また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 72726 全員に公開 沢登り 十和田湖・八甲田

城ヶ倉沢〜逆川岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2010年07月31日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候早朝大雨、遡行中曇り時々小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

酸ヶ湯発7:35 逆川岳11:30〜12:30 酸ヶ湯着17:35
過去天気図(気象庁) 2010年07月の天気図 [pdf]

写真

ある時は野球選手、ある時はサッカー選手とコスチュームをかえてくるリーダー。今度は海パンだそうです。
2010年07月31日 09:52撮影 by EX-Z57 , CASIO COMPUTER CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ある時は野球選手、ある時はサッカー選手とコスチュームをかえてくるリーダー。今度は海パンだそうです。
芸当披露。
2010年07月31日 14:15撮影 by EX-Z57 , CASIO COMPUTER CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芸当披露。
まねっこさん。
2010年07月31日 14:16撮影 by EX-Z57 , CASIO COMPUTER CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まねっこさん。
ファイト〜、いっぱ〜つ!(やらせです)
2010年07月31日 14:29撮影 by EX-Z57 , CASIO COMPUTER CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ファイト〜、いっぱ〜つ!(やらせです)
余裕あります。
2010年07月31日 14:33撮影 by EX-Z57 , CASIO COMPUTER CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余裕あります。
懸垂下降の練習。
2010年07月31日 14:33撮影 by EX-Z57 , CASIO COMPUTER CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降の練習。
腰が引けてなくて安定しています。
2010年07月31日 15:30撮影 by EX-Z57 , CASIO COMPUTER CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腰が引けてなくて安定しています。
じろじろと、巻いたF2を観察しながら降りる。
2010年07月31日 15:50撮影 by EX-Z57 , CASIO COMPUTER CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じろじろと、巻いたF2を観察しながら降りる。
ザイルひっかかり、登り返したのに、最後まで盛り上げる。
2010年07月31日 16:44撮影 by EX-Z57 , CASIO COMPUTER CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザイルひっかかり、登り返したのに、最後まで盛り上げる。
危険ですので、よい子のみなさんはまねしないでください。
2010年07月31日 16:44撮影 by EX-Z57 , CASIO COMPUTER CO.,LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険ですので、よい子のみなさんはまねしないでください。

感想/記録

 二日後にアルプス山行を控えているので軽めの山行をと思い、Oさんの大川沢行に参加を申し込んだが、前日の大雨で水位が下がらないとのことで中止となった。
 同日にTさんが寒水沢を計画していたので、電話してみると、「城ヶ倉沢に変更した。」とのこと。遠征の前に怪我するといやだなと思いつつ、2週間ぶりの沢へ出かけることにした。6月に捻挫した足首が少しずつ快方に向かっていたのだが、2週間前の泊まり山行でまた痛みが増してしまったため、先週はゆっくり家にいたのだ。
 目覚めて少したったら、雨が降り出してきた。それもだんだん強くなってくる。ワイパーも最速モードにしなければならないほどの雨だ。城ヶ倉のトイレに寄ったら、駐車場の路側帯脇には雨水が小川のように流れていて、「中止になるかもな。」と思いつつ、酸ヶ湯に向かう。
 リーダー、少し遅めの到着。幸か不幸か、雨は止み始めていた。「とりあえず、いくが。」やっぱりね・・・。行くに決まってるよね。たがじょだもんね・・・と、思いながら支度を始める。
 今は閉鎖になっている城ヶ倉渓谷の遊歩道を途中まで下りて、荒川へ。ゴーゴーとすごい水音が聞こえてきた。音のわりには水かさがとっても多いわけではなかったので、気をつけながら渡って城ヶ倉沢へ。
 初っぱなにあるF1。いつもながら難儀する。Tリーダー、フェルトわらじをたがじょに装着し、登る。「左足真ん中。右手もっと上。」などとアドバイスするものの、いざ自分の番になると思うとおりにいかない。見るのとやるのでは大違い。
 昨年はたがじょを履いたが、滑った記憶があったので、今回はフェルトにした。
ちょうど足を置きたい場所に苔が生えていて、フェルトが滑った。どうにか登ったが、最初から全身びしょ濡れ。城ヶ倉沢の洗礼なのだ。
 F2は巻いた。巻き道の最後に少しハングになっているところを懸垂下降して、滝の頭に下りることになる。「懸垂下降したことありますよね?」とko-kanaさんに何の気なしに聞いてみたら、「いや、初めて。」とのこと。Tリーダーと顔を見合わせる。入会してから毎週山行に来ていたので、もう経験済みかと思っていた。とりあえず、自分の知っていることを簡単に教えた。ko-kanaさん、とても落ち着いて、うまく降りる。
 城ヶ倉沢はこの2つの滝が大きいだけで、あとは小さい滝がたくさんでてきて、とてもおもしろい。
 EL930の二股登場。リーダーから、「どっちでしょう?」と質問され、地図上で逆川岳に近い「右」と答えたが不正解だった。なぜかというと、左のほうが沢が奥まで続いているから藪を漕がなくてもよいとの答え。なるほど、急がば回れということね。
 次の二股も左。EL1100の三つめの二股は、私にとっては地図ではぜんぜんわからないが、Tさんには見えるらしい。コンパスを当てて右と判明。
 最後の二股は、Tさんも迷ったが、右にした。進むと、な〜んか去年の時と違うなあ・・・と感じる。こんなに急な藪漕ぎあったかな?こんなんじゃなかったよなあと思いながら登り、平坦になったら根曲がり竹の藪漕ぎが始まった。時間的には長くなかったが、湿原を見つけるのに少し手間取った。左に行くとよかったみたい。
 頂上からの展望はなかった。ずぶ濡れになったので、止まると寒い。雨は降っていなかったが、リーダーがしきりに、「タープ、張るか?」と気を遣ってくれた。
 帰りは、懸垂下降のオンパレード。ko-kanaさん、リーダーから懸垂下降の正しい基本を教えてもらう。リーダーの正しい操作方法を聞き、自分の操作が適当なことを反省する。ko-kanaさん、さっきはごめんなさい。
 登るときは、楽しかった小さな滝も、帰りは、滑らないようおそるおそる下りる。危ないと判断すると、すぐザイルを出してくれて助かった。そして、男性陣がいろいろな芸当を披露して、楽しい帰り道となった。
 最後のF1は、ザイルが引っかかり回収できず、リーダーが登り返した。疲れているところを、ありがとうございます。
 「あ〜、楽しかった。」と、もう終わった気分で荒川に出たところ、来たときよりも水かさが増していた。自分の中で洪水警報発令!ルートを探すのに右往左往する。水の勢いが強くて、ジャンプしたいがためらっていると、リーダーは岩に体をもたせかけ、万が一滑っても受け止められるような姿勢をとってくれる。最後の最後まで、ありがとうございます。
 結局、帰りの方が時間がかかったが、帰りも沢だったし、水も多くてドキドキした分、いつもより3倍楽しめた沢行だった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:979人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/1/5
投稿数: 3374
2010/8/2 21:18
 こんばんは。
とても楽しそうな沢です。
個人的なことですが、私は沢が怖くなりました。
4年前の事故が思い出されて仕方ありません。
気持ちが癒えるまで、しばらくの間、山にもぐります。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ