ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1000581 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

津志嶽→黒笠山ピストンのハズが......

日程 2016年11月06日(日) [日帰り]
メンバー 10shinranman
天候くもりガス霧雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間32分
休憩
1時間24分
合計
6時間56分
S久藪阿弥陀堂06:5207:02津志嶽 登山口07:19石鉄神社07:2107:47丸太で休憩08:0208:13秋葉山JCT08:23津子嶽神社08:2408:40石鉄山奥の院JCT08:45石鉄山奥の院08:4908:55石鉄山奥の院JCT09:0509:17津志嶽シャクナゲ郷土の森09:2009:41阿南幹線6号ヘリポート用地10:10津志嶽10:281410付近10:4210:59津志嶽11:19阿南幹線6号ヘリポート用地11:40津志嶽シャクナゲ郷土の森11:4511:56石鉄山奥の院JCT12:12津子嶽神社12:1312:19秋葉山JCT12:29丸太で休憩12:5513:15石鉄神社13:1813:35津志嶽登山口13:48久藪阿弥陀堂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

撮影機材:

感想/記録

今回は前から気になっていた津志嶽方面から黒笠山を攻めたかった。

しかし、痛恨の寝坊 (゜▽゜;)

山行当日に寝坊するのはめったにない。

寝坊したときはハナからイマイチ乗り気じゃないときだ。

1時間遅れでやる気なくしかけるが、久藪は近いのでなんとかなる。

だが黒笠山までは微妙だな。

まあ行けるとこまで行って引き返したらいいか。

久藪までは1時間10分ほどだった。

阿弥陀堂から登山口に歩いていると、地元のおじさんに声をかけられる。

そうゆうのがほのぼのしていい感じ。

最初はお約束の植林帯。
しかも急登り。

今日はくもり予報なのでせっかくの津志嶽の自然林の紅葉が残念だけど仕方ない。

途中15分ほど休んでまた登る。

津志嶽は眺望がないけど、石鉄神社の奥の院に行けばいい眺めがあるみたい。

なので行ってみた。

本当ならタロジロとか見られるみたいだけど、生憎のガスで下の方しか見えない。

鉄塔のところでまさかの折り返し登山者に出会う。

そう言えば自分が支度していたときに通った車が登山口にあった。

津志嶽まで1時間半だったとおっしゃる。

とんでもないスピードだ。

こちとら15kg背負ってヒーヒーだ。

でも不思議なものでオスプレイのケストレルからエクソスに変えたら、これがとんでもなくいい背負いごごちなのだ。

まるで背負ってないかと思うぐらい。

進むにつれてガスがひどくなる。

なんだか黒笠山なんかどうでもよくなってきて、ゆっくりゆっくり写真撮りながら歩いていると、津志嶽まで3時間15分もかかってしまった。

とりあえず黒笠山方面に進んでみることに。

赤テープも所々にあった。

しまいにら霧雨まで降り出してとうとう行く気が失せてしまった。

立ち止まって思案していると、下の方にとてつもなくデカいブナがあった。

そのオーラに吸い寄せられて見入ってしまった。

帰りもゆっくりゆっくり写真を撮りながら歩く。

しかしこのルート、やけに赤テープが多い。
こんなに多いとルートファインディングする楽しみもあったもんじゃない。

そんなに赤テープ頼りにしないと歩けないなら、もっと簡単な山に行けばいい。

あまりにありすぎて写真に映ると台無しになる。

津志嶽はシャクナゲの時期だけのものだと思っていた。

急登りで眺望ない山なんか面白くない。

でも最近になってこの山が自然林豊かな山だとわかって行ってみた。

行ってよかった。

とても素晴らしいお山でした。

さあ雪が積もるまでに黒笠山まで行きたいな。
訪問者数:101人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ