ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6864262
全員に公開
ハイキング
奥秩父

西沢渓谷

2024年05月30日(木) [日帰り]
 - 拍手
体力度
3
日帰りが可能
GPS
04:20
距離
10.7km
登り
922m
下り
927m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
4:39
休憩
0:40
合計
5:19
8:59
4
スタート地点
9:03
9:03
22
9:33
9:33
8
9:41
9:41
10
9:51
9:51
21
10:12
10:23
56
11:19
11:33
58
12:31
12:33
26
12:59
13:00
10
13:10
13:10
45
14:09
14:18
0
14:18
ゴール地点
天候 晴れのち曇り
過去天気図(気象庁) 2024年05月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
西沢大橋下に市営駐車場、60台とのこと。現在、西沢大橋の工事中で半分くらいは工事関係者エリアになってます。おおむねフラット。
コース状況/
危険箇所等
雨の後はぬかるみ多めでした。上りは基本沢の遡行なので、岩場歩きがあります。吊り橋、谷渡りの桟橋はそれなりの高度感と、足元スケスケなため、高いところが苦手な方は要注意かも。
梅雨入り前の貴重な晴天を使って、道の駅みとみでトイレを済ませて。
2024年05月30日 08:35撮影 by  SH-M15, SHARP
5/30 8:35
梅雨入り前の貴重な晴天を使って、道の駅みとみでトイレを済ませて。
駐車場はこの時点で20台弱ってところ。
平日ですしね。
2024年05月30日 08:57撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 8:57
駐車場はこの時点で20台弱ってところ。
平日ですしね。
ここからスタート。
2024年05月30日 09:03撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:03
ここからスタート。
キツネさんが励ましてくれました。
2024年05月30日 09:04撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:04
キツネさんが励ましてくれました。
鶏冠山(東)林道 起点
2024年05月30日 09:05撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:05
鶏冠山(東)林道 起点
頑丈なゲートで一般車は進入禁止。
2024年05月30日 09:07撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:07
頑丈なゲートで一般車は進入禁止。
歩行者はわきを通って。
2024年05月30日 09:07撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:07
歩行者はわきを通って。
なれい沢橋
昭和36年10月竣工
2024年05月30日 09:20撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:20
なれい沢橋
昭和36年10月竣工
なれい沢橋からなれいの滝。
2024年05月30日 09:20撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:20
なれい沢橋からなれいの滝。
乾徳山(北)林道
2024年05月30日 09:23撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:23
乾徳山(北)林道
この絵が要所にあってわかりやすい。
2024年05月30日 09:24撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:24
この絵が要所にあってわかりやすい。
ねとりインフォメーション
2024年05月30日 09:25撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:25
ねとりインフォメーション
こっちにも鳥観図。
2024年05月30日 09:28撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:28
こっちにも鳥観図。
鳥もいっぱい。ウグイスくらいしかわからない。
2024年05月30日 09:30撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:30
鳥もいっぱい。ウグイスくらいしかわからない。
近丸新道登山口。ここからも甲武信ヶ岳に行けるんですね。
2024年05月30日 09:33撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:33
近丸新道登山口。ここからも甲武信ヶ岳に行けるんですね。
ヌク沢には石積みの橋台と、
2024年05月30日 09:37撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:37
ヌク沢には石積みの橋台と、
橋脚が残ってました。
2024年05月30日 09:38撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:38
橋脚が残ってました。
石積みがたまらん。
2024年05月30日 09:38撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:38
石積みがたまらん。
上の二つの出っ張りは後から付けたもの?
2024年05月30日 09:38撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:38
上の二つの出っ張りは後から付けたもの?
こちらは徳ちゃん新道。
2024年05月30日 09:42撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:42
こちらは徳ちゃん新道。
その先にこのコース最後のトイレ。
2024年05月30日 09:42撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:42
その先にこのコース最後のトイレ。
お地蔵さんがいたので道中の安全をお願いしておきました。
2024年05月30日 09:45撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:45
お地蔵さんがいたので道中の安全をお願いしておきました。
二俣吊橋
2024年05月30日 09:49撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:49
二俣吊橋
今年の1月にきれいにしてもらってるみたい。
2024年05月30日 09:50撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:50
今年の1月にきれいにしてもらってるみたい。
高さ、幅、揺れ、ともにギリでした(個人の感想です)。
2024年05月30日 09:50撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:50
高さ、幅、揺れ、ともにギリでした(個人の感想です)。
上流側の堰堤と鶏冠山。
前日も雨が降ったので、水多め。
2024年05月30日 09:51撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:51
上流側の堰堤と鶏冠山。
前日も雨が降ったので、水多め。
渡り切って少し行くと、ここから鶏冠山へ登れるよう。
2024年05月30日 09:52撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:52
渡り切って少し行くと、ここから鶏冠山へ登れるよう。
大きな荷物を背負った方が、ずんずん登っていきました。
2024年05月30日 09:53撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 9:53
大きな荷物を背負った方が、ずんずん登っていきました。
われらはこっち、階段の高度感がけっこうあるね。
2024年05月30日 10:03撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 10:03
われらはこっち、階段の高度感がけっこうあるね。
階段の途中から見られるけど、
2024年05月30日 10:04撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 10:04
階段の途中から見られるけど、
時期的に葉っぱが茂って今一つ。
2024年05月30日 10:04撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 10:04
時期的に葉っぱが茂って今一つ。
それでも眼下の木々の隙間からはエメラルドブルーの西沢。
2024年05月30日 10:08撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 10:08
それでも眼下の木々の隙間からはエメラルドブルーの西沢。
滝見台があったので寄ってみる。
2024年05月30日 10:10撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 10:10
滝見台があったので寄ってみる。
三重の滝。
2024年05月30日 10:13撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 10:13
三重の滝。
この辺りからしばらくの間、沢沿いを歩くことになる。
2024年05月30日 10:23撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 10:23
この辺りからしばらくの間、沢沿いを歩くことになる。
フグ
2024年05月30日 10:25撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 10:25
フグ
滝の名前看板が随所にありますが、
2024年05月30日 10:38撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 10:38
滝の名前看板が随所にありますが、
やはり葉っぱが茂り始めていて、展望的には今一つ。
2024年05月30日 10:38撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 10:38
やはり葉っぱが茂り始めていて、展望的には今一つ。
でも、真夏なら気持ちいいコースでしょう。
2024年05月30日 10:47撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 10:47
でも、真夏なら気持ちいいコースでしょう。
カエル岩、
2024年05月30日 11:04撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 11:04
カエル岩、
これのことかな。
2024年05月30日 11:04撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 11:04
これのことかな。
いよいよ、メインイベント。
2024年05月30日 11:18撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 11:18
いよいよ、メインイベント。
葉っぱ多めでしたが、迫力は十分伝わりました。
2024年05月30日 11:19撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 11:19
葉っぱ多めでしたが、迫力は十分伝わりました。
五段の滝からひと上りすると、西沢渓谷終点。
2024年05月30日 11:38撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 11:38
五段の滝からひと上りすると、西沢渓谷終点。
トイレ二つとウッドデッキにベンチがあって、時間もちょうどよかったのでお昼にしました。
2024年05月30日 11:39撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 11:39
トイレ二つとウッドデッキにベンチがあって、時間もちょうどよかったのでお昼にしました。
お昼を食べたら、出発前に終点の先を偵察。
2024年05月30日 12:23撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 12:23
お昼を食べたら、出発前に終点の先を偵察。
この先は通行不能ですね。
2024年05月30日 12:23撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 12:23
この先は通行不能ですね。
レールは続いていたので、当時はこの先からも木材を運搬していたのでしょう。
2024年05月30日 12:24撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 12:24
レールは続いていたので、当時はこの先からも木材を運搬していたのでしょう。
それではお腹も満たされたので、帰り道へ。
2024年05月30日 12:33撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 12:33
それではお腹も満たされたので、帰り道へ。
帰り道は右岸のトロッコ道を戻ります。
2024年05月30日 12:35撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 12:35
帰り道は右岸のトロッコ道を戻ります。
トロッコ道なのでおおむねフラット。
2024年05月30日 12:36撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 12:36
トロッコ道なのでおおむねフラット。
トロッコ道なので切通もある。
2024年05月30日 12:49撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 12:49
トロッコ道なので切通もある。
彦一さんはここから落ちたらしいけど、結構な高さがあるよ。
2024年05月30日 12:50撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 12:50
彦一さんはここから落ちたらしいけど、結構な高さがあるよ。
負傷で済んだのかな。
2024年05月30日 12:50撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 12:50
負傷で済んだのかな。
現在でもころばりこむと負傷程度では済まないと思うので、フラットとはいえ慎重に。
2024年05月30日 12:55撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 12:55
現在でもころばりこむと負傷程度では済まないと思うので、フラットとはいえ慎重に。
いこりさんもころばりこんでるんですね。
2024年05月30日 12:56撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 12:56
いこりさんもころばりこんでるんですね。
大展望台から、
2024年05月30日 13:00撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:00
大展望台から、
鶏冠山。
2024年05月30日 13:00撮影 by  X-A5, FUJIFILM
1
5/30 13:00
鶏冠山。
破風山と雁坂嶺は雲の中。
2024年05月30日 13:00撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:00
破風山と雁坂嶺は雲の中。
こちらのルートは、
2024年05月30日 13:09撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:09
こちらのルートは、
等高線に沿って下っていくため、
2024年05月30日 13:09撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:09
等高線に沿って下っていくため、
極端なアップダウンはないものの、
2024年05月30日 13:15撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:15
極端なアップダウンはないものの、
距離はその分長め。
2024年05月30日 13:16撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:16
距離はその分長め。
ペースは上がります。
2024年05月30日 13:16撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:16
ペースは上がります。
今度はシャクナゲの咲いてる時期に来てみたい。
2024年05月30日 13:26撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:26
今度はシャクナゲの咲いてる時期に来てみたい。
最後に鶏冠山。
2024年05月30日 13:31撮影 by  X-A5, FUJIFILM
1
5/30 13:31
最後に鶏冠山。
林道まで戻ってきました。
2024年05月30日 13:33撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:33
林道まで戻ってきました。
帰り道は左なんだけど、右にはトンネルが続いてます。
2024年05月30日 13:34撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:34
帰り道は左なんだけど、右にはトンネルが続いてます。
音取第一隧道。
2024年05月30日 13:34撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:34
音取第一隧道。
1987年竣工。特に通行禁止の表示は見当たりませんでした。
この先進むと、黒金山や乾徳山の登山口につながります。
2024年05月30日 13:35撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:35
1987年竣工。特に通行禁止の表示は見当たりませんでした。
この先進むと、黒金山や乾徳山の登山口につながります。
ねとりおおはしを渡って、
2024年05月30日 13:47撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:47
ねとりおおはしを渡って、
ねとりインフォメーションを過ぎれば、
2024年05月30日 13:47撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 13:47
ねとりインフォメーションを過ぎれば、
朝のゲートに戻ってきました、スズメさんただいま。
2024年05月30日 14:06撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 14:06
朝のゲートに戻ってきました、スズメさんただいま。
キツネさんは裏の顔も持ってたんですね・・・。
2024年05月30日 14:08撮影 by  X-A5, FUJIFILM
5/30 14:08
キツネさんは裏の顔も持ってたんですね・・・。

感想

梅雨入り前の晴れ間を狙って、一周してきました。花の時期も終わってたからそれほど人は多くなかったのではないかな。前日まで雨が降っていたので水量も大迫力で、これはこれで西沢渓谷らしさを楽しめたのではないかと思います。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:78人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 奥武蔵 [日帰り]
西沢渓谷一周コース
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
2/5
体力レベル
2/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら