ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6879191
全員に公開
ハイキング
中国山地西部

恐羅漢山(中ノ甲林道を歩いてみる)

2024年06月02日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
3
日帰りが可能
GPS
06:03
距離
12.4km
登り
857m
下り
864m
歩くペース
標準
1.01.1
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
4:53
休憩
1:10
合計
6:03
8:59
2
スタート地点
9:01
9:01
25
9:26
9:26
5
9:31
9:34
33
10:07
10:15
3
10:18
10:21
50
11:11
11:22
13
11:35
11:37
65
12:42
12:45
21
13:06
13:06
11
13:17
13:53
7
14:00
14:01
17
14:18
14:21
39
15:00
15:00
2
15:02
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2024年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
恐羅漢のいつもの駐車場
コース状況/
危険箇所等
良好です
内黒峠界隈を運転中に見つけたササユリ
今日はたくさん見れるかと思ったらこれっきり・・・
2024年06月02日 08:31撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
5
6/2 8:31
内黒峠界隈を運転中に見つけたササユリ
今日はたくさん見れるかと思ったらこれっきり・・・
恐羅漢の駐車場をスタート
2024年06月02日 09:00撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
1
6/2 9:00
恐羅漢の駐車場をスタート
いつもの登山口
2024年06月02日 09:02撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
1
6/2 9:02
いつもの登山口
今日はまっすぐ
2024年06月02日 09:26撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
2
6/2 9:26
今日はまっすぐ
右に登ると砥石郷山の分岐をまっすぐ
中ノ甲方面は初めて歩きます
2024年06月02日 09:33撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
2
6/2 9:33
右に登ると砥石郷山の分岐をまっすぐ
中ノ甲方面は初めて歩きます
歩きやすく気持ちのいい道
2024年06月02日 09:42撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
2
6/2 9:42
歩きやすく気持ちのいい道
足元にはタニギキョウと
2024年06月02日 09:51撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
6
6/2 9:51
足元にはタニギキョウと
ミズタビラコが咲き始め
2024年06月02日 09:58撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
6
6/2 9:58
ミズタビラコが咲き始め
中ノ甲登山口
2024年06月02日 10:12撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
1
6/2 10:12
中ノ甲登山口
聖湖から台所原までが中ノ甲林道
台所原へ向かいます
2024年06月02日 10:12撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
2
6/2 10:12
聖湖から台所原までが中ノ甲林道
台所原へ向かいます
派手に咲くヤブデマリ
2024年06月02日 10:13撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
5
6/2 10:13
派手に咲くヤブデマリ
2010年頃までは伐採でトラックが入っていた記録があるんですが・・・
2024年06月02日 10:17撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
3
6/2 10:17
2010年頃までは伐採でトラックが入っていた記録があるんですが・・・
中ノ甲橋
ここ一帯に集落があった
2024年06月02日 10:18撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
3
6/2 10:18
中ノ甲橋
ここ一帯に集落があった
野田原の頭への分岐
中ノ川山、天杉山と経由して台所原に至る道です。
いつか歩かねば・・・
2024年06月02日 10:24撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
2
6/2 10:24
野田原の頭への分岐
中ノ川山、天杉山と経由して台所原に至る道です。
いつか歩かねば・・・
ヤマボウシ
真ん中は実の形をしてますな
2024年06月02日 10:54撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
4
6/2 10:54
ヤマボウシ
真ん中は実の形をしてますな
ブナの森も美しい
一度は伐採された二次林なんだろうけど・・・
2024年06月02日 11:05撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
2
6/2 11:05
ブナの森も美しい
一度は伐採された二次林なんだろうけど・・・
台所原平
ここからはお馴染み
2024年06月02日 11:11撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
3
6/2 11:11
台所原平
ここからはお馴染み
タニウツギ
今年初!
2024年06月02日 11:12撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
5
6/2 11:12
タニウツギ
今年初!
正確には林道の終点はここらしいけど面影は無し
2024年06月02日 11:29撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
2
6/2 11:29
正確には林道の終点はここらしいけど面影は無し
台所原
ここで広見山に足を伸ばすか計算してみる。
距離の割にぶちかかる!
険しいか荒れてるかそのどちらもかだな。
普通に恐羅漢に向かう
2024年06月02日 11:35撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
2
6/2 11:35
台所原
ここで広見山に足を伸ばすか計算してみる。
距離の割にぶちかかる!
険しいか荒れてるかそのどちらもかだな。
普通に恐羅漢に向かう
トチバニンジン
2024年06月02日 11:50撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
3
6/2 11:50
トチバニンジン
ユキザサも見れなかったなぁ・・・
2024年06月02日 11:54撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
3
6/2 11:54
ユキザサも見れなかったなぁ・・・
ハスノハイチゴ?
こっから鼻がどんどん伸びてくるんじゃろか?
2024年06月02日 12:32撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
5
6/2 12:32
ハスノハイチゴ?
こっから鼻がどんどん伸びてくるんじゃろか?
台所原分れ
2024年06月02日 12:40撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
6/2 12:40
台所原分れ
恐羅漢山山頂
山頂で休憩する人はゼロ、タッチしたらみんな下りて行く
2024年06月02日 12:43撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
4
6/2 12:43
恐羅漢山山頂
山頂で休憩する人はゼロ、タッチしたらみんな下りて行く
理由はこれ
とにかく虫がすごいのですよ。
動きを止めると体中にまとわりついてくる・・・
2024年06月02日 14:22撮影 by  PlayMemories Home, SONY
7
6/2 14:22
理由はこれ
とにかく虫がすごいのですよ。
動きを止めると体中にまとわりついてくる・・・
立派なナルコユリ
2024年06月02日 12:45撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
5
6/2 12:45
立派なナルコユリ
倒れて何年も経つけどたくましいもんだ
2024年06月02日 12:50撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
2
6/2 12:50
倒れて何年も経つけどたくましいもんだ
旧羅漢山
2024年06月02日 13:19撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
4
6/2 13:19
旧羅漢山
恐羅漢山に戻ってきた。
パート3まできたんですね
虫は相変わらずすごいので逃げるように去る
2024年06月02日 14:22撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
3
6/2 14:22
恐羅漢山に戻ってきた。
パート3まできたんですね
虫は相変わらずすごいので逃げるように去る
下山はゲレンデ沿い
2024年06月02日 14:27撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
2
6/2 14:27
下山はゲレンデ沿い
ここまでは山道、このあたりからゲレンデの端の登山道を歩きます。
2024年06月02日 14:44撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
3
6/2 14:44
ここまでは山道、このあたりからゲレンデの端の登山道を歩きます。
戻りました。
朝からカンコンカンコンやってましたが広場の遊具は全て撤去したようです。
2024年06月02日 15:00撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
2
6/2 15:00
戻りました。
朝からカンコンカンコンやってましたが広場の遊具は全て撤去したようです。
前回見た時より青々してる
咲いた姿の頃に来るのは難しいだろうなぁ
2024年06月02日 11:30撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
5
6/2 11:30
前回見た時より青々してる
咲いた姿の頃に来るのは難しいだろうなぁ
咲いてました
2024年06月02日 13:45撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
6
6/2 13:45
咲いてました
恐羅漢の咲いたのを見るのは初めて
2024年06月02日 13:46撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
6
6/2 13:46
恐羅漢の咲いたのを見るのは初めて
突き刺さりそうなくらい固いのがあるのでしばらく楽しめると思います。
2024年06月02日 13:46撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
2
6/2 13:46
突き刺さりそうなくらい固いのがあるのでしばらく楽しめると思います。
やはり恐羅漢と言えばサラサドウダンツツジですよね
2024年06月02日 13:52撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
6
6/2 13:52
やはり恐羅漢と言えばサラサドウダンツツジですよね
もう遅いかと思ってましたが見れました
2024年06月02日 12:55撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
5
6/2 12:55
もう遅いかと思ってましたが見れました
アカモノを初めて意識したのはここ、恐羅漢。
なのでアカモノと言えば恐羅漢なのです
2024年06月02日 14:55撮影 by  DSC-RX100M6, SONY
5
6/2 14:55
アカモノを初めて意識したのはここ、恐羅漢。
なのでアカモノと言えば恐羅漢なのです

装備

個人装備
長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

感想

春の引っ越しでとてつもなく散財したので鳥取などへの遠出は自主規制期間に入っております。
とは言ってもゼロにするつもりはないですが月に1度程度にしとこうかと考えております。
なので広島県西部を中心に歩いていない山やルートを中心に組んでいきます。
恐羅漢、三段峡、那須界隈だけでも相当な数になるので十分に遊べるはずなのでこのあたりを多く絡めながら他もチョイスして歩いていこうと思います。
で今回は先週歩いた中ノ甲林道の「中ノ甲」ってなによ?
ということで行ってみました。
昭和初期、加計にあった帝国製鉄の工場に燃料の木炭を生産するために開拓された土地ということみたいです。なので定住者はなく木炭生産の拠点が吉和に移った時に建物など全てを撤去したので何も残っていなかったとか。
20人程度の児童数はいたようで横川分校の分室が作られていましたが当然その痕跡はありません。
中ノ甲登山口から林道を歩いても人が歩ける程度を残して藪化してしまってます。
中ノ甲の後は恐羅漢の花たちに会いに・・・
虫ばかりで見るものを見たら逃げるように去りました。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:147人

コメント

こんばんは

中ノ甲あたりは台所原や天杉山で良く歩いた道なのに
その歴史はちっとも知りませんでした。
ありがとうございます。
38豪雪以前、今よりはるかにブナミズナラの豊かなお山だった頃
100年越えの大木を牛馬で、どんどん切り出していったようですね。
で、ドングリ好きなツキノワグマも激減したので
絶滅危惧の対象になったけど、そう簡単に人間がコントロールできないですね・・・

あそこの34は結構長く咲いているので難しくないです。
更紗に合わせると会えます。
笹百合や大山蓮華に合わせると遅かっただけです😄
2024/6/3 19:09
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら