ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1005799 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

藤原岳 孫太尾根下山

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー kgoro
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
登山口 三岐鉄道西藤原駅
下山口 いなべ市福祉バス 新町上バス停→三岐鉄道三岐線伊勢治田駅→三岐鉄道北勢線阿下喜駅 ※日曜日運休
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間43分
休憩
1時間34分
合計
7時間17分
S西藤原駅08:4009:02聖宝寺(裏道登山道)入口09:34藤原岳裏登山道三合目09:3709:58藤原岳裏登山道六合目10:17藤原岳八合目10:2110:51藤原山荘11:15天狗岩11:2211:41藤原山荘11:56藤原岳13:0513:55孫太尾根分岐14:0014:30草木への看板15:02丸山15:0815:43神武社殿跡15:47車道出合15:57宮之段バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
孫太尾根 崩落あり 歩行注意
その他周辺情報阿下喜温泉あじさいの里

写真

1合目の看板は見当たらなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1合目の看板は見当たらなかった
6合目は広い平地で休憩に適している
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目は広い平地で休憩に適している
天狗岩山頂より藤原岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩山頂より藤原岳
天狗岳山頂 展望良好
酸素運分岐から多少距離が有ることもあり、人は少ない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳山頂 展望良好
酸素運分岐から多少距離が有ることもあり、人は少ない
山頂 好天候+週末 常に20名位の人
左 治田峠80分 となっているが、道は左ではなく後にある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂 好天候+週末 常に20名位の人
左 治田峠80分 となっているが、道は左ではなく後にある
孫太尾根への道入口には道標はない。藤原山荘への道の右側、南東に延びる尾根伝いに歩く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫太尾根への道入口には道標はない。藤原山荘への道の右側、南東に延びる尾根伝いに歩く
しばらく歩くと踏み跡発見。岩石帯なので、このような場所を除き、ルートは不明瞭。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと踏み跡発見。岩石帯なので、このような場所を除き、ルートは不明瞭。
孫太尾根分岐までは、ルート上にこの看板が有り、現在位置が分かるようになっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫太尾根分岐までは、ルート上にこの看板が有り、現在位置が分かるようになっている。
岩石帯を過ぎると、樹林帯の急斜面を下る。落ち葉が大量に積もっており、どこがルートなのか全く分からない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩石帯を過ぎると、樹林帯の急斜面を下る。落ち葉が大量に積もっており、どこがルートなのか全く分からない
孫太尾根分岐までは、大量の赤テープがある。踏み跡はほとんど分からないが、正規ルートの方向であれば、視界内に必ず赤テープがあるので、それを頼りに進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫太尾根分岐までは、大量の赤テープがある。踏み跡はほとんど分からないが、正規ルートの方向であれば、視界内に必ず赤テープがあるので、それを頼りに進む
孫太尾根分岐にある看板
看板には孫太尾根の字はないが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫太尾根分岐にある看板
看板には孫太尾根の字はないが
看板の支柱に記載されている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板の支柱に記載されている
1
孫太尾根への道を少し進んだ所から孫太尾根分岐を望む。
道は分かりにくいが、965mのピークを右から巻くように進む
写真左側に下りていく踏み跡もあるが、そちらに行ってはいけない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫太尾根への道を少し進んだ所から孫太尾根分岐を望む。
道は分かりにくいが、965mのピークを右から巻くように進む
写真左側に下りていく踏み跡もあるが、そちらに行ってはいけない。
1
965mピークを巻く道の途中に崩落あり。真ん中に見える踏み跡が崩落後の登山道になっているようだが、足元は崩れやすく歩きにくい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
965mピークを巻く道の途中に崩落あり。真ん中に見える踏み跡が崩落後の登山道になっているようだが、足元は崩れやすく歩きにくい
1
崩落を渡りきった所からの崩落現場。崩落のせいでルートが変わってしまったせいか、この辺の踏み跡は特に不明瞭。下に下らず巻いていけば、程なく尾根に出て、明瞭な登山道となる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落を渡りきった所からの崩落現場。崩落のせいでルートが変わってしまったせいか、この辺の踏み跡は特に不明瞭。下に下らず巻いていけば、程なく尾根に出て、明瞭な登山道となる。
1
孫太尾根の尾根道。落ち葉は激減し、歩きやすい道が続く。踏み跡ははっきりしているところ不明瞭なところがある。孫太尾根に入ると赤テープの数が激減する。とにかく尾根を外さないように歩けば、踏み跡を外したとしても、いずれ踏み跡に戻れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫太尾根の尾根道。落ち葉は激減し、歩きやすい道が続く。踏み跡ははっきりしているところ不明瞭なところがある。孫太尾根に入ると赤テープの数が激減する。とにかく尾根を外さないように歩けば、踏み跡を外したとしても、いずれ踏み跡に戻れる。
1
草木への看板。820m位の小ピークの手前にあったが、草木がどこをさしているのかは分からなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草木への看板。820m位の小ピークの手前にあったが、草木がどこをさしているのかは分からなかった。
丸山
ここを超えたあたりから、どこが尾根なのかはっきりしなくなってくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山
ここを超えたあたりから、どこが尾根なのかはっきりしなくなってくる
1
丸山を少し下ったところ。まっすぐ下るのではなく右方向にいかなければいけない。まっすぐ行かないように、丁寧にワイヤーが張ってある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山を少し下ったところ。まっすぐ下るのではなく右方向にいかなければいけない。まっすぐ行かないように、丁寧にワイヤーが張ってある。
1
相変わらず分かりにくい道。赤テープと木の赤ペンキを頼りに進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず分かりにくい道。赤テープと木の赤ペンキを頼りに進む
少し下ると針葉樹林帯となり、手入れのために人がはいっているようだ。よく踏まれた道が現れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ると針葉樹林帯となり、手入れのために人がはいっているようだ。よく踏まれた道が現れる
しかし少し歩くとやはり不明瞭。赤テープorペンキが見当たらなくなったら、道を外したと考え、戻ったほうが良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし少し歩くとやはり不明瞭。赤テープorペンキが見当たらなくなったら、道を外したと考え、戻ったほうが良い。
この石碑を通過したら、もう数分で車道に出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この石碑を通過したら、もう数分で車道に出る。
1
エアリアに従い、初めの道を右折した結果、宮の段のバス停にたどり着いた。下山口からまっすぐ下れば、新町上のバス停に出るので右折不要
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エアリアに従い、初めの道を右折した結果、宮の段のバス停にたどり着いた。下山口からまっすぐ下れば、新町上のバス停に出るので右折不要

感想/記録
by kgoro

人気の藤原岳ですが、人の少ない山行にしたいと、裏登山道から上り、孫太尾根を下るコースに。

西藤原駅から左方向に直進をする。途中「藤原岳登山口左折」の大きい看板があるが、聖寶寺から登るなら無視して直進。聖寶寺境内の階段を登り、登山道に入る。快晴の週末であったが、裏登山道で出会った登山者は5名程度。8号目からは登山者は急増する。

山荘から天狗岩は往復で43分と意外と距離があるが、気持ちの良い草原歩きが出来る。天狗岩からは藤原岳が綺麗に望めるので、足を伸ばす価値はある。

山頂には孫太尾根方面の下山道を示した道標は、そっぽの方向を示している山頂の碑以外にない。南東側の尾根伝いに歩いていけばOK。

山頂〜孫太尾根分岐までの間は赤テープが多数あり、それが頼り。山頂付近の岩石帯はルート不明瞭。分岐〜岩石帯までの急斜面は落ち葉が多すぎて、踏み跡はほとんど分からない。
急斜面で1名登山者と出会う。孫太尾根への下山で出会ったのはこの方一人だった。

孫太尾根分岐から965mピークを巻くようにしばらく進んだところで、斜面崩落がある。崩落の中に踏み跡はあるが、足場は崩れやすく、注意が必要。初心者には向かない。

孫太尾根にはいると落ち葉は激減。踏み跡も場所によってはしっかりしており、気持ちの良い尾根歩き。とはいえ、踏み跡が不明瞭な場所も多数、赤テープの数も多くない。ただ、斜面を下っていったりせず、南東方向に伸びる尾根伝いにちゃんと歩けば、踏み跡を外しても問題ない。

エアリアで茶色線で記載されている、丸山手前の道について、道導はないが、左側の道が枝でバリケードされていた為、この状態が継続されている限りであれば迷い込む心配はない。左に巻く道でなく、小ピーク(丸山)に登る道を選択すればよい。

丸山から先は、尾根線が不明瞭になる。ただ、針葉樹林帯となり、管理の人が入るためか、赤テープや木の赤ペンキも多くなるので、それを頼りに進めば大丈夫。

車道に出てから、私はエアリアに従い右折してしまい少し迷い、宮の段バス停に行ってしまったが、右折は不要で、直進をするのが正解。そうすれば程なく新町上のバス停に着く。(下山口からの道ではなく、右側から入ってくる道路上にバス停があるので、右側を見ながら歩く必要あり)

そのままバスで阿下喜駅、阿下喜温泉に行くことが可能。
阿下喜温泉は500円と安く、掛け流しで良い湯である。
阿下喜温泉から阿下喜駅までは徒歩3分程度。

なお、バスは日曜日運休なので注意のこと。

孫太尾根はルート不明瞭の為、通過に時間が掛かるので、時間的に余裕を持った計画にする必要あり。また、初心者の入山は危険と考えます。

歩行時間(休憩含まず)
登り(駅〜天狗岩〜藤原岳)3時間2分
下り(藤原岳〜バス停)2時間41分


訪問者数:162人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ