ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1004770 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 東沢 奥ノ白悪沢〜東沢ノ尾根

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー kamog(CL)
天候秋晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西丹沢自然教室
・自然教室前の駐車場は流石に満車だったけど、東側スペースはまだ空いていた。
・登山計画書は自然教室に提出。下山後コーヒーご馳走になる。いつもありがとうございます!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

西丹沢自然教室9:38−
10:43奥ノ白悪沢出合10:55−
奥ノ白悪沢−
13:03東沢ノ尾根1120mコル−
14:20西丹沢自然教室
コース状況/
危険箇所等
●東沢林道に流れ込む沢名は資料により異なる。
 守屋さんの登山詳細図によれば「沖ノ白悪沢」。
 「玄倉川及び中川川水源概念圖」によれば「白悪沢」。
 「西丹沢頂稜河川土地名称図」によれば「奥ノ白悪沢」。
 現場の堰堤プレートは「仲ノ白ワル沢」とある。
 今回は松田警察署相田救助隊長調整の「奥ノ白悪沢」としました。
 いつもながら沢名の採択には難儀しますね。

 <概要>東沢林道が横断する橋からすぐの表面が丸太の2つの堰堤(2つ目は
     左右に赤手摺りがある)を越し、名前通りの白ガレ登ると、895m二俣。
     左俣に進むと4段15×30m階段状ナメ(教+で最後は2m滝)。
     920m二俣の右沢にはこの沢で一番立っている一条7m滝。左右どちらを
     巻くか迷ったが今回は左沢のガレを20m登って、界尾根上の壁基部バンド
     をトラバース後、ロープスケール18mの懸垂下降で沢に戻る。
     再び白ガレ登って960m二俣は右へ。
     少し遡れば再び階段状ナメとなる。水はチョロチョロ程度で途中1010m
     二俣状となる。左に行くと7m滝(卦蕁砲任海粒段状ナメはラスト。
     何だかんだでこの7mを含んで40×80mといったところ。
     この上も二俣状で右沢は右岸にスラブ壁を持つ白ガレになっている。
     見た目面白くはなさそうなので2m涸れ棚(右から巻く)を持つ左沢へ。
     すると20×30m涸れ棚で一番上だけ卦蕁櫂譽戰襪如∈埜紊瞭麕鷯も
     北西の左に取れば東沢ノ尾根1125m小ピークの東側コルに出て終了。
     遡行グレード:1級上〜2級下

     あとは大コウゲと小コウゲ間の東沢丸から始まる東沢ノ尾根を読図下降し
     東沢林道の切通しを乗越してしばらくでツツジ新道に合流する。
     (東沢ノ尾根は要読図のバリエーション尾根です)

写真

紅葉晴れ♪
2016年11月12日 09:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉晴れ♪
1
一旦つつじ新道を登る
2016年11月12日 09:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦つつじ新道を登る
つつじ新道が南から東に向きを変えるコルで登山道を離れ東沢ノ尾根(左)へ
2016年11月12日 09:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つつじ新道が南から東に向きを変えるコルで登山道を離れ東沢ノ尾根(左)へ
東沢ノ尾根を登る
2016年11月12日 10:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢ノ尾根を登る
1
右手を下りれば東沢林道に出る
2016年11月12日 10:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手を下りれば東沢林道に出る
東沢林道を行く
正面の食い込みは本棚沢、カル沢など
2016年11月12日 10:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢林道を行く
正面の食い込みは本棚沢、カル沢など
1
ここは白悪沢
2016年11月12日 10:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは白悪沢
さらに東進すれば奥ノ白悪沢
2016年11月12日 10:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに東進すれば奥ノ白悪沢
1
木材で覆われた堰堤が2つ見える
2016年11月12日 10:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木材で覆われた堰堤が2つ見える
1
左から入る支沢
2016年11月12日 10:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から入る支沢
1
2番目の堰堤
2016年11月12日 10:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2番目の堰堤
1
堰堤のプレートには仲ノ白悪沢と書かれていた
2016年11月12日 10:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤のプレートには仲ノ白悪沢と書かれていた
1
堰堤には手摺りがあった
2016年11月12日 11:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤には手摺りがあった
1
名前の通りの白ガレだぁ
2016年11月12日 11:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前の通りの白ガレだぁ
1
ナメ滝が出てきた
斜度も寝ているので快適に直登
2016年11月12日 11:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ滝が出てきた
斜度も寝ているので快適に直登
1
今年の紅葉は9月の日照時間があまりなかったためかイマイチ
2016年11月12日 11:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年の紅葉は9月の日照時間があまりなかったためかイマイチ
2
滝らしい滝が出てきた。7m滝。
ここは写真よりも立っていたので左側のガレ沢を登って壁をトラバース。ややバランシーだった。
2016年11月12日 11:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝らしい滝が出てきた。7m滝。
ここは写真よりも立っていたので左側のガレ沢を登って壁をトラバース。ややバランシーだった。
2
左のガレ沢登る
2016年11月12日 11:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左のガレ沢登る
壁基部をトラバース
2016年11月12日 11:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁基部をトラバース
トラバース中
2016年11月12日 11:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース中
あ〜ちょっとクライムダウンはできそうもない
2016年11月12日 11:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ〜ちょっとクライムダウンはできそうもない
1
しっかりした木を見極めロープスケール18mの懸垂下降
2016年11月12日 11:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりした木を見極めロープスケール18mの懸垂下降
1
涸棚登って
2016年11月12日 12:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸棚登って
東沢ノ尾根までもう少し
2016年11月12日 12:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢ノ尾根までもう少し
尾根に出ると対岸に大室山(大群山)
2016年11月12日 13:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ると対岸に大室山(大群山)
3
東沢ノ尾根を下る
2016年11月12日 13:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢ノ尾根を下る
2
P1125手前の岩が累積したところ
2016年11月12日 13:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1125手前の岩が累積したところ
2
開けた1095mで南西尾根へ
2016年11月12日 13:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた1095mで南西尾根へ
1
秋晴れやわ
2016年11月12日 13:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋晴れやわ
2
1055mで南へ
1095と1055にはピンクテープがぶら下がっている
テープはこのくらいでよい
2016年11月12日 13:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1055mで南へ
1095と1055にはピンクテープがぶら下がっている
テープはこのくらいでよい
1
980mくらいで左が植林帯になる
2016年11月12日 13:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
980mくらいで左が植林帯になる
1
植生保護柵の右側をひたすら下る
2016年11月12日 13:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植生保護柵の右側をひたすら下る
1
下に東沢林道が尾根を切り通しているコルが見える
2016年11月12日 13:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に東沢林道が尾根を切り通しているコルが見える
1
林道に下る箇所は末端の南側にあるが崩れ気味
2016年11月12日 13:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に下る箇所は末端の南側にあるが崩れ気味
1
切通しに出た
2016年11月12日 13:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切通しに出た
1
再び対岸の尾根855に登り返して南西方向に下っていけばツツジ新道に合流する
2016年11月12日 14:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び対岸の尾根855に登り返して南西方向に下っていけばツツジ新道に合流する
1
つつじ新道登山口
2016年11月12日 14:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つつじ新道登山口
1
毎年この木は良い色を出すね
2016年11月12日 14:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎年この木は良い色を出すね
2
コーヒーごちそうさま〜
2016年11月12日 14:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コーヒーごちそうさま〜
2
撮影機材:

感想/記録
by kamog

丹沢の目ぼしい沢はあらかた登り尽くしたかなぁ〜
おっと東沢の北面が残ってた。
白悪沢は短い・・・ちょっとだけ面白そうな奥ノ白悪沢はどうかな?
名前の通り白いガレの沢。
遡行者などdobunezumiさん以外ほとんど知らない。
でもそんなマイナーなのがいいんだよね。
誰もが遡行したがるメジャー沢は何というか食指が動かされない。
短いけれど階段状のナメ滝(といっても水はほとんどないけど)や
直登許してくれない滝が出てきたので自分にとっては充分満足な遡行ができた。

下山したらいつもコーヒーをご馳走してくれる西丹沢自然教室。
クマちゃん談義に花が咲く。
そういえば今年はまだクマちゃんに会っていない。
昨年は2回も会ったのに寂しいな。
訪問者数:137人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ