ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 829290 全員に公開 雪山ハイキング関東

大ドッケ 秘密の花園はまだ雪の下

日程 2016年03月17日(木) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大日堂駐車場(工事用車両が止まっているため、空きは4台分)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間48分
休憩
1分
合計
6時間49分
S浦山大日堂BS08:1208:56細久保集落跡13:11独標13:16大ドッケ14:24新秩父線61号鉄塔14:2514:56天目山林道入口15:00浦山大日堂BS15:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休憩時間、写真撮影時間、ルートロス時間が含まれています。
コース状況/
危険箇所等
南面は、日陰部分に多少の積雪ある程度だが、沢を詰めていくと積雪が深くなり、源頭部は20センチから30センチ。踏み抜くと膝まで。この日は金が高くクラストもしていないふかふかの状態。アイゼンも効かない。尾根も下るにつれて落ち葉の上積雪と泥が重なって非常に滑り安い。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ストックは必携。今回は終始ツボ足で行動したが 雪の状態によってはアイゼン必要。

写真

集落への道を離れて山道に上がる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落への道を離れて山道に上がる
送電線の巡視路か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線の巡視路か。
赤テープに大ドッケへの矢印がある。今回見た唯一の道標?右の尾根道に帰りに戻ってくる予定だったが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープに大ドッケへの矢印がある。今回見た唯一の道標?右の尾根道に帰りに戻ってくる予定だったが。
1
日陰にはうっすらと雪。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰にはうっすらと雪。
鹿よけ?のネットがところどころ出てくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿よけ?のネットがところどころ出てくる
次第に山道らしくなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に山道らしくなる
1
取水用のホース?この先次第に踏み跡は薄くなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取水用のホース?この先次第に踏み跡は薄くなる
谷に向かって回り込むように踏み跡が続く。雪が残っていれば滑り安い斜面となりそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷に向かって回り込むように踏み跡が続く。雪が残っていれば滑り安い斜面となりそう。
崩壊した部分を越える。踏みが見つけにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊した部分を越える。踏みが見つけにくい。
器に赤テープが巻かれていて、踏み跡が続いていたが、目的の沢は、もう一つ左の沢。ここでしばらくロス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
器に赤テープが巻かれていて、踏み跡が続いていたが、目的の沢は、もう一つ左の沢。ここでしばらくロス。
今日はけっこう水量がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はけっこう水量がある。
沢が二股になるところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が二股になるところ。
こちらの沢を詰めていく。苔と雪で非常に滑り安い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの沢を詰めていく。苔と雪で非常に滑り安い。
やっと赤テープが出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと赤テープが出てきた。
思ったより雪が深い。夏靴できたのは失敗かな。念のため防水くつしたを履いてきたのが正解。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思ったより雪が深い。夏靴できたのは失敗かな。念のため防水くつしたを履いてきたのが正解。
この辺りが目的地のはずだが、一面雪の下。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りが目的地のはずだが、一面雪の下。
黄色い色が見えたと思ったら、やっとあえた福寿草。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い色が見えたと思ったら、やっとあえた福寿草。
3
倒木の下などごく限られたところに元気な姿を見せてくれた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木の下などごく限られたところに元気な姿を見せてくれた。
4
稜線への斜面は、落ち葉の上のふかふか雪で、滑ることこの上ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線への斜面は、落ち葉の上のふかふか雪で、滑ることこの上ない。
ダケカンバ?の古木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバ?の古木。
大ドッケ付近。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ドッケ付近。
1
尾根筋も雪が深い。30センチほどはある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋も雪が深い。30センチほどはある。
右手の尾根を進む。トレースがないと迷いやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の尾根を進む。トレースがないと迷いやすい。
61号鉄塔?この辺りから。雪が消え、落ち葉と泥のミックス状態。滑り安い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
61号鉄塔?この辺りから。雪が消え、落ち葉と泥のミックス状態。滑り安い。
踏み跡が薄く、いくつも錯綜して迷いやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡が薄く、いくつも錯綜して迷いやすい。
送電線巡視路の標識をたどるが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線巡視路の標識をたどるが・・・。
二股の木の分岐点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二股の木の分岐点。
このあと踏み跡が不明だが、すぐしたに人家が見えてきたので、適当に踏み跡をたどる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあと踏み跡が不明だが、すぐしたに人家が見えてきたので、適当に踏み跡をたどる
神社への橋のたもとに道標があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社への橋のたもとに道標があった。
1

感想/記録

沢筋には予想外に雪が残っていた。いったん咲いた花たちも再び雪の下へ。倒木の下の雪が消えたところに数株が、顔をのぞかせていた。雪があるとどうしても群生地に足を踏み入れてしまうことになるので、雪が消えるまではそっとしておいて上げたいものだ。
訪問者数:512人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ