ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 947231
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
東海

真夏の南アルプス 女2人縦走の旅

2016年08月07日(日) 〜 2016年08月11日(木)
 - 拍手
finetrack01 その他1人
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図
【1日目】
三伏峠から小河内岳にかけては快適な縦走路。
この稜線からは今回のルートをぐるっと見渡すことができます。
晴天に拡がる、南アルプスの広大で美しい山々。厳しくも素晴らしい縦走になりそうな予感を胸に、さあ出発!
【1日目】
三伏峠から小河内岳にかけては快適な縦走路。
この稜線からは今回のルートをぐるっと見渡すことができます。
晴天に拡がる、南アルプスの広大で美しい山々。厳しくも素晴らしい縦走になりそうな予感を胸に、さあ出発!
結構なガレ場を横目に進みます。前日の夜間移動で寝不足ですが、ここは集中!慎重に歩いていきます。
1
結構なガレ場を横目に進みます。前日の夜間移動で寝不足ですが、ここは集中!慎重に歩いていきます。
午後を過ぎるとすごい勢いで雲が発生します。カミナリが発生しないよう願いながらとにかく前へ。
午後を過ぎるとすごい勢いで雲が発生します。カミナリが発生しないよう願いながらとにかく前へ。
緑豊かな南アルプス。
野生のブルーベリーがあちこちに群生しています。
1
緑豊かな南アルプス。
野生のブルーベリーがあちこちに群生しています。
【二日目】
荒川前岳へのカール。ここで標高差600mを一気に登ります。
晴天なのは嬉しいのですが、何せ、暑い!!!そしてブヨ・アブ・ハエが酷い!!
息を上げながら稜線を目指します。
3
【二日目】
荒川前岳へのカール。ここで標高差600mを一気に登ります。
晴天なのは嬉しいのですが、何せ、暑い!!!そしてブヨ・アブ・ハエが酷い!!
息を上げながら稜線を目指します。
稜線に到着。
「あ〜天気最高〜。あ〜ビール飲みたい。」(心の叫び)。
2
稜線に到着。
「あ〜天気最高〜。あ〜ビール飲みたい。」(心の叫び)。
まだまだ道は続く。
仕方ないなぁ、ビールはおあずけ。ジュースで乾杯。
2
まだまだ道は続く。
仕方ないなぁ、ビールはおあずけ。ジュースで乾杯。
荒川前岳から荒川中岳にかけては快適な稜線が続きます。
稜線の先に迫るのは悪沢岳。堂々とした山容に迫力を感じます。
6
荒川前岳から荒川中岳にかけては快適な稜線が続きます。
稜線の先に迫るのは悪沢岳。堂々とした山容に迫力を感じます。
悪沢岳のピークを越えると、千枚岳から二軒小屋へ向かいます。
せっかく稜線に出たのに、また1600mの標高差を下るという。。。
悪沢岳のピークを越えると、千枚岳から二軒小屋へ向かいます。
せっかく稜線に出たのに、また1600mの標高差を下るという。。。
【3日目】
二軒小屋に到着。
自販機がある!ベンチがある!蛇口から水が出る!
しばしば文明にふれて、疲れを癒します。
【3日目】
二軒小屋に到着。
自販機がある!ベンチがある!蛇口から水が出る!
しばしば文明にふれて、疲れを癒します。
束の間の休息後は、徳右衛門岳へ。
ここからまた1300mほど登りが始まります。人にほとんど合わず、静かな山行の始まりです。
束の間の休息後は、徳右衛門岳へ。
ここからまた1300mほど登りが始まります。人にほとんど合わず、静かな山行の始まりです。
徳右衛門岳の、静かで苔が美しい森の中を進みます。
素晴らしい、きれいな森・・・と思っていたら途中から藪漕ぎ&大量の倒木に道を遮られることに。
うーむ。。中々厳しい山行です。
3
徳右衛門岳の、静かで苔が美しい森の中を進みます。
素晴らしい、きれいな森・・・と思っていたら途中から藪漕ぎ&大量の倒木に道を遮られることに。
うーむ。。中々厳しい山行です。
藪漕ぎのその後。二人とも泥だらけです。
1
藪漕ぎのその後。二人とも泥だらけです。
【4日目】
徳右衛門岳の深い森から蝙蝠岳の稜線へ。
森林限界を越えると一気に蝙蝠岳の展望が開けます。この展望の開け方は中々の感動ポイント。今日は塩見を越えて三伏峠まで。まだまだ道程は遠い!!
2
【4日目】
徳右衛門岳の深い森から蝙蝠岳の稜線へ。
森林限界を越えると一気に蝙蝠岳の展望が開けます。この展望の開け方は中々の感動ポイント。今日は塩見を越えて三伏峠まで。まだまだ道程は遠い!!
り返れば富士山が美しく佇んでいます。
3
り返れば富士山が美しく佇んでいます。
蝙蝠岳の稜線でも藪漕ぎが続きます。
もはや服も靴も、泥だらけ&松ヤニだらけ。
蝙蝠岳の稜線でも藪漕ぎが続きます。
もはや服も靴も、泥だらけ&松ヤニだらけ。
蝙蝠岳を越えて北俣岳へ向かいます。
ゴールが見えてきましたが、北俣岳は足場の悪い岩場が続くため、油断は禁物。
蝙蝠岳を越えて北俣岳へ向かいます。
ゴールが見えてきましたが、北俣岳は足場の悪い岩場が続くため、油断は禁物。
塩見岳のピーク。この縦走の最後の3000m峰です。
1
塩見岳のピーク。この縦走の最後の3000m峰です。
三伏峠付近より塩見岳を望む。ようやく三伏峠に帰ってきました。
長かった縦走も終わってしまえば、あっという間。三伏峠小屋で祝杯をあげ、ゆっくり就寝。翌日鳥倉登山口へ。楽しい夏が過ぎていきました。
三伏峠付近より塩見岳を望む。ようやく三伏峠に帰ってきました。
長かった縦走も終わってしまえば、あっという間。三伏峠小屋で祝杯をあげ、ゆっくり就寝。翌日鳥倉登山口へ。楽しい夏が過ぎていきました。

感想

鳥倉登山口〜三伏峠〜荒川岳〜二軒小屋〜蝙蝠岳〜塩見岳〜三伏峠〜鳥倉登山口 ぐるっと一周
「せっかくの夏休みだから、がっつり歩こう!」ということで、南アルプスの縦走を計画しました。
南アルプスのどこを行こうかと地図を見ると、鳥倉登山口を起点に荒川・蝙蝠・塩見が回れることを発見。
標高差激しく、ロングコースになりますが、とても面白そう。実際行ってみると、南アルプスらしい雄大な山容が楽しめるルートでした。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:1040人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら