また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

縄文杉(じょうもんすぎ)

最終更新:alpsdake
基本情報
標高 1310m
場所 北緯30度21分38秒, 東経130度31分54秒
水場 縄文杉展望デッキ下
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

縄文杉(じょうもんすぎ)は、鹿児島県熊毛郡屋久島町(屋久島)に自生する最大級の屋久杉。種の名称ではなく、植物の個体に付された名である。屋久杉を代表する古木として著名である。世界遺産「屋久島」に包含される。
1966年、屋久町役場の観光課長だった岩川貞次により発見され広く紹介される。発見当初は大岩杉と呼ばれていた。「縄文杉」という名前の由来は、当時推定された樹齢が4,000年以上で縄文時代から生きていることから来たという説と、奔放にうねる幹の造形が縄文土器に似ているからという説がある。
1976年、九州大学工学部の真鍋大覚助教授により、周囲の樹木の年輪測定、幹周の大きさなどから、樹齢7,000年以上と推定され話題になった。しかし、その後の調査で古木の周囲を3本程度の若い木が融合して包み込んでいる合体木である可能性が浮上し、外側の若い木の部分の年代測定では樹齢約2,700年と判定された(芯部の古木は樹体保護のため未調査)。ただし、鹿児島大学農学部が縄文杉のパーオキシダーゼをアイソザイム分析した結果、縄文杉は合体木ではなく一つの木であることが証明されている。また、調査によって倒木更新の痕跡も発見されている。
また約7,300年前に鬼界カルデラから広がった幸屋火砕流によって、屋久島を含む九州南部諸島の大型植物は全滅したと考えられており、縄文杉の樹齢は古くとも4,000年以上はさかのぼらないとするのが定説になっている。一方で、後代に持ち込まれた記録の無いヤクシマザルなどの大型動物が現存していることから、屋久島全体が火砕流に飲み込まれたのではなく一部の動植物は生き延びたのではないかとする意見もある。
縄文杉を見るためには8-10時間程の登山を行う必要があるが、保護のため十数メートル離れた木製のデッキから鑑賞しなければならず、杉の周りには立ち入ることはできない。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「縄文杉」 に関連する記録(最新10件)

九州・沖縄
    2 
2017年11月16日(2日間)
屋久島
  45    16 
2017年11月11日(3日間)
屋久島
  75    19  8 
karchi, その他12人
2017年11月10日(4日間)
屋久島
  91     29  6 
2017年11月07日(4日間)
屋久島
  80     179  6 
2017年11月06日(3日間)
屋久島
  28    1 
kitazono, その他3人
2017年11月05日(2日間)
屋久島
  82    38  4 
wakatakeya, その他4人
2017年11月03日(日帰り)
屋久島
  
2017年11月03日(3日間)
屋久島
  
2017年11月03日(3日間)
ページの先頭へ