ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6632311
全員に公開
ハイキング
四国

赤星山 👍エエところ!★★★!

2024年04月07日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
3
日帰りが可能
GPS
06:48
距離
9.2km
登り
1,228m
下り
1,231m
歩くペース
速い
0.91.0
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
6:17
休憩
0:23
合計
6:40
登山口~山頂までの標高差は1100m。赤星山は標高1500mに満たない。しかし平地からせり上がった法皇山脈の山はアップダウン大。
天候 ☀時々☁
過去天気図(気象庁) 2024年04月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
岡山市内より早島I.C.から瀬戸中央道へ。松山道土居I.C.より下りて野田登山口へ。登山口までは一部未舗装の狭い道をアプローチ。
コース状況/
危険箇所等
全線お助けロープ,鎖等きちんとかけてある。沢沿いは濡れて滑りやすい岩が多く用心。
その他周辺情報 野田登山口はトイレ無し。松山道の上分P.A.で事前に用を済ます...。
四国中央市,「湯あそびひろば三島乃湯」にゆっくり浸かって帰った。塩サウナが気持ちよか~。
4月になってまた渡ってしまった瀬戸大橋(通行料金支払い感覚マヒ状態😭引き落としの明細を見るのが...)。下津井瀬戸大橋から東側゜.:。+゜。
7
4月になってまた渡ってしまった瀬戸大橋(通行料金支払い感覚マヒ状態😭引き落としの明細を見るのが...)。下津井瀬戸大橋から東側゜.:。+゜。
土居I.C.を下りて野田登山口へ。狭隘未舗装路をアプローチ。自分が6台目。サクラと一つだけポツンとミツマタを眺め8時出発。
13
土居I.C.を下りて野田登山口へ。狭隘未舗装路をアプローチ。自分が6台目。サクラと一つだけポツンとミツマタを眺め8時出発。
ピントが甘いコチャルメルソウ。この道,花が豊かで標示が充実。地元の方に大切にされているのが伝わってくる。
10
ピントが甘いコチャルメルソウ。この道,花が豊かで標示が充実。地元の方に大切にされているのが伝わってくる。
大地川の渡渉箇所はしっかりした橋がかけてある。東赤石の橋よりかなり頑丈。
6
大地川の渡渉箇所はしっかりした橋がかけてある。東赤石の橋よりかなり頑丈。
沢筋は白い花が多い。これはタネツケバナ。
8
沢筋は白い花が多い。これはタネツケバナ。
巨岩の転がる沢からは沢鳴りとミソサザイの甲高い鳴き声が響く。
6
巨岩の転がる沢からは沢鳴りとミソサザイの甲高い鳴き声が響く。
上を見ればクロモジの花,横を見ればツルシキミのブーケ,足下にマルバノコンロンソウ。
11
上を見ればクロモジの花,横を見ればツルシキミのブーケ,足下にマルバノコンロンソウ。
主役級に出番の多いハルトラノオ。登山道沿いに並んで出迎えてくれた。
11
主役級に出番の多いハルトラノオ。登山道沿いに並んで出迎えてくれた。
雫をまとったヨゴレネコノメソウ。花があるところに説明標示が並んでいてネコメソウ系の同定にとても役立つ。
9
雫をまとったヨゴレネコノメソウ。花があるところに説明標示が並んでいてネコメソウ系の同定にとても役立つ。
機滝。確かに横一列に並んで機折り機みたい。
12
機滝。確かに横一列に並んで機折り機みたい。
四国に来ると目にする色の薄いヤマルリソウ。中国地方のはもっと色が濃い。
12
四国に来ると目にする色の薄いヤマルリソウ。中国地方のはもっと色が濃い。
登山道の主役はシロバナネコノメソウ。水が近い場所には下から上までよく咲いている(1年分見た感じ)。タチツボスミレは時々,ツクバネソウは今季初見。
14
登山道の主役はシロバナネコノメソウ。水が近い場所には下から上までよく咲いている(1年分見た感じ)。タチツボスミレは時々,ツクバネソウは今季初見。
トサコバに謁見する。ここは保護地で標示の側にあった。花弁はアワコバよりもスリム。葉の形はコバイモらしく細長い。
16
トサコバに謁見する。ここは保護地で標示の側にあった。花弁はアワコバよりもスリム。葉の形はコバイモらしく細長い。
ミヤコアオイの葉が多くあった。葉っぱの下には少し変わった花が咲く。
7
ミヤコアオイの葉が多くあった。葉っぱの下には少し変わった花が咲く。
玉簾。コケの間から清水が垂れ何とも風情がある場所だった。ベンチがあって休憩できます。
15
玉簾。コケの間から清水が垂れ何とも風情がある場所だった。ベンチがあって休憩できます。
ヤマネコノメソウが道の真ん中に生えている。
11
ヤマネコノメソウが道の真ん中に生えている。
ヒメエンゴサクというらしい。ヤマエンゴサクよりも小ぶりで花が少ないそうだ。確かに花がどわ〜っと付いていない。
11
ヒメエンゴサクというらしい。ヤマエンゴサクよりも小ぶりで花が少ないそうだ。確かに花がどわ〜っと付いていない。
水気のあるところにシロバナネコノメソウが続く。おしべのキャップがまだ赤い。
16
水気のあるところにシロバナネコノメソウが続く。おしべのキャップがまだ赤い。
写真でよく見る旧作業小屋横,やかんポイントと〜ちゃこ。
4
写真でよく見る旧作業小屋横,やかんポイントと〜ちゃこ。
陸ちゃん新道という道で豊受山へ上がれる。自分は千丈滝経由で赤星山頂へ。岩の上でサワガニがのんきにさんぽ。海辺のカニのように素早くない。
5
陸ちゃん新道という道で豊受山へ上がれる。自分は千丈滝経由で赤星山頂へ。岩の上でサワガニがのんきにさんぽ。海辺のカニのように素早くない。
岩の間からタチネコノメソウが伸びる。
11
岩の間からタチネコノメソウが伸びる。
そして流れの側,ワチガイソウの小さな花が並んでいる。
11
そして流れの側,ワチガイソウの小さな花が並んでいる。
花観察が続いて千丈滝分岐までに2時間もかかってしまった。気楽にゆっくり上がりましょう。
3
花観察が続いて千丈滝分岐までに2時間もかかってしまった。気楽にゆっくり上がりましょう。
葉っぱは出てないけどミツバテンナンショウ?(ボケた)
5
葉っぱは出てないけどミツバテンナンショウ?(ボケた)
水量はさほど多くない。この前の阿波竜王,三頭越への沢より楽ちん(雨降ってたらしんどそ〜(T_T))。
2
水量はさほど多くない。この前の阿波竜王,三頭越への沢より楽ちん(雨降ってたらしんどそ〜(T_T))。
上の方では道縁の白い花は,小さなユリワサビに変わる。
13
上の方では道縁の白い花は,小さなユリワサビに変わる。
道中ずっと聞いていたミソサザイの囀りが近いと思ってたら,目の前の岩に飛びだしてきた。ぴんと立てた尾羽を小刻みに振るわせ大声で縄張り宣言中。
18
道中ずっと聞いていたミソサザイの囀りが近いと思ってたら,目の前の岩に飛びだしてきた。ぴんと立てた尾羽を小刻みに振るわせ大声で縄張り宣言中。
しばらく観察する。コケをくわえて飛び去った。営巣中か?
今日は至近距離でミソサザイによく出会った。
11
しばらく観察する。コケをくわえて飛び去った。営巣中か?
今日は至近距離でミソサザイによく出会った。
ハシリドコロ。茶人帽を1年ぶりに見た。
12
ハシリドコロ。茶人帽を1年ぶりに見た。
日が当たってやっと目を覚ましたミヤマカタバミ。
12
日が当たってやっと目を覚ましたミヤマカタバミ。
道べりにコチョウショウジョウバカマ。下の方のは黄色くなって終わっていたが,上の方で日陰の株はまだ白いのが残っていた。
14
道べりにコチョウショウジョウバカマ。下の方のは黄色くなって終わっていたが,上の方で日陰の株はまだ白いのが残っていた。
保護地以外に数カ所でトサコバ観察。道縁をガン見しながら上がって探すことができたのは6株ほど。花の中にはモリモリおしべ。
11
保護地以外に数カ所でトサコバ観察。道縁をガン見しながら上がって探すことができたのは6株ほど。花の中にはモリモリおしべ。
3月のホソバ,イズモ,アワと来て,今回のトサで今季のコバイモは締め。アワコバよりもスリム。清楚ないでたち。カイコバ,ミノコバ会ってみたいものです。
17
3月のホソバ,イズモ,アワと来て,今回のトサで今季のコバイモは締め。アワコバよりもスリム。清楚ないでたち。カイコバ,ミノコバ会ってみたいものです。
天気予報では午後は雲が多くなるようだ。山頂の展望は期待してなかったので,青空がうれしい♪
4
天気予報では午後は雲が多くなるようだ。山頂の展望は期待してなかったので,青空がうれしい♪
沢を離れると人工林の静かな道になる。尾根道をゆっくりと上がった。
4
沢を離れると人工林の静かな道になる。尾根道をゆっくりと上がった。
赤星山頂1453mに昼過ぎ,と〜ちゃこ。花で大道草の楽しい上りでした。頂上でお一人休憩中。
ここまでコース標示等多く道迷いの不安なし。
7
赤星山頂1453mに昼過ぎ,と〜ちゃこ。花で大道草の楽しい上りでした。頂上でお一人休憩中。
ここまでコース標示等多く道迷いの不安なし。
西側に二ツ岳〜西赤石の険しい稜線を一望。山頂は広いが周りの木が少し眺望を遮る。
9
西側に二ツ岳〜西赤石の険しい稜線を一望。山頂は広いが周りの木が少し眺望を遮る。
RedStar看板の前でランチ。足下にはちょこちょことカタクリが芽吹く。
7
RedStar看板の前でランチ。足下にはちょこちょことカタクリが芽吹く。
北西部を見下ろす。モヤって遠望はない。新居浜の町の向こうに燧灘が霞む。
7
北西部を見下ろす。モヤって遠望はない。新居浜の町の向こうに燧灘が霞む。
山頂の方と山話少々。ごはんを食べて下山は同じコース。山頂で一番賑やかだったのはコガラ。夏羽に変わって少しスリムになった?
16
山頂の方と山話少々。ごはんを食べて下山は同じコース。山頂で一番賑やかだったのはコガラ。夏羽に変わって少しスリムになった?
千丈滝は下りずに樹林を下る。下りでもトサコバ見つけました。
12
千丈滝は下りずに樹林を下る。下りでもトサコバ見つけました。
エイザンスミレの葉っぱにこの色。ヒゴスミレかな?
8
エイザンスミレの葉っぱにこの色。ヒゴスミレかな?
下りはあまり止まらずサクサクと。誰かさんアートやミツバツツジを眺めノンアル締め。
11
下りはあまり止まらずサクサクと。誰かさんアートやミツバツツジを眺めノンアル締め。
麓ではもうシャガの花咲く季節になった。♨に寄るついでに海岸に出て,0mから赤星山と豊受山を見る。初の赤星,想像以上によいところ。
8
麓ではもうシャガの花咲く季節になった。♨に寄るついでに海岸に出て,0mから赤星山と豊受山を見る。初の赤星,想像以上によいところ。

感想

10日ほど前に飯野山でうかがったトサコバイモとの謁見を求めて,今週末は四国中央市の赤星山詣で。先達の記録で気になる山だったが訪れたことがなかった...。
松山道土居I.C.を下り,インター横の道を野田登山口の方へ南進する。登山口までの道には親切な道案内が多い。ゲキ狭で一部未舗装の区間もあり。岩が飛び出たところを踏んづけるとタイヤが傷みそうでそろそろと。車は7台ほどしか停められない。自分は6台目だった。
8時前に登山口を出発する。ゴーゴーと沢鳴りが響く道を上へ。しょっぱなから花の多さにやられる。沢筋の主役はシロバナネコノメソウとハルトラノオ。大地川を離れるまでずっと花の道が続いた。花があるところには地元の方が付けた花の説明標が並んでいるので同定にも困らない。ネコノメ系の標示が役立った。
登山道は露岩,渡渉箇所が多い。一枚岩の周りにはお助けロープや鎖が整備され,ハイカーに親切。ただ,濡れている岩はとても滑りやすく,不安定なものもあるので注意。紅葉滝の上は落石地帯だそうで「素早く通過せよ」と標示があった。
おめあてのトサコバ○○は登山道脇の保護地に咲いていた。他にもよくよく探すと6株ほど見つけることができた。コバイモ系は色鮮やかではないので,森の中で存在を主張しない。ひっそりと咲く姿に出会えるとうれしいもの♪。
予報では午前中は☀マークで午後からは🌥️の東予地方。山頂の天気はあまり期待していなかった。霞んではいたものの,一日☀に恵まれた山行になった。燧灘,西の二ツ岳~東西赤石山系の眺望が得られる赤星山,野趣に富んだよい山で,自分的には★★★!

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:258人

コメント

satopan7さん、お疲れさまでした。
祭りと言っていいでしょうか( ´艸`)
休日とあってたくさんの方が来られていたのですね。(私が行った日は2台でした)
季節が進むとまた違う花が咲きだします、ここも(*^^)v
そして明日は雨かもしれませんが、アワコバイモ祭りに出かけます
2024/4/8 19:22
いいねいいね
1
aoitoriさん,こんばんは。コメントありがとうございます。
まつり〜とまでは行かず道端をキョロキョロしながらようやく探した感じです😅
トサコバ見えて感謝感激のほんとエエとこだと思いました。季節が変わるとこれからもいろいろ出てきそうなとこですね。橋を渡れば知らない世界がいくらでもありそうな四国です。
明日は阿波竜王周辺ですか?アワコバで近場のコバイモシリーズ完結しそうですね。雨が本降りにならないこと祈ってます🙏
2024/4/8 21:28
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら