗きこむと怖かった。この後、先が長いので、ゆっくりできず。今度、改めて、来ようと思う。
日に照らされとてもきれいだった。カエデ、あちこちできれいに色づいていたが、これがこの日一番の発色。
2023年12月02日 10:21撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 10:21
日に照らされとてもきれいだった。カエデ、あちこちできれいに色づいていたが、これがこの日一番の発色。
「いきもの資料館」に立ち寄る。結構賑わっていた。池の水鳥を双眼鏡で見せてくれる。トイレあり。
2023年12月02日 10:36撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 10:36
「いきもの資料館」に立ち寄る。結構賑わっていた。池の水鳥を双眼鏡で見せてくれる。トイレあり。
その池の畔で2回目の食事休憩。近くに水鳥がいるが名前がわからない。森の鳥は少し覚えたものの水鳥は全く知識がない。
2023年12月02日 11:01撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 11:01
その池の畔で2回目の食事休憩。近くに水鳥がいるが名前がわからない。森の鳥は少し覚えたものの水鳥は全く知識がない。
国見山到着。先ほどの池からの登りは緩やかだった。
2023年12月02日 11:21撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 11:21
国見山到着。先ほどの池からの登りは緩やかだった。
JR津田駅方面への下り。そこそこ勾配あり。この岩場は、この日一番の要注意箇所。
2023年12月02日 11:36撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 11:36
JR津田駅方面への下り。そこそこ勾配あり。この岩場は、この日一番の要注意箇所。
この日、訳あって淀川右岸を目指す。途中、大阪府と京都府の境を歩く。これがなかなか楽しかった。左が大阪、右が京都。お向かいさんどうし、一般的なご近所付き合いと何か違いがあるのだろうか。気になる。道路のマンホールは「枚方市」だった。
2023年12月02日 13:31撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 13:31
この日、訳あって淀川右岸を目指す。途中、大阪府と京都府の境を歩く。これがなかなか楽しかった。左が大阪、右が京都。お向かいさんどうし、一般的なご近所付き合いと何か違いがあるのだろうか。気になる。道路のマンホールは「枚方市」だった。
真ん中の側溝を境に左が大阪で右が京都。お隣さんなのにナンバープレートは片や大阪、片や京都。行政サービスも違うんだ、不思議。
2023年12月02日 13:54撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 13:54
真ん中の側溝を境に左が大阪で右が京都。お隣さんなのにナンバープレートは片や大阪、片や京都。行政サービスも違うんだ、不思議。
「淀川三川合流域さくらであい館」到着。この下流(写真左)で木津川・宇治川・桂川が合流して淀川になる。展望台から合流しているところを見られると思ったが、見えなかった。残念。
2023年12月02日 15:19撮影 by  F-04K, FUJITSU
12/2 15:19
「淀川三川合流域さくらであい館」到着。この下流(写真左)で木津川・宇治川・桂川が合流して淀川になる。展望台から合流しているところを見られると思ったが、見えなかった。残念。
撮影機器:

感想

 くろんど園地は勾配緩やかで歩きやすいハイキングコース。朝早かったせいか歩く人はわずか。そのあとの竜王山、旗振山も静かに歩いた。交野山登山口辺りからは、そこそこ人も増えてきた。交野山、岩の上からの眺めがとてもよい。柵がないのでスリルがあった。また来ようと思う。国見山も眺望が良く、このあと歩くルートを確認。訳あって、淀川右岸まで歩くが、遠いような近いような・・・。
 国見山を下りてからは、市街地歩き。まちなかのウォーキングと心して歩く。初めて歩く街なので、退屈はしなかった。特に大阪府と京都府の境界歩きは楽しかった。崖のような段差があって崖の下側が大阪、上側が京都というところもあったし、道を挟んで車のナンバープレートが大阪と京都だったりとか、お隣さんでありながらナンバープレートが片や大阪、片や京都とか、なかなかお目にかかれないものを拝見できた。ブラタモリならぬ「ブラsuzume」を楽しんだ。
 いっぱい歩いて足が辛い。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:92人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら