ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 小金宿

小金宿(こがねしゅく)

最終更新:2014-01-25 23:08 - tabidori
基本情報
場所 北緯35度49分42秒, 東経139度55分55秒
水戸街道 小金宿
食事
常磐線 北小金駅
バス停

小金宿 (基準標高19.3m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
11.8
平均気温
6.9
最低気温
2.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 5.5 時間/日
降水量 1.5 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

小金宿
小金宿
小金宿です。
小金宿の玉屋
小金宿を抜けます。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

小金宿(こがねしゅく)は、水戸街道千住宿から3つ目の宿場町。
現在の千葉県松戸市小金にあたる。中世において小金城の近くまで迫っていた太日河河岸からの城下に向かって形成された金宿(こがねしゅく)を原点として、水戸街道の整備とともに宿場町を形成していったと考えられている。宿場は南北に約1キロ程度の範囲に広がっており、北端で屈曲して東に向きを変えている。屈曲点からは更に北に本土寺への参道が伸びており、追分の石碑が建てられている。この屈曲点には八坂神社があったが、再開発によって別の場所に移転し、跡地は商業施設となっている。
家並みは百軒余りで宿場町としての規模は大きくなかったが、幕府の軍馬牧場である小金牧の近くに位置しており、重要性は高かった。一般大名用の本陣が置かれていたほか、水戸藩は独自に本陣(日暮家)を指定していた。
江戸時代末期に建てられた旅籠「玉屋」が残っており、外観を見ることが可能(100年以上を経過して2007年現在も民家として使われている現役建築物であり、内部は公開されていない)。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「小金宿」 に関連する記録(最新10件)

日光・那須・筑波
  30    5 
2016年10月27日(日帰り)
関東
  151    5  2 
2016年04月08日(日帰り)
関東
  16    14 
2015年06月20日(日帰り)
関東
  13   
2015年05月04日(日帰り)
関東
  44     58  6 
2014年12月03日(日帰り)
関東
  74    21 
2014年10月11日(日帰り)
関東
  21  
nerima2010, その他22人
2014年04月05日(日帰り)
関東
  41    10 
2013年06月01日(日帰り)
関東
  38    8 
2013年05月18日(日帰り)
関東
  1  
2012年01月31日(日帰り)
ページの先頭へ