ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 950953
全員に公開
沢登り
甲信越

雨の日の翌日に沢登り(小倉山:佐梨川道行沢小倉沢)(山岳会山行)

2016年08月28日(日) [日帰り]
 - 拍手
yama_pound その他12人
GPS
--:--
距離
8.9km
登り
1,094m
下り
1,090m

コースタイム

日帰り
山行
10:00
休憩
0:32
合計
10:32
6:25
20
6:45
6:45
73
道行沢入渓
7:58
8:06
396
道行沢小倉沢分岐
14:42
15:06
15
駒ヶ岳登山道尾根
15:21
15:21
96
16:57
駒の湯登山口
・GPSの設定が『記録オフ』になっていてGPSログが残ってなかったので、ルートは手書きで適当です・・・あてにしないで下さい。

・途中コース上で何回か休憩を取っているので休憩時間はもっとあります。
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
車は駒の湯登山口に駐車しました。
コース状況/
危険箇所等
・沢登りは多くの危険が伴います。
 ソロでの遡行はできるだけ避けましょう。

・小倉沢は初級らしいのですが・・・
 登れる滝が少なく高巻きばかりで、実際歩けるところの沢の状態を初級と言っているのかな?
 感想としては高巻きは難易度高いと思います。
 (必要に応じてロープ使います。)
駒の湯登山口のあるところから左へと行きます
2016年08月28日 06:30撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/28 6:30
駒の湯登山口のあるところから左へと行きます
道行沢入渓
2016年08月28日 06:45撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
4
8/28 6:45
道行沢入渓
おいしょっと!
2016年08月28日 07:17撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
8/28 7:17
おいしょっと!
どばどばー
2016年08月28日 07:18撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/28 7:18
どばどばー
水量は多かった
2016年08月28日 07:21撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
5
8/28 7:21
水量は多かった
てくてく
2016年08月28日 07:37撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3
8/28 7:37
てくてく
冷たくて気持ちいい
2016年08月28日 07:50撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/28 7:50
冷たくて気持ちいい
道行沢小倉沢分岐。
ここから右の小倉沢へ
2016年08月28日 08:06撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/28 8:06
道行沢小倉沢分岐。
ここから右の小倉沢へ
水の勢いが・・
2016年08月28日 08:10撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/28 8:10
水の勢いが・・
どばー
2016年08月28日 08:44撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
6
8/28 8:44
どばー
F2−10m3段滝を大高巻きしてしまい、この尾根を下って沢床へ。
沢床に下りるとちょうどF5−20m2段滝を登ったところに出た。
結果として右岸、左岸、右岸と3回で高巻くところを1回で高巻けたww
2016年08月28日 10:27撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
8/28 10:27
F2−10m3段滝を大高巻きしてしまい、この尾根を下って沢床へ。
沢床に下りるとちょうどF5−20m2段滝を登ったところに出た。
結果として右岸、左岸、右岸と3回で高巻くところを1回で高巻けたww
この滝はどうする?
2016年08月28日 11:04撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
8/28 11:04
この滝はどうする?
水の勢いがあるし、冷たいし、と言う理由で私を含む先行する5人は左から高巻いた。
後続8人は地元のMさんの意見でシャワークライミングで突破した。
2016年08月28日 11:08撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
7
8/28 11:08
水の勢いがあるし、冷たいし、と言う理由で私を含む先行する5人は左から高巻いた。
後続8人は地元のMさんの意見でシャワークライミングで突破した。
ばしゃばしゃ
2016年08月28日 11:09撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/28 11:09
ばしゃばしゃ
きらきら
2016年08月28日 11:09撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3
8/28 11:09
きらきら
とことこ
2016年08月28日 12:30撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/28 12:30
とことこ
サクサク登っていくIさん
2016年08月28日 13:38撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/28 13:38
サクサク登っていくIさん
最後の滝は右から巻いた
2016年08月28日 13:52撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/28 13:52
最後の滝は右から巻いた
藪漕ぎは10分もなく駒ヶ岳の登山道へ出ました
2016年08月28日 14:39撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/28 14:39
藪漕ぎは10分もなく駒ヶ岳の登山道へ出ました
小倉山山頂・・・駒の湯登山口まで標高差約1000m
2016年08月28日 15:21撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3
8/28 15:21
小倉山山頂・・・駒の湯登山口まで標高差約1000m
下山完了!!
2016年08月28日 16:57撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
5
8/28 16:57
下山完了!!

感想

今回は入会した会が所属している県連が主催した沢登り交流会に参加した。
今回の佐梨川道行沢小倉沢は前回の大荒川西小倉沢より簡単と聞いているが、どうなることやら・・・Climbing‼


ヾ響
 
・水に勢いがありました!!
 前日の雨で水量はいつもより多かったようです。
 
・水は冷たく気持ちよかったです。

・小倉沢に入るまでの道行沢は高巻くような滝はなくどんどん歩けました。
 
・小倉沢は登れる滝が少なく高巻きが今回の核心となりました!!
 F2−10m3段滝を高巻いてるときに崖が気になりトラバースするタイミングが遅れた結果大高巻きしてしまい、F2−10m3段滝〜F5−20m2段滝までを右岸、左岸、右岸の3回で高巻いて突破するところを1回の高巻きで突破しました。
 (偶然にもたまたま下った尾根筋がF5−20m2段滝の上でした。)

・写真13の滝は水が冷たく勢いがあって登りづらそうだったので私を含む先行する5人は右岸から高巻きましたが、この高巻きもなかなか厳しかったです。
 後続の8人は、この沢に登ったことのある地元のMさんの意見でシャワークライミングで突破してました。
 (ここは高巻きよりシャワークライミングのほうが簡単だったようです。)
 
・沢から駒ヶ岳登山道への薮漕ぎは10分も無く快適でした。

・小倉山から駒の湯登山口までの下りは整備された一般登山道を歩くので快適に歩けるのですが標高差約1000mは長かったです。


反省

・特にありません。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:1700人

コメント

涼しそ〜!
やっぱり沢は涼しそうですね〜
下界はあっちかったです。

今度誘って下さ〜い
2016/8/31 7:34
Re: 涼しそ〜!
masuzoさん、機会があれば是非ご一緒に!!
2016/8/31 17:10
イイ♪
涼しそうでいいですね♪
やったことないので憧れます。
2016/8/31 18:21
Re: イイ♪
水は冷たくて気持ちいいです
ただ、滝で頭から水を浴び続けると寒いですよ
2016/9/1 8:44
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら