また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 760967 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

空沼岳・万計山荘、初冬の山ごもり

日程 2015年11月01日(日) 〜 2015年11月03日(火)
メンバー
天候11/1 晴 11/2 曇り 11/3 晴
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク、 飛行機
羽田6:55→SKY703→新千歳8:30、JRにて札幌駅9:25
札幌駅からレンタカー、入浴、買い出し、腹ごしらえの後、登山口12:30
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間10分
休憩
0分
合計
2時間10分
Sスタート地点13:0013:10入林届小屋15:10万計山荘
2日目
山行
2時間30分
休憩
30分
合計
3時間0分
万計山荘08:0008:45真簾沼09:30空沼岳10:0010:30真簾沼11:00万計山荘
3日目
山行
1時間30分
休憩
0分
合計
1時間30分
万計山荘08:3009:50入山届小屋10:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<コース状況>
11/1【登山口〜万計山荘】入山届小屋手前、林道浸食ロープ箇所は傾斜した岩床のため足元注意。渡渉点滑りやすい。ルート後半日陰部分、万計沢渡渉点前後、万計沼手前滝横トラバースにわずかに積雪。凍結なし。随所にぬかるみ。
11/2【万計山荘〜真簾沼〜空沼岳】真簾沼までは随所に積雪5〜10センチ程度、ぬかるみ多い。真簾沼を超えると積雪増え、10〜15センチ。稜線手前急登凍結もアイゼン必要なし。山頂は積雪なし。下山時、稜線急登取り付き付近で登り時には感じられなかった獣臭。
11/3【万計山荘〜登山口】11/1にあった積雪は全て消えている。ぬかるみ多い。
<万計山荘について>
トイレ横通用口より入る。マキは節約使用の上、下山時に外部バルコニー下より補充。山荘内台所ポンプはハンドルが小屋閉めに伴い外されたのか使用不可、水は万計沼から確保の上煮沸。正面風除室に利用者名簿、募金箱あり。
その他周辺情報<入山前>
食事:スープカレー@アジャンタインドカリィ店(札幌市中央区南22西7-1-10)
入浴:極楽湯さっぽろ弥生店(札幌市中央区北3西12-1)、440円
<下山後>
温泉:支笏湖畔丸駒温泉旅館、日帰り入浴1000円、10:00〜15:00、登山口より車で30分
洗濯:コインランドリーマンチャオ藤野三条店(札幌市南区藤野3条3-1-16)、Pあり、藤乃屋まで徒歩5分
食事:スープカレー@藤乃屋(札幌市南区藤野3条2-1-53)
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック サブザック アイゼン 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック

写真

入山前の腹ごしらえ。アジャンタインドカリィ店。激ウマ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山前の腹ごしらえ。アジャンタインドカリィ店。激ウマ!
4
12時半、砕石場奥の橋の手前に5台ほど駐車していたのでここに駐車。結果的にはもう少し先まで乗り入れられました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時半、砕石場奥の橋の手前に5台ほど駐車していたのでここに駐車。結果的にはもう少し先まで乗り入れられました。
荷を整理してのんびりと出発。13時。案内板を確認。なんでも、万計沼はアイヌ語で「パンケトー」=下の沼の意とのこと。つまり真簾沼は本来「ペンケトー」=上の沼であるとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷を整理してのんびりと出発。13時。案内板を確認。なんでも、万計沼はアイヌ語で「パンケトー」=下の沼の意とのこと。つまり真簾沼は本来「ペンケトー」=上の沼であるとのこと。
1
入山届小屋手前。道が浸食されている。足元に注意しながら進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山届小屋手前。道が浸食されている。足元に注意しながら進む。
1
熊笹を分けて緩やかな道が続く。万計山荘まで、途中10組ほどとすれ違う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊笹を分けて緩やかな道が続く。万計山荘まで、途中10組ほどとすれ違う。
1
白樺の森。まだ14時前だけれど、さすが高緯度、陽が低く夕方のよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺の森。まだ14時前だけれど、さすが高緯度、陽が低く夕方のよう。
1
日陰には積雪が残る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰には積雪が残る。
1
滝が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝が見えてきた。
1
もうすぐ万計沼。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ万計沼。
1
15時、沼越しの森の向こうにちょうど陽が落ちるタイミング。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15時、沼越しの森の向こうにちょうど陽が落ちるタイミング。
2
あちらは空沼小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらは空沼小屋。
1
この佇まいに惚れ惚れする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この佇まいに惚れ惚れする。
4
お世話になります。宿泊は僕一人。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になります。宿泊は僕一人。
3
マキをくべて暖をとる。食事をして18時就寝。夜中、風が強く吹いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マキをくべて暖をとる。食事をして18時就寝。夜中、風が強く吹いていた。
6
翌朝、真簾沼。空沼火山の古い火口跡湖だという。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、真簾沼。空沼火山の古い火口跡湖だという。
4
静かです。北八ツの雨池に似ている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かです。北八ツの雨池に似ている。
3
積雪が増えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪が増えてきた。
1
サクサクといい登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクサクといい登り。
1
恵庭岳、遠くに風不死と樽前山。支笏湖がギラギラと光っている。羊蹄山は裾野だけ見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵庭岳、遠くに風不死と樽前山。支笏湖がギラギラと光っている。羊蹄山は裾野だけ見えました。
3
札幌方面。コーヒーを淹れ、30分ほどゆっくりする。学生時代は向こうからこちらを眺めたことはなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札幌方面。コーヒーを淹れ、30分ほどゆっくりする。学生時代は向こうからこちらを眺めたことはなかった。
5
晴れているより、雰囲気がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れているより、雰囲気がある。
2
空沼小屋前から万計山荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空沼小屋前から万計山荘。
1
この日も宿泊は僕1人。ストーブ前のスペースを贅沢に使わせてもらいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日も宿泊は僕1人。ストーブ前のスペースを贅沢に使わせてもらいます。
3
マキをくべ、贅沢な時間の始まり。途中、登山者が1人やってきてしばし歓談。この日の登山者はこの方だけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マキをくべ、贅沢な時間の始まり。途中、登山者が1人やってきてしばし歓談。この日の登山者はこの方だけ。
4
キャンドルをつけ、コーヒーを淹れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンドルをつけ、コーヒーを淹れる。
5
歩いたルートの確認など。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いたルートの確認など。
4
2階から静寂の沼。しんとしている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2階から静寂の沼。しんとしている。
4
静かな時間。薪が弾ける音が心地良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな時間。薪が弾ける音が心地良い。
4
翌朝2階にあがると、昨日焚いたストーブの煙がうっすら漂っていて、朝の光が印象的に射し込んでいる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝2階にあがると、昨日焚いたストーブの煙がうっすら漂っていて、朝の光が印象的に射し込んでいる。
4
美しく、しばし見入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しく、しばし見入る。
4
2晩、どうもお世話になりました。床下からマキを補充。募金箱に利用料を入れさせていただく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2晩、どうもお世話になりました。床下からマキを補充。募金箱に利用料を入れさせていただく。
5
出発前、バルコニーでコーヒー。この日1人目の登山者が上がってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発前、バルコニーでコーヒー。この日1人目の登山者が上がってきた。
2
青空もいいけれど、やっぱり曇り空の方が初冬の雰囲気がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空もいいけれど、やっぱり曇り空の方が初冬の雰囲気がある。
3
でもすがすがしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもすがすがしい。
3
さようなら!
下山途中15組ほどとすれ違う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さようなら!
下山途中15組ほどとすれ違う。
1
藤乃屋。こちらも激ウマ。藤野にこんな店があったとは!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤乃屋。こちらも激ウマ。藤野にこんな店があったとは!
4

感想/記録

ふと思い立ち、学生時代以来13年ぶりの空沼へ。当時はスキー部の合宿で、山よりもどちらかといえば万計山荘で騒いだ時間の方が思い出に色濃く(真簾沼にダイブした記憶も。。。)、今回も山荘での時間を目的に来ました。曇りがちの天気でしたが、13年前も、まだ雪が多く残るグレーの天気でとても寒かった記憶があり、初冬の情景が余計に身にしみます。ストーブに薪をくべ、沼の水で熱いコーヒーを淹れる。風の音と薪が弾ける音が聞こえるだけ。なんとも贅沢な時間を過ごしました。素晴らしい小屋です。下山後は丸駒温泉まで足をのばしてあったまり、久々の札幌をしばし満喫。雪が深くなったらまた来たいです。
訪問者数:644人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ