ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 813398 全員に公開 ハイキング東北

国見山(南相馬)

日程 2016年02月14日(日) [日帰り]
メンバー
 yupanda(記録)
 zappa223(食事)
天候
アクセス
利用交通機関
原町市街から県道62号を西に向かい高ノ倉ダムへ。
ダムから3km程のところで通行止めとなる。
国見山林道は全面通行止め
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間17分
休憩
0分
合計
3時間17分
Sスタート地点12:2215:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
看板など整備されているが、一部不明瞭な箇所あり。
その他周辺情報南相馬インターから近いのは、はらまちゆっさ 750円
風穴の湯、ベコの湯は休業中。
原町市街では、銭湯:森の湯 400円
国道6号沿いに人口温泉:ビジネスホテル高見 料金不明
がある。

今回は車のトラブルがあり、湯浴みせずに帰宅。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

登山口。 
線量は0.54μと3週間前の2倍強の値となっていた。
2016年02月14日 12:22撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。 
線量は0.54μと3週間前の2倍強の値となっていた。
2
他に登山者はいない
というか今年登った中で登山中に人にあったのは、
この前の刈田岳だけだと気づいた。
2016年02月14日 12:24撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
他に登山者はいない
というか今年登った中で登山中に人にあったのは、
この前の刈田岳だけだと気づいた。
3
階段を上り
2016年02月14日 12:24撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を上り
登山開始
2016年02月14日 12:25撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始
登山道脇にヤツデが咲いていた
2016年02月14日 12:32撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇にヤツデが咲いていた
1
孫四郎滝との分岐。
行きはスルーする。
2016年02月14日 12:33撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫四郎滝との分岐。
行きはスルーする。
平坦な道を10分少々行くと、取水堤に到着。
フェンスの左側を通って
2016年02月14日 12:37撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦な道を10分少々行くと、取水堤に到着。
フェンスの左側を通って
沢を登って行くと
2016年02月14日 12:38撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を登って行くと
1つめのパーゴラに到着。
ここで、昼食とした。
2016年02月14日 12:40撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1つめのパーゴラに到着。
ここで、昼食とした。
1
一休みしたあと更に沢を詰める。
2016年02月14日 13:02撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休みしたあと更に沢を詰める。
沢が三つに分岐する箇所。
ここで南側へ折れ
2016年02月14日 13:04撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が三つに分岐する箇所。
ここで南側へ折れ
沢の徒渉を繰り返すと
2016年02月14日 13:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の徒渉を繰り返すと
案内番に到着。
2016年02月14日 13:11撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内番に到着。
標識に従い歩いて行くと、
ガードレールが見え、
2016年02月14日 13:18撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識に従い歩いて行くと、
ガードレールが見え、
国見山林道へ出る。
車は入れない筈だが、轍の跡がある。
通行止めのバリケードをどかして入ったのだろうか?
2016年02月14日 13:20撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見山林道へ出る。
車は入れない筈だが、轍の跡がある。
通行止めのバリケードをどかして入ったのだろうか?
林道を横断すると、沢コースと尾根コースに分岐する。
2016年02月14日 13:20撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横断すると、沢コースと尾根コースに分岐する。
確実に山頂を踏みたいので、前回同様尾根コースを選択。
階段歩きは飽きる
2016年02月14日 13:29撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確実に山頂を踏みたいので、前回同様尾根コースを選択。
階段歩きは飽きる
途中国見山が見える。
余り、見栄えは良くない
2016年02月14日 13:31撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中国見山が見える。
余り、見栄えは良くない
しばらく歩くと第二のパーゴラに到着。
2016年02月14日 13:39撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと第二のパーゴラに到着。
1
九十九折りの登山道を行くと地蔵平着。
ここで、直登コースとのんびりコースに分岐する。
今回は直登コースを選択
2016年02月14日 13:51撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九十九折りの登山道を行くと地蔵平着。
ここで、直登コースとのんびりコースに分岐する。
今回は直登コースを選択
しばらく、階段が続くが、道が不明瞭になったため、
国見山の南側にあるピークの尾根を詰めると、
3週間前の撤退地点に到着。
2016年02月14日 13:55撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく、階段が続くが、道が不明瞭になったため、
国見山の南側にあるピークの尾根を詰めると、
3週間前の撤退地点に到着。
北側に目をやるとピンクリボンが見えたので、トラバースし登山道に合流
2016年02月14日 14:02撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側に目をやるとピンクリボンが見えたので、トラバースし登山道に合流
最後の登り。
ここまで延々と樹林帯で展望もない
2016年02月14日 14:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り。
ここまで延々と樹林帯で展望もない
1
山頂着
2016年02月14日 14:08撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂着
3
原町市街を一望
2016年02月14日 14:09撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原町市街を一望
4
快晴で雲もいい
2016年02月14日 14:12撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴で雲もいい
5
牡鹿半島も見える
2016年02月14日 14:13撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牡鹿半島も見える
2
写真右には、福島で最も低い山である本陣山(標高63m)
左には原町火力。
除染作業員向けの仮設住宅や
原町で一番の商業施設であるジャスモールも確認できた。
2016年02月14日 14:14撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真右には、福島で最も低い山である本陣山(標高63m)
左には原町火力。
除染作業員向けの仮設住宅や
原町で一番の商業施設であるジャスモールも確認できた。
3
帰りは、北側の尾根を使用した。
2016年02月14日 14:42撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは、北側の尾根を使用した。
1
国見山から一つ北のピークから国見山を振り返る
2016年02月14日 14:44撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見山から一つ北のピークから国見山を振り返る
尾根が東に折れると、樹林の間から高ノ倉ダムが見えた
2016年02月14日 14:50撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が東に折れると、樹林の間から高ノ倉ダムが見えた
登山道ではないが、上部は快適な尾根。
2016年02月14日 14:53撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道ではないが、上部は快適な尾根。
下部は笹藪漕ぎ
2016年02月14日 14:58撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下部は笹藪漕ぎ
林道が見えた
2016年02月14日 14:59撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が見えた
思惑通りこの前間違ってでた林道の位置にでた
2016年02月14日 15:03撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思惑通りこの前間違ってでた林道の位置にでた
1
林道を横断し、
2016年02月14日 15:04撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横断し、
沢へ向かう
2016年02月14日 15:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢へ向かう
沢が三箇所に分かれる箇所
行きの道と合流
2016年02月14日 15:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が三箇所に分かれる箇所
行きの道と合流
帰りは孫四郎滝に寄り道
期待していなかったが、良い滝だった
2016年02月14日 15:26撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは孫四郎滝に寄り道
期待していなかったが、良い滝だった
3
孫四郎滝からの帰り道の状況
2016年02月14日 15:30撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫四郎滝からの帰り道の状況
帰宅して本陣山に登ってみる国見山
2016年02月14日 17:00撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰宅して本陣山に登ってみる国見山
2
国見山から懸の森山の峰峰
2016年02月14日 17:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見山から懸の森山の峰峰
下界の放射線量も数週間前と比べ、倍近くまで上昇していた
2016年02月14日 17:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界の放射線量も数週間前と比べ、倍近くまで上昇していた

感想/記録

午後から天候が回復したので、近場の国見山へ。
風の影響か、3週前に登った時よりも放射線量が上昇していた。
登山道は比較的分かりやすいが、一つ目のパーゴラを越えて沢が3箇所に分岐する箇所が不明瞭であり、案内板が随所にあるにも関わらず、ここだけはない。

山頂で地図をみていると、国見山の北に派生する尾根から、前回迷って行き着いた林道と同じ場所にでられそうだったので、そちらで下山してみた。

国見山は山頂以外は樹林に阻まれ、展望がないことが残念である。
訪問者数:744人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 藪漕ぎ 直登 撤退 地蔵 クリ 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ