ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 向白神岳

向白神岳(むかいしらかみだけ)

基本情報
標高 1250m
場所 北緯40度31分33秒, 東経140度02分50秒
山頂

向白神岳の日の出・日の入り時刻

12/10(土) 12/11(日) 12/12(月) 12/13(火) 12/14(水) 12/15(木) 12/16(金)
日の出 6時45分 6時46分 6時47分 6時47分 6時48分 6時49分 6時49分
日の入り 16時21分 16時21分 16時21分 16時22分 16時22分 16時22分 16時22分

向白神岳 (標高1250m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-2.5
平均気温
-4.4
最低気温
-7
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 1.4 時間/日
降水量 5.4 mm/日
最深積雪 101 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

向白神岳
向白神岳
向白神岳
向白神岳
向白神岳

山の解説 - [出典:Wikipedia]

向白神岳(むかいしらかみだけ)は、青森県西津軽郡深浦町にある山で、標高は1,250m。白神山地の最高峰。山頂に至る登山道は整備されておらず、ヤブ漕ぎなどを強いられるため、登頂することはかなり困難である。白神岳山頂にある避難小屋の記録では、白神岳から行きで5時間、帰りが12時間もかかったとする記録もある。比較的楽に登頂するには残雪期をねらうのが良いが、雪崩の危険性もあり、高度な登山技術を必要とする。
右の写真で、向白神岳の三角点(1,243メートル)がある場所は写真中央やや左のピークである。実際の最高点(1,250メートル)は、三角点の左にあるやや高く見えるピークの連なりの左にある。
写真右のピークは静御殿という岩嶺で、ここは高山植物の宝庫となっている。
1965年には、この山で国体登山競技青森県予選が開かれたことがある。そのときは、白神ラインの一ッ森峠から太夫峰、向白神岳、白神岳と登山道が造られた。白神山地が世界遺産に登録後は、この山に登山道を造る予定はないという。ただ、現在は大丈峰までは登山道が整備されており、向白神岳までの登山道がつくられることを期待する人もいる。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「向白神岳」 に関連する記録(最新10件)

白神山地・岩木山
  162    29  3 
2015年04月19日(日帰り)
白神山地・岩木山
  67     35  2 
2014年05月19日(日帰り)
白神山地・岩木山
  66     26  2 
2014年04月26日(2日間)
白神山地・岩木山
  46     52 
2014年04月01日(2日間)
東北
  25    24 
sylvia, その他1人
2012年04月29日(2日間)
白神山地・岩木山
  30     49  8 
hayakawa, その他4人
2012年03月01日(3日間)
白神山地・岩木山
  8  
2009年04月12日(日帰り)
白神山地・岩木山
  14   8 
citrus, その他1人
2006年03月27日(2日間)
白神山地・岩木山
  
sawaya, その他2人
2005年04月30日(2日間)
十和田湖・八甲田
  
naritagajo, その他3人
1997年04月18日(3日間)
ページの先頭へ