ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 913649 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

鳳凰三山

日程 2016年07月08日(金) [日帰り]
メンバー haya1110
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青木鉱泉P  ¥750
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間43分
休憩
1時間47分
合計
11時間30分
S青木鉱泉04:3006:20鳳凰滝07:10白糸の滝07:40五色の滝08:25鳳凰小屋08:4009:15地蔵ヶ岳09:5710:10アカヌケ沢の頭10:40鳳凰小屋分岐11:00鳳凰山11:3512:00薬師岳12:1513:00御座石14:40林道出合15:20中道ルート登山口16:00青木鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
前回は、夜叉神峠からのピストンだったので、今回は青木鉱泉からアタック
コース状況/
危険箇所等
目印があるので、問題なし
その他周辺情報登山後の温泉は、お気に入りの韮崎の白山温泉

装備

個人装備 Tシャツ タイツ 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 飲料 ガスカートリッジ コンロ ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 携帯 時計 タオル ストック カメラ
備考 GPS用充電池

写真

オベリスクが見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクが見えてきた。
お水ありがとうございます。美味しかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お水ありがとうございます。美味しかった。
地蔵岳への最後の難関!? 1歩歩いて半歩下がる。疲れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳への最後の難関!? 1歩歩いて半歩下がる。疲れる。
地蔵岳に到着、あのてっぺんに登りたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳に到着、あのてっぺんに登りたい。
2
暑そうなお地蔵さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑そうなお地蔵さん
かっこいい、甲斐駒ケ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっこいい、甲斐駒ケ岳
1
これから、オベリスク挑戦します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから、オベリスク挑戦します。
危ないので、撤退
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危ないので、撤退
大好きな稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大好きな稜線
いつか登りたい北岳、間ノ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか登りたい北岳、間ノ岳
北岳、間ノ岳アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳アップ
1
薬師岳からの北岳、間ノ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳からの北岳、間ノ岳
北岳と仙丈ケ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳と仙丈ケ岳
最後に、富士山 今日はずっと顏を出してくれてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に、富士山 今日はずっと顏を出してくれてました。
1

感想/記録

朝4時に青木鉱泉Pに到着し、空を見上げたところ晴れている。梅雨の中、勝負をかけて来たかいがありました。それでも天候が気になる中、4時半にドンドコ沢コースから登山開始!標高差があるので、1歩1歩確実に歩こうとするが、気持ちが前に行き若干ハイペース!前日よく寝たせいか足の調子も良い。ずっと急登だが様々な滝が癒してくれてあれよあれよで鳳凰小屋についた。コースも分かりやすく迷いはない。鳳凰小屋の若い兄さんに声をかけられ水を汲んで休んで行って下さいと優しい言葉をかけてもらいました。今日は、甲斐駒や北岳間ノ岳の稜線が良く見えるとの事、15分ほど休んで地蔵岳を目指す。みるみる近づくオベリスク…かっこいい!35分ほどで地蔵岳に着いた。先にオベリスクに登っていたとみられるおじ様2名と話をする。オベリスクは途中で断念したとの事、「兄ちゃん行くなら写真撮ってやるよ」とうれしい言葉、お言葉に甘えてオベリスクに挑戦しました。最後の石壁が難関で怪我をしても…と思い自分も断念しました。(最後の石壁にロープがあったのですが、ある程度よじ登らなければ手が届かない)写真を撮ってくださったおじ様ありがとうございました。オベリスクの中間点付近からの眺めは甲斐駒ケ岳や仙丈ケ岳が最高でした。その後、観音岳から薬師岳の大好きな稜線を行き、北岳や間ノ岳を眺めながらのんびり登山でした。一日富士山も顏を出していて日本1、2、3の山を交互に見ながらの山旅でした。下山コースは中道コース、景色もなく単調な下りのコースで、自分自身かなり疲れたのでゆっくり下山しました。梅雨の晴れ間で大満足登山でした。
訪問者数:659人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 撤退 地蔵 梅雨 目印
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ