ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 芝丸山

芝丸山(しばまるやま)

最終更新:2016-01-03 17:22 - d39
基本情報
標高 16m
場所 北緯35度39分18秒, 東経139度44分52秒
芝公園敷地内にある山で、南の中腹には芝丸山古墳が発見されていて、東南の斜面には貝塚もある。
中腹に円山随身稲荷大明神、山頂に伊能忠敬測地遺功表などが建立されている。
山頂

芝丸山の日の出・日の入り時刻

12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木) 12/16(金)
日の出 6時39分 6時40分 6時41分 6時41分 6時42分 6時43分 6時43分
日の入り 16時29分 16時29分 16時30分 16時30分 16時30分 16時30分 16時31分

芝丸山 (標高16m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
12.3
平均気温
8.4
最低気温
4.7
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.6 時間/日
降水量 1.7 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

芝丸山。 (芝公園)
次は芝丸山の古墳に上ります。
芝丸山には登頂せず、 (芝公園)

山の解説 - [出典:Wikipedia]

芝丸山古墳(しばまるやまこふん)は、東京都港区芝公園にある前方後円墳。東京都指定史跡に指定されている。
築造は5世紀中頃過ぎ(4世紀後半との説もある)とみられ、墳丘長125メートル(案内板では106メートル前後)という都内では最大級の規模である。江戸時代には後円部頂が崩され、広場になっていたとみられている。
1892年(明治25年)、3年間の欧州留学を終えた自然人類学者坪井正五郎は日本へ帰国する船上、故郷の風景を思い浮かべていると芝公園内にある丸山の高さに不自然さを感じた。翌年の1893年(明治26年)に坪井が調査をしたところ埴輪や須恵器などの遺物を発見した。しかし遺構らしいものは確認できず、発見された遺物も周囲の小型円墳由来である可能性も否定できなかった。
1979年(昭和54年)3月31日に東京都指定史跡に指定された。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「芝丸山」 に関連する記録(最新10件)

関東
  188    7 
2016年12月03日(日帰り)
未入力
  
2016年11月26日(日帰り)
奥多摩・高尾
  116     47 
2016年11月24日(2日間)
関東
  9    20 
2016年06月19日(日帰り)
関東
  232    4 
2016年05月06日(日帰り)
関東
  27    27  6 
2016年04月11日(日帰り)
関東
  52    9 
2016年02月24日(日帰り)
ページの先頭へ