また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 90047 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 近畿

志倉越え〜若杉峠 天空回廊と峠道を歩く 第17回 (兵庫県宍粟市)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2010年12月06日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー5人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・中国自動車道の山崎ICで降り、R29を北上。
 安積橋から県道R6を経由してR429の一宮町倉床に入る。
 繁盛小前を直進して県道R6を走行し、一宮町志倉から樅木林道志倉支線に入り、終点近くの崩壊地前の林道広場を目指す。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

9:40樅木林道⇒11:10尾根分⇒11:50藤無山12:30⇒14:00若杉奥山⇒15:00若杉峠

■市境間 歩行距離 4.9Km ・所要時間 3時間50分 ・総上昇量 387m

◆全行程 歩行距離 6.9Km ・所要時間 5時間20分 ・総上昇量 767m
コース状況/
危険箇所等
【索引】
・宍粟市境界の志倉越え〜若杉峠『天空回廊と交流の峠道』(第17回)を踏査する。


【コース状況】
9:40【樅木林道志倉支線】
 樅木林道志倉支線の終点手前の広場に車を置き、いざ出発。
 志倉支線に入ると、林道脇に恐竜の卵のような奇石がある。
10:10【藤無山登山口】
 志倉の藤無山登山口の標柱から急な山腹に取り付く。
 尾根に乗ると、今回の踏査開始点の主尾根が見えてくる。
11:10【踏査開始点】
 背後の景色を楽しみながら登り、今回の踏査縦走開始点に着く。
11:50【藤無山】
 主尾根の巨石帯を左に巻き、直下の熊笹道を頑張ると、山名標柱と二等三角点の埋まる「藤無山」に到着する。
 日当たりの良い山頂広場に座り込み、弁当を開く。
12:30
 軽くなったザックを背負い、北西の登山道を辿る。
13:30【林道出合】
 分岐を確認しながら境界杭を追って乢に下ると、大屋スキー場から林道に出合う。
 さらに境界の藪を分けて山腹を登り返す。
14:00【若杉奥山】
 若杉奥山の「点名:若杉」に着くと、眼下に大屋スキー場が見える。
 ここから若杉峠への下りが始まるが、新しい測量杭が用地境界尾根にも設置され、複雑な地形での市境界の見極めが難しい。
15:00【若杉峠】
 境界杭を追って若杉峠の法面上部に出たが、ダイレクトに下るのは危険なので、山腹を西へ巻いて峠の駐車地に降りる。

【トイレ・自販機・水場】
・周辺にトイレ等はありません。

【温泉】
・一宮温泉「まほろばの湯」¥600
過去天気図(気象庁) 2010年12月の天気図 [pdf]

写真

山行詳細図(クリック毎に拡大)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行詳細図(クリック毎に拡大)
1
樅木林道志倉支線の終点手前から出発。
2010年12月06日 20:50撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樅木林道志倉支線の終点手前から出発。
林道脇にある恐竜の卵のような石
2010年12月06日 10:01撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇にある恐竜の卵のような石
樅木林道志倉支線の終点に志倉の藤無山登山口標柱がある。
2010年12月06日 10:10撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樅木林道志倉支線の終点に志倉の藤無山登山口標柱がある。
登山口から尾根に乗ると、今回の踏査開始点の主尾根が見えてくる。
2010年12月06日 10:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から尾根に乗ると、今回の踏査開始点の主尾根が見えてくる。
「二本杉」上部の登山道整備をしながら登る。
2010年12月06日 10:34撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「二本杉」上部の登山道整備をしながら登る。
岩稜帯は左を巻く。
2010年12月06日 11:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩稜帯は左を巻く。
主尾根直下にある小規模の「岩塊流」
2010年12月06日 11:36撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主尾根直下にある小規模の「岩塊流」
藤無山直下の急坂を頑張る。
2010年12月06日 11:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤無山直下の急坂を頑張る。
二等三角点の埋まる「藤無山」に到着
2010年12月06日 11:47撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点の埋まる「藤無山」に到着
1
縦走路から藤無山を振り返る。
2010年12月06日 13:16撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路から藤無山を振り返る。
大屋スキー場からの林道に出合う。
2010年12月06日 13:29撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大屋スキー場からの林道に出合う。
薄い藪を分けて、尾根の国有林標石を追う。
2010年12月06日 13:39撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄い藪を分けて、尾根の国有林標石を追う。
眼下に大屋スキー場が見える。
2010年12月06日 13:56撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に大屋スキー場が見える。
若杉奥山の「点名:若杉」三等三角点峰に到着。
2010年12月06日 14:02撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若杉奥山の「点名:若杉」三等三角点峰に到着。
栗の大木
2010年12月06日 20:58撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗の大木
周辺の栗の木には、熊棚が非常に多い。
2010年12月06日 14:23撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周辺の栗の木には、熊棚が非常に多い。
熊の爪跡
2010年12月06日 14:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の爪跡
若杉峠の先端に出て、法面上部を西へ辿り、眼下のデポ車に向かう。
2010年12月06日 14:58撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若杉峠の先端に出て、法面上部を西へ辿り、眼下のデポ車に向かう。
市境界を今回の踏査終了点とする。
2010年12月06日 15:02撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市境界を今回の踏査終了点とする。

感想/記録
by yamaya

【見所】
・志倉越えと若杉峠の現況
・栗の巨樹
・遠望の利く尾根歩きを満喫

【ルートの特徴】
・志倉登山口から間伐材を越え、展望の良い急な登りが待っています。
・縦走路は展望の良い切り開きの尾根を辿るが、複雑な地形が多く、若杉峠近くでは、新しい測量杭に誘われやすいので、市境界を正確にトレースするのはかなり難しい。
 結局二度ほど、違う尾根に踏み込んで、修正復帰した。

【植生・動物】、
・栗林には熊棚や熊の爪跡が多数残っているので、秋期には鳴り物が必携。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1987人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ