ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 873038 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走近畿

金勝アルプス(鶏冠山・竜王山)

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー y_one
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間23分
休憩
2分
合計
4時間25分
S馬頭観音堂駐車場05:4605:56竜王山05:5706:07白石峰06:0810:11馬頭観音堂駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ほとんど使われていないルートを含め歩いています。ルートがかなり不明瞭な箇所もあり。

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 携帯 サングラス ストック ナイフ カメラ ヘルメット

写真

感想/記録
by y_one

 今回は、馬頭観音堂Pから桐生辻を目指しました。

 まずは、龍王山を経て白石峰へ出ます。ここから茶沸観音線を経てC3へ。その先、瀬戸ヶ滝線の様子を見にどんどん下ります。ST1付近で、やや戸惑いますが、基本的に道は明瞭です。ただし通る人は皆無でしょうから注意が必要です。
 ST2まで来ると舗装路が現れます。途中で、途切れてるのではないかと心配しながらも歩を進めると、無事、桐生辻へ。ここからは、桐生辻線で折り返しです。
 ハイキングマップには、「入り口わかりにくい」とありますが、確かに、ちょっと、わかりにくい。工事用ゲートの横が入り口でした。落ち着いて探せば、すぐ見つかります。
 桐生辻線をKT3まで来たところで、茶仏線を東に進みます。再び、C3まで戻ってきました。
 ここからが、本日のハイライト。ST1から、馬頭観音堂P直近を目指します。ハイキングマップには載っていませんが、地理院地図にはルートが書かれており、前から気になっていたのです。ただ、上からの入り口がわかりにくかったので、今回、下から攻めてみることにしました。
 ST1からは、地図、コンパス、GPSを駆使して進みます。最初は、道も明瞭でしたが、流石に、ほとんど登山者がいないのでしょう、どんどんルートが不明瞭になります。ところどころ目印もありますが、かなり頼りない感じです。初心者が勘違いして入ってこないように、敢えてそうしているのかも知れません。読図ができない人が入り込めば確実に迷ってしまうでしょうね。軽装の人が多い山域ですし。そういう私も、途中、地形図に載っていない沢に引っ張られて、本来とるべきコースを一時外してしまいました。途中でうすうす、おかしいと感じていたのですが、龍王山が見通せる、視界の開けたところで、ズレを確信。そこから、苦労して、やっと本来のルートへ戻せました。
 その後も、細尾根が続き、藪漕ぎをしながらルートを維持。藪漕ぎに苦労したものの、最後は、あっさり標準ルートへ。上からの分岐点もしっかり把握できました。
 このコースは、滅多に人が通らないコースのようです。次回も復習のため、このコースを行くことにしようかな♪
訪問者数:169人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

コンパス GPS 藪漕ぎ 馬頭観音 目印
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ