ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 掬星台

掬星台(きくせいだい)

最終更新:2011-11-16 19:52 - keijikeiji
基本情報
標高 690m
場所 北緯34度44分03秒, 東経135度12分22秒
『掬』は『手ですくう』の意味で、先人が満点の星空があまりにも近いので、手が届きそうだ、手ですくえそうだと言った事に由来します。

摩耶ロープウェーの『星の駅』があります。
駅構内にはレストランもあります。但し少々お値段は高めです。

広い屋根の下にベンチが数台設置され休憩スペースがあります。
自動販売機が数台設置されています。

駐車場は徒歩5分程度歩かねばなりません。
駐車場から掬星台側は進入禁止ですが、特にクルマ止めも無く、警察が頻繁に取り締まっています。
駐車場
トイレ
水場
バス停
展望ポイント

掬星台の日の出・日の入り時刻

01/25(水) 01/26(木) 01/27(金) 01/28(土) 01/29(日) 01/30(月) 01/31(火)
日の出 6時58分 6時57分 6時57分 6時56分 6時55分 6時55分 6時54分
日の入り 17時27分 17時28分 17時29分 17時30分 17時31分 17時32分 17時33分

掬星台 (標高690m)付近の気温

1月の気温(推定値)
最高気温
3.9
平均気温
0.6
最低気温
-2.8
Loading...

周辺の平年の気象状況

1月の気象
日照時間 4.2 時間/日
降水量 1.8 mm/日
最深積雪 0 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

掬星台(きくせいだい)は、兵庫県神戸市の六甲山地に属する摩耶山の山頂近くにある展望広場である。日本三大夜景の一つ。
標高700mに位置する。摩耶ロープウェーの星の駅の駅前にあり、広場の北側には摩耶自然観察園が隣接する。\"手で星を掬(すく)える\"ほどの絶景の夜景が遠くまで広がっていることからその名前の由来にもなっている。
星座が描かれた遊歩道「摩耶★きらきら小径」は天の川をモチーフにしたもので、蓄光材で舗装されているため夜間は歩道全体が青色の光で浮かび上がる。なお、この蓄光材は「マヤストーン」として、星の駅で販売されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「掬星台」 に関連する記録(最新10件)

六甲・摩耶・有馬
  22    9 
farine, その他1人
2017年01月22日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
    1 
2017年01月22日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  2   3 
2017年01月21日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  45   16 
2017年01月21日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  42    10 
2017年01月19日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  32     40  2 
katatumuri, その他18人
2017年01月18日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  23     27 
2017年01月16日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  18    12 
sachiyo-, その他2人
2017年01月15日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  39    45 
2017年01月15日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  42    57 
mighty, その他1人
2017年01月14日(日帰り)
ページの先頭へ