また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 91232 全員に公開 雪山ハイキング金剛山・岩湧山

雪の金剛山(金剛登山口-カトラ谷コース-金剛山-文珠尾-東尾-金剛山ロープウェイ前バス停)

日程 2010年12月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
(9:00さわやかトイレ2℃、10:18カトラ谷水場0℃、10:58山頂2℃)
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
金剛登山口バス停前の有料駐車場を利用。下山後、金剛山ロープウェイ前バス停より金剛登山口バス停までバスを利用して駐車場へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:57金剛登山口-9:13車止め-9:30黒栂谷とカトラ谷の分岐(約10分休憩)-(カトラ谷へ)-10:18水場(約10分休憩)-10:55金剛山山頂(国見城跡)-(約90分、休憩+山頂付近散策)-12:33岩屋文殊-(文珠尾-東尾)-13:17水場ー13:37金剛山ロープウェイ前バス停
コース状況/
危険箇所等
カトラ谷のハシゴ手前の細い道は積雪があれば危険そうな気がします(ちなみに『山と高原地図』では「危」マークになってます)。
東尾(文殊尾東道)は相当な急坂で、これを下りで使ってしまったので怖かったです。ここも積雪があると、やや危険かも知れません(ちなみに2009年版『山と高原地図』では「登山コースでない小道」)。

金剛山ロープウェイ前バス停とトイレは工事中でした。
バス停は少し下ったところに移動されていました。トイレの近くには仮設トイレが設置されていました。

どうでもいいことですが、カトラ谷入り口にブルーシートのテントみたいなのがあったのですが無くなってました。



過去天気図(気象庁) 2010年12月の天気図 [pdf]

写真

9:13カトラ谷コースは、車止めを超えて登ります。
2010年12月19日 09:13撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:13カトラ谷コースは、車止めを超えて登ります。
9:45カトラ谷コース。岩に結構マーキングがあり、道に迷うことはまずないはずです。
2010年12月19日 09:45撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:45カトラ谷コース。岩に結構マーキングがあり、道に迷うことはまずないはずです。
10:07このあたりは通行注意です。岩の急坂です。積雪していると危ないような気がします。
2010年12月19日 10:07撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:07このあたりは通行注意です。岩の急坂です。積雪していると危ないような気がします。
細い道で左は崖。
2010年12月19日 10:09撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細い道で左は崖。
細い道とハシゴ、左は崖。ハシゴを登ってしまえば危ないところはありません。ハシゴは短いので問題ないと思います。
2010年12月19日 10:11撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細い道とハシゴ、左は崖。ハシゴを登ってしまえば危ないところはありません。ハシゴは短いので問題ないと思います。
10:18水場。温度計を見ると0℃。
2010年12月19日 10:18撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:18水場。温度計を見ると0℃。
水場から登って来た道を見ると、ちょっと残雪がありました。
2010年12月19日 10:24撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場から登って来た道を見ると、ちょっと残雪がありました。
10:31少し残雪が増えてきました。
2010年12月19日 10:31撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:31少し残雪が増えてきました。
10:38お花畑(春はニリンソウが群生して咲いています)です。さらに残雪が増えてきました。
2010年12月19日 10:38撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:38お花畑(春はニリンソウが群生して咲いています)です。さらに残雪が増えてきました。
10:53踏み固められた雪の急坂でよく滑りました。
2010年12月19日 10:53撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:53踏み固められた雪の急坂でよく滑りました。
10:55山頂に着きました。売店で食事と休憩をします。
2010年12月19日 10:55撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:55山頂に着きました。売店で食事と休憩をします。
山頂からの風景。
2010年12月19日 11:20撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの風景。
転法輪寺から撮影。
2010年12月19日 11:45撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺から撮影。
葛木神社裏参道から大和葛城山を撮影。大和葛城山は積雪していないようです。
2010年12月19日 11:55撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛木神社裏参道から大和葛城山を撮影。大和葛城山は積雪していないようです。
転法輪寺で山伏が勤行をしていました。
2010年12月19日 12:09撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪寺で山伏が勤行をしていました。
12:33岩屋文殊
2010年12月19日 12:33撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:33岩屋文殊
13:35文珠尾のコース
2010年12月19日 12:35撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:35文珠尾のコース
12:47「以前通った文珠尾のコースって、こんなところだっけ?」。地図を確認。すぐ上の分岐を間違えて左折したことに気づきました。戻るのは簡単ですが・・・

「前に人もいるし、地図では金剛山ロープウェイ前バス停に行けるのは確実。この道で行こう!」。ところが後で怖い目に遭うことに。
2010年12月19日 12:47撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:47「以前通った文珠尾のコースって、こんなところだっけ?」。地図を確認。すぐ上の分岐を間違えて左折したことに気づきました。戻るのは簡単ですが・・・

「前に人もいるし、地図では金剛山ロープウェイ前バス停に行けるのは確実。この道で行こう!」。ところが後で怖い目に遭うことに。
12:58写真ではわかりにくいのですが、かなり急坂です。
2010年12月19日 12:58撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:58写真ではわかりにくいのですが、かなり急坂です。
13:10激下りで恐怖を感じました。下に金剛山ロープウェイ前バス停へ向かう舗装された道が見えています。
2010年12月19日 13:10撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:10激下りで恐怖を感じました。下に金剛山ロープウェイ前バス停へ向かう舗装された道が見えています。
13:16舗装された道と合流。写真左に水場が写っています。水場の方に進めば金剛山ロープウェイ前バス停へ。
2010年12月19日 13:16撮影 by Canon PowerShot A720 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:16舗装された道と合流。写真左に水場が写っています。水場の方に進めば金剛山ロープウェイ前バス停へ。
撮影機材:

感想/記録
by KENPEI

今シーズン初の雪山を楽しめました。軽アイゼンを持っていったのですが、使うほどの積雪ではありませんでした。これから積雪量が増えるのを楽しみにしています。

下りは文珠尾のコースにしたのですが、うっかりと途中で分岐を間違い東尾(文殊尾東道)を行ってしまいました。東尾は初めてでしたが(というか、間違えて通ってしまいました)、あまりの急坂に呆れるとともに恐怖を感じました。今後は、この道を行かないと堅く決心したのでした。


訪問者数:1278人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/11/7
投稿数: 30
2010/12/19 22:04
 「文珠尾東道」でしたか
このコースは「文珠尾東道」でしたか
私も今日 この尾根道を降りました。「文珠尾」と思い込んで
ただ、地図に実線で載っている道にしてはキツイなと感じてました それと水場の位置がおかしいなとは思っていました。

金剛山は 全ての尾根と谷に登山道がついているような気がしますね。
登録日: 2010/9/1
投稿数: 192
2010/12/19 22:22
 道の名前
道の名前ですけど、インターネットで検索すると「文殊尾東道」で3件ばかりヒットしたので、一応、その名前を使わしてもらいました。

また、古い『山と高原地図』(図書館で部分的にコピーしたので何年発行かよくわからないです)では、単に「東尾」となっており「急坂」と書いてあります。
2009年版の『山と高原地図』では、名前が書いてなくて「登山コースでない小道」になっています。

話は変わりますが、c5781さんの記録を拝見しました。相当な健脚のようでうらやましいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ