ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 830318 全員に公開 ハイキング丹沢

ミツバ岳★雨止むのを待って遅いスタート

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー WeeklyClim
天候電車移動中:雨 ⇒ しばらく時間つぶして ⇒ 行動中:曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:山北駅⇒浅瀬入口
帰り:丹沢湖⇒新松田
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間26分
休憩
35分
合計
4時間1分
S浅瀬入口10:3210:50寺ノ沢10:5310:57滝壺橋11:0412:01ミツバ岳(大出山・大嵐山)12:2313:06権現山(世附権現山)13:34ボディ山(菩提沢ノ頭、富士見平)13:53境ノ沢ノ頭14:15浅瀬入口14:1814:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

山北駅近くにて(入ったことありません)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山北駅近くにて(入ったことありません)
2
浅瀬入口でバス降りて登山口に向かう途中、素速く動く小鳥をとっさにズームで撮影。白黒でネクタイ模様だからシジュウカラかな・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅瀬入口でバス降りて登山口に向かう途中、素速く動く小鳥をとっさにズームで撮影。白黒でネクタイ模様だからシジュウカラかな・・
4
丹沢湖は行きも帰りもどんよりした色で冴えなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢湖は行きも帰りもどんよりした色で冴えなかった。
さて、登山口のある滝壺橋近くの滝です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、登山口のある滝壺橋近くの滝です。
3
この狭い所を入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この狭い所を入ります。
道路から少し上がった所。左に直角に折れるところに花がありました。(最近滑落死亡事故があった場所のようです)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路から少し上がった所。左に直角に折れるところに花がありました。(最近滑落死亡事故があった場所のようです)
1
少し行くと一見きわどそうに見える道。実際は全く問題なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し行くと一見きわどそうに見える道。実際は全く問題なし。
2
踏み跡明瞭な作業道のような道が続くので道標なくても迷いません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡明瞭な作業道のような道が続くので道標なくても迷いません。
ちらほらとミツマタが現れ始めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちらほらとミツマタが現れ始めます。
登るにつれミツマタ増えますがガスも濃くなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るにつれミツマタ増えますがガスも濃くなりました。
2
そして山頂直前。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして山頂直前。
1
黄色いボンボンがお出迎え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色いボンボンがお出迎え。
8
くぐりながらゴールに向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くぐりながらゴールに向かいます。
7
小さな山名標識。裏を見ると・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな山名標識。裏を見ると・・
2
2016.3.20・・・あれ、今日ではないですか。立てたてほやほや・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016.3.20・・・あれ、今日ではないですか。立てたてほやほや・・・。
3
結構あちこちに咲いているので・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構あちこちに咲いているので・・
2
あちこちを・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちを・・
1
行ったり来たりしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行ったり来たりしました。
色が濃いところでは・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色が濃いところでは・・
3
思わずアップで撮ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思わずアップで撮ります。
9
おにぎり休憩しながら前を見るとぱっくりと口を開けたように見えたので、画像に目を追加してみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おにぎり休憩しながら前を見るとぱっくりと口を開けたように見えたので、画像に目を追加してみました。
7
権現山に向かって一旦下りの途中。雨上がりで鮮やかになった緑にミツマタが映えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山に向かって一旦下りの途中。雨上がりで鮮やかになった緑にミツマタが映えます。
登りになると傾斜はそんなでもないのですが、地味にきついです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りになると傾斜はそんなでもないのですが、地味にきついです。
冬枯れの景色の中にぽつんと花があるとうれしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬枯れの景色の中にぽつんと花があるとうれしい。
5
ゆっくり登って権現山到着。奥の人がいる場所がミツバ岳分岐です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくり登って権現山到着。奥の人がいる場所がミツバ岳分岐です。
2
休憩なしで下りますが、最初は遊歩道のように穏やかで雰囲気の良い道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩なしで下りますが、最初は遊歩道のように穏やかで雰囲気の良い道。
苔の付いた木が渋く・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の付いた木が渋く・・
2
独特の雰囲気を醸し出しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独特の雰囲気を醸し出しています。
1
ところがその先からがれ場の急下りとなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところがその先からがれ場の急下りとなります。
1
振り返って見上げたところ。落石注意の場所ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って見上げたところ。落石注意の場所ですね。
3
途中に色が濃いミツマタ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に色が濃いミツマタ。
2
鹿柵沿いとなるとゴールが近づきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿柵沿いとなるとゴールが近づきます。
東電の施設までくると丹沢湖がすぐ下に見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東電の施設までくると丹沢湖がすぐ下に見えます。
おなじみの初心者不向きの注意看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみの初心者不向きの注意看板。
1
バスまで時間があったので丹沢湖記念館に入ってみました。大理石の元はサンゴだったんだ・・と復習できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスまで時間があったので丹沢湖記念館に入ってみました。大理石の元はサンゴだったんだ・・と復習できました。

感想/記録

朝、小田急で移動中かなりの雨が降っていたのは想定外でした。「止めようかな」と半分思いながらも長いコースは却下しミツバ岳のみを選択、雨が降り止むのを待つため時間つぶししました。結果雨は止んで目論見通りではありましたが、山はガスに覆われじっとしていると肌寒くなる中での歩きとなりました。

以前は浅瀬入口から権現山経由で畦ケ丸方向に進んだので、今日は滝壺橋⇒ミツバ岳⇒権現山の赤線つなぎとなり、さらには前回権現山への急登部位を今日は急下りでの体験です。登りで結構急に感じた場所だけあって、下りはかなり慎重にならざるを得ませんでした。

ミツマタはいろいろな場所で見飽きている感はあるものの、他に花が全くない山の中で鮮やかな黄色の群生はやはり目を引きますね。さらにはスギやヒノキの葉の緑がなぜかとても目に鮮やかに映りました。雨上りのせいでしょうか。

11時近くの遅いスタートで道路も含めて4時間程度の短い周回となりましたが、初めての場所を歩くのはやはり楽しいものです。
訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 急登 滑落 スギ ヒノキ 道標 落石
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ