ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 雁森岳

雁森岳(がんもりだけ)

最終更新:2012-03-19 23:34 - yoneyama
基本情報
標高 986.7m
場所 北緯40度26分07秒, 東経140度09分11秒
山頂

雁森岳の日の出・日の入り時刻

12/04(日) 12/05(月) 12/06(火) 12/07(水) 12/08(木) 12/09(金) 12/10(土)
日の出 6時40分 6時41分 6時42分 6時43分 6時43分 6時44分 6時45分
日の入り 16時20分 16時20分 16時20分 16時20分 16時20分 16時20分 16時20分

雁森岳 (標高986.7m)付近の気温

12月の気温(推定値)
最高気温
-1.3
平均気温
-3.6
最低気温
-7.1
Loading...

周辺の平年の気象状況

12月の気象
日照時間 1 時間/日
降水量 5.3 mm/日
最深積雪 79 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

雁森岳山頂
雁森岳山頂より摩須賀岳
雁森岳西のポコより雁森岳
雁森岳西のポコより青鹿岳西面
雁森岳山頂よりゆくて三町境峰

山の解説 - [出典:Wikipedia]

雁森岳(がんもりだけ)は、青森県西津軽郡西目屋村と秋田県山本郡藤里町との境にある山である。標高は986.7m。岩木川はこの雁森岳から源を発している。雁森岳は白神山地世界遺産地域のコアゾーンになっており、基本的に入山はできない。
雁森岳は青森県側では「トッチャカの森」あるいは「トッチャカ岳」と呼ばれていた。これは突き出た坂のある山という意味で、雁森岳の山頂部は青森県側も秋田県側も切り立った崖になっている。稜線は1メートル程度の幅しかないうえに、岩肌も露出している。1753年の「津軽領内山沢図」には「トツカラ嶽」と記されている。国土地理院はこの山に置いた三角点に「突坂」と刻んでいる。
ところが、1969年(昭和44年)の五万分の一の地図にはこの山は「雁森岳(泊岳)」と記されていた。「泊岳」というのは、二ッ森の青森県側呼称であり、何らかの混乱があったと思われる。
1974年(昭和49年)以降の地図にはこの山の呼称は削除され、標高のみが記載されている。なお、1929年(昭和4年)の『日本地理風俗大系』には、岩木川の源流は「泊嶽連山」と書かれている。泊岳(二ッ森)からは岩木川はながれていないので、この認識が誤認の原因なのかも知れない。
雁森岳を泊岳とする誤認以外にも、雁森岳とトッチャカの森の位置がずれて記されているなどの混乱も見られる。
雁森岳の山頂に近いカチミズ沢の大滝周辺は、マタギに「津軽の箱」と呼ばれている。切り立った崖に囲まれて、箱の中に閉じこめられているような感覚を呼び起こされる。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「雁森岳」 に関連する記録(最新10件)

白神山地・岩木山
  58     66 
yoneyamakanno2007, その他1人
2012年03月16日(4日間)
白神山地・岩木山
  2    1 
naritagajo, その他3人
1994年04月29日(5日間)
ページの先頭へ