ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1002131 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

冬のはじめの安達太良山を横断(中の沢温泉→奥岳登山口)

日程 2016年11月06日(日) [日帰り]
メンバー taamako
天候くもり のち 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】
五色沼入口BS 7:50→8:06 猪苗代高校前BS 8:19→8:45 中の沢温泉BS
【復路】
奥岳(安達太良高原スキー場)BS 14:40→15:00 岳温泉BS 15:37→16:01 二本松駅前BS
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
1時間4分
合計
5時間47分
Sスタート地点08:5009:54沼尻登山口10:0110:07白糸の滝展望台10:0910:30胎内コース分岐10:3211:50船明神山11:5111:54石筵分岐12:06沼尻分岐12:0812:19安達太良山12:3512:41沼尻分岐12:4212:55峰の辻12:5713:12くろがね小屋13:4213:52塩沢分岐13:53金明水13:56勢至平分岐14:21あだたら渓谷奥岳自然遊歩道14:34奥岳登山口14:3514:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【沼尻登山口→山頂】
火口淵の崖部分でもロープなどがない部分がありました。濃霧時や雪庇が発達した時(しないのかな?)は滑落しないように注意。
【山頂→くろがね小屋→奥岳登山口】
危険箇所なし。
その他周辺情報岳温泉バス停の前にある「成駒」でソースカツ丼(ヒレ)を頂きました。
バスのトランジット間に利用できます。

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ テント テントマット 必需品の缶ビールとポケットウィスキー
備考 奥岳登山口から二本松駅へのバス時刻表を調べておらず、後半はトレランになっちゃいました・・・

写真

裏磐梯・五色沼からバスを乗り継ぎ中の沢温泉へ
8:50 安達太良山に向かって出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏磐梯・五色沼からバスを乗り継ぎ中の沢温泉へ
8:50 安達太良山に向かって出発
4
温泉街を抜け、紅葉の美しい森を歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉街を抜け、紅葉の美しい森を歩きます
2
金色のカラマツが美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金色のカラマツが美しい
2
お!? ボナリ高原GCの看板が
紅葉の時期によくGDで特集される名門コースですね
登山+温泉+ゴルフ ありですね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お!? ボナリ高原GCの看板が
紅葉の時期によくGDで特集される名門コースですね
登山+温泉+ゴルフ ありですね!
3
沼尻温泉付近は紅葉の盛りでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼尻温泉付近は紅葉の盛りでした
6
沼尻温泉を抜けるとスキー場のゲレンデを歩きます
昨日の磐梯山表登山口と同じパターンです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼尻温泉を抜けるとスキー場のゲレンデを歩きます
昨日の磐梯山表登山口と同じパターンです
3
スキー場脇の林にニホンカモシカが!!
初めて目にしました!
あと登山中に出会いたい動物は…ツキノワグマくらいかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場脇の林にニホンカモシカが!!
初めて目にしました!
あと登山中に出会いたい動物は…ツキノワグマくらいかな
5
緩やかに高度を上げていきます
吾妻連峰が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに高度を上げていきます
吾妻連峰が見えてきました
2
10:01 沼尻登山口に到着です
ここまでは車輌を入れることができるので、自家用車の方はこちらが登山のスタートとなります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:01 沼尻登山口に到着です
ここまでは車輌を入れることができるので、自家用車の方はこちらが登山のスタートとなります
1
すぐに展望台に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに展望台に到着
2
紅葉に囲まれた白糸の滝が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉に囲まれた白糸の滝が見えました
3
曇り空のため安達太良山山頂は見えません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇り空のため安達太良山山頂は見えません
1
標高1,300m付近
風が冷たく、冬の始まりを肌で感じます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1,300m付近
風が冷たく、冬の始まりを肌で感じます
3
湧き出した温泉が川となって流れています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧き出した温泉が川となって流れています
2
湯の花を採取する小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の花を採取する小屋
2
穏やかなイメージだった安達太良山ですが、西側は険しい地形が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穏やかなイメージだった安達太良山ですが、西側は険しい地形が続きます
2
沼尻からの登山路は歩く人が少ないようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼尻からの登山路は歩く人が少ないようです
2
標高1,600mを超えると強風とガスに包まれました
寒い、、、ハードシェルと手袋を装着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1,600mを超えると強風とガスに包まれました
寒い、、、ハードシェルと手袋を装着
2
霧氷も出てきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷も出てきました
1
船明神山
溶岩ドームの跡でしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船明神山
溶岩ドームの跡でしょうか
2
小さな池があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな池があります
3
岩場もあります
落ち着いて通過すれば問題なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場もあります
落ち着いて通過すれば問題なし
1
11:51 船明神山を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:51 船明神山を通過
1
プチナイフリッジ?
安心して通過できますよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プチナイフリッジ?
安心して通過できますよ
4
11:54 石鎚分岐を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:54 石鎚分岐を通過
1
カルデラの淵を歩きます
ここが一番風が強かったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カルデラの淵を歩きます
ここが一番風が強かったです
4
ガスが徐々に晴れ、沼ノ平が見えてきました
赤茶色が印象的なカルデラです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが徐々に晴れ、沼ノ平が見えてきました
赤茶色が印象的なカルデラです
3
青空も広がってきました
智恵子のいふほんとの空です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空も広がってきました
智恵子のいふほんとの空です
4
12:08 沼尻分岐を通過
安達太良山山頂まであと少し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:08 沼尻分岐を通過
安達太良山山頂まであと少し
1
やっと乳首を目にすることができました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと乳首を目にすることができました
2
ガスの向こうに二本松の町並みが見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの向こうに二本松の町並みが見えます
1
12:17 安達太良山山頂に到着です
乳首を上ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:17 安達太良山山頂に到着です
乳首を上ります
5
乳首を登るルートは幾つかあります
一番安全そうな梯子を使ったルートを選択
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乳首を登るルートは幾つかあります
一番安全そうな梯子を使ったルートを選択
3
標高1,700m 安達太良山乳首登頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1,700m 安達太良山乳首登頂
9
くろがね小屋を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋を目指します
1
またいつか訪れたいな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またいつか訪れたいな
3
当日歩いた登山路はどこも歩きやすかったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当日歩いた登山路はどこも歩きやすかったです
1
13:12 くろがね小屋に到着
多くの登山者で賑わっています
受付でバスの時刻を確認すると14:40だと判明
コースタイムは1時間30分…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:12 くろがね小屋に到着
多くの登山者で賑わっています
受付でバスの時刻を確認すると14:40だと判明
コースタイムは1時間30分…
4
一瞬迷いましたが、ここまで来てくろがね小屋の温泉に入らないのは愚行
間に合わなければタクシーがある
いやー、白乳色の良い温泉でした♨
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬迷いましたが、ここまで来てくろがね小屋の温泉に入らないのは愚行
間に合わなければタクシーがある
いやー、白乳色の良い温泉でした♨
7
13:42 くろかね小屋を出発
テント装備が重いですがダッシュ
13:52 塩沢分岐を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:42 くろかね小屋を出発
テント装備が重いですがダッシュ
13:52 塩沢分岐を通過
1
くろがね小屋と奥岳登山口間の登山路は林道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋と奥岳登山口間の登山路は林道です
1
13:56 勢至平を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:56 勢至平を通過
3
林道と旧道の分岐
ショートカットのため旧道を選択
この先何度か合流分岐を繰り返します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道と旧道の分岐
ショートカットのため旧道を選択
この先何度か合流分岐を繰り返します
1
標高1,000mあたりは紅葉の盛り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1,000mあたりは紅葉の盛り
4
14:21 あだたら渓谷自然遊歩道の入口です
バスの出発まであと19分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:21 あだたら渓谷自然遊歩道の入口です
バスの出発まであと19分
1
林道を進もうと思いましたが、せっかくなので遊歩道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を進もうと思いましたが、せっかくなので遊歩道へ
2
見事な玄武岩です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事な玄武岩です
3
渓の流れに散り浮く紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓の流れに散り浮く紅葉
2
遊歩道はアップダウンが激しかったです…
14:35 奥岳登山口に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道はアップダウンが激しかったです…
14:35 奥岳登山口に到着
2
あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。
ー光太郎ー   絶唱です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。
ー光太郎ー   絶唱です
3
14:37 バス停に到着
岳温泉行きの最終バスの出発3分前、何とか間に合いました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:37 バス停に到着
岳温泉行きの最終バスの出発3分前、何とか間に合いました
3
岳温泉で二本松駅行きのバスに乗り換えます
待ち時間にバス停の前の「成駒」という食堂に寄りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳温泉で二本松駅行きのバスに乗り換えます
待ち時間にバス停の前の「成駒」という食堂に寄りました
2
名物ソースカツ丼(ヒレ)とビールで2日間の山行の無事を祝いました
ボリューミーで美味でした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物ソースカツ丼(ヒレ)とビールで2日間の山行の無事を祝いました
ボリューミーで美味でした!
7
二本松駅からはタクシーに乗り、どうしても行きたかった「智恵子の杜公園」へ移動
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本松駅からはタクシーに乗り、どうしても行きたかった「智恵子の杜公園」へ移動
2
あれが阿多多羅山…
遠くに夕日が沈んでいく安達太良山を望みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが阿多多羅山…
遠くに夕日が沈んでいく安達太良山を望みます
5
あの光るのが阿武隈川…
げ、げ!? 東北新幹線の橋脚で川面が半分見えなくなっている…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの光るのが阿武隈川…
げ、げ!? 東北新幹線の橋脚で川面が半分見えなくなっている…
4
長年訪れたいと思っていた「樹下の二人」の舞台
冬のはじめの物寂しいパノラマを見ることができ、清清しい気持ちになれました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長年訪れたいと思っていた「樹下の二人」の舞台
冬のはじめの物寂しいパノラマを見ることができ、清清しい気持ちになれました
6
智恵子の生家までは遊歩道が整備されています
安達の町を抜け安達駅まで散策
電車と新幹線を乗り継ぎ東京へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
智恵子の生家までは遊歩道が整備されています
安達の町を抜け安達駅まで散策
電車と新幹線を乗り継ぎ東京へ
7

感想/記録

 福島遠征2日目。東北地方の山で1番気になっていた安達太良山に行ってきました。
今回は沼平登山口からアタックしましたが、こちらの登山道を利用する人は少ないようです。頂上付近には多くの登山者はいましたが、多くはゴンドラを使ってピストンするコースを利用しているようでした。

 紅葉真っ盛り。登山口周辺ではダイナミックな紅葉を楽しむことができました。残念ながら当日の天気は曇りで、安達太良山の上に出ている青い空を見ることはできませんでした。またいつか訪れたいと思います。
訪問者数:203人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ