ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858110 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

屋久島縄文杉 荒川登山口から往復

日程 2016年04月29日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 飛行機
屋久島までは空路。羽田空港→鹿児島空港→屋久島空港。
今回はガイドさんをお願いしたので宿から屋久杉自然館まではガイドさんの車で(主要な街から早朝バスあります)。屋久杉自然館からは荒川登山バスで登山口へ。※荒川分れ以降、マイカー規制エリアのため
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間8分
休憩
1時間8分
合計
10時間16分
Sトンネル06:5507:44小杉谷橋08:0308:37楠川分れ08:3809:49大株歩道入口10:0710:40ウィルソン株10:4313:13縄文杉13:1914:41ウィルソン株14:5115:08大株歩道入口15:1716:05楠川分れ16:0616:33小杉谷橋16:3417:08トンネル17:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・前半はトロッコ軌道歩き。ひたすら長いです。
・何度か出てくる橋のいくつかは手すりがないうえ、高度感あり。疲れているときやお子様は要注意。
・大株歩道に入るとアップダウンのある山道です。
・全体的によく整備されています。迷う危険は少ないでしょう。
・水が豊かな屋久島。濡れた箇所多いです。水場は豊富。
その他周辺情報宿泊は宮之浦、安房辺りが便利そう。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

荒川登山口。朝食おにぎりを食べて、いざ出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川登山口。朝食おにぎりを食べて、いざ出発です。
前半はトロッコ軌道歩きです。長いですが、橋があったりして楽しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前半はトロッコ軌道歩きです。長いですが、橋があったりして楽しいです。
3
橋を見上げて。この河原は休憩スポットになっているみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を見上げて。この河原は休憩スポットになっているみたいです。
3
どんどん歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん歩きます。
1
マムシグサです。たくさん見かけました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシグサです。たくさん見かけました。
2
三代杉だったかな…?死んだ杉の上に次の杉が育ち…というのを繰り返して、三代目になる木のことを言うそうです。屋久島の杉は腐りにくく、下の木が長く残っていることがよくあるそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三代杉だったかな…?死んだ杉の上に次の杉が育ち…というのを繰り返して、三代目になる木のことを言うそうです。屋久島の杉は腐りにくく、下の木が長く残っていることがよくあるそうです。
2
ウィルソン株に着きました。中はこんな感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウィルソン株に着きました。中はこんな感じです。
1
この時間は光が強くて、ハートがあまり綺麗に出ません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時間は光が強くて、ハートがあまり綺麗に出ません。
1
夫婦杉。手をつないでいるように見えるとか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦杉。手をつないでいるように見えるとか。
3
縄文杉、ご対面です。長い道のりでした。さてここから引き返さないといけない…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縄文杉、ご対面です。長い道のりでした。さてここから引き返さないといけない…
3
帰り道のウィルソン株では、綺麗にハート型の写真が撮れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道のウィルソン株では、綺麗にハート型の写真が撮れました。
2
ハイノキの花だそうです。可愛い花です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイノキの花だそうです。可愛い花です。
4
光の感じが綺麗だー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光の感じが綺麗だー
2
帰りのバスから見た景色。屋久島の山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りのバスから見た景色。屋久島の山々。
2

感想/記録
by kyon_t

※注意点
・ガイド付きで行きました。
・途中GPS飛んじゃってるとこあります。
・往路の途中一部、ガイドさんオリジナルルートを通っています。慣れない方にはおすすめしません。

GW前半で屋久島旅行に行ってきました。屋久島は初です。旅行後なぜか風邪をひいてしまって、記録を書くのが遅れました。

前日に島に入って早めに就寝し、長い長い縄文杉への旅に備えました。距離にして往復22km。今までこんなに歩いたことなかったので、行く前までは正直ビビッていたのですが、やってみると意外ときつくなかったです(思ったよりは、というだけですが…)。

というのも今回はガイドさんをお願いしたのが大きかったです。まぁ、道は明瞭ですのでちゃんと地図や道標を見ていればまず迷うことはないですし、ガイドがなくても行けたのだとうはおもいますが、ペース配分、休憩のタイミングなど、そこはプロだなーと思いました。長い道のりにもかかわらず、最初はゆっくり行っても意外と大丈夫だとか(最初から無駄に体力消耗しちゃだめー)、そういう勘所は様々な人を案内してきた経験の賜物だなぁと。島の自然や歴史に関するいろんな話が聞けて面白かったです。

見どころはもちろん屋久杉です。目安としてだいたい樹齢1000年以上のものを言うそうです。この島独特の巨木群は存在感ありました。あと、屋久島は水が豊か!雨が多いとあって、いたるところで水が湧いては流れています。稜線に出ない限り、水場には困らなさそうですね。

縄文杉はまぁとにかく長くて単調なので、一回行けばもういいかな、と思います。ちがったコースをとるなら面白いかもしれませんが。島そのものはとても奥が深くて、あと何回か来ても楽しめそうです。今回の旅行ではあと白谷雲水峡に行きましたが、やはりいつかは宮之浦岳に登りたいですね。あとはモッチョム岳や滝めぐりなんかも面白そう(滝が多い!)。

続けて白谷雲水峡の記録もアップします。
訪問者数:186人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/29
投稿数: 160
2016/5/12 21:30
 お疲れ様です!
屋久島に行かれたのですね!一日の山行時間がすごい!22kmを一日で歩くってすごいですね!
天気が良くてよかったですね〜珍しい植物もいて驚きました。
普通の山とはまた違うんですねぇ。
屋久島は遠くてあまり現実的じゃないかなぁと思ってましたがガイドさんがいればスムーズに行けそうですね!
わたしも屋久島視野に入れてみようと思います(^^)
続きのレコも楽しみにしてます♪
登録日: 2015/5/24
投稿数: 29
2016/5/15 21:48
 Re: お疲れ様です!
22km、数字で書くとなかなかすごいですが(私もびびっていました)、急登はほぼなくて、なだらかなので、意外といけますよ!縄文杉であれば道は整備されていますので、山歩きに慣れている方ならガイドいらないかも。観光客向けに早朝バスありますよー。

屋久島とっても素敵なところでした!まぁ遠いですので、旅費はそれなりにかかりますが…。あとできれば宮之浦岳に行きたかったです。こちらはルートによりますが車がないとつらいので、レンタカーあるいはガイドですかね…。最短ルートなら日帰りも可能だそうです。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

マムシ GPS 水場 マムシグサ 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ