ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1007604 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

光岳 鶏小屋尾根から 茶臼岳 ☆雪と紅葉を楽しむ☆

日程 2016年11月12日(土) 〜 2016年11月13日(日)
メンバー yari-tsurugi
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
畑薙第1ダム奥のゲート前に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間48分
休憩
2時間7分
合計
12時間55分
Sスタート地点06:0006:03畑薙ダムゲート前06:0506:35畑薙大吊橋06:4507:401400m07:5009:00畑薙山09:1010:102100m10:2011:202300m11:3012:302500m12:4013:35茶臼岳13:5014:30希望峰14:4015:50易老岳16:1017:10休憩17:2018:10休憩218:2018:55県営光岳小屋
2日目
山行
9時間15分
休憩
2時間5分
合計
11時間20分
県営光岳小屋05:4005:55光岳06:0006:10県営光岳小屋06:2006:50イザルヶ岳06:5507:55休憩308:0508:40易老岳08:5010:30希望峰10:4011:40茶臼岳11:5012:00茶臼小屋12:2013:50横窪沢小屋14:1015:00ウソッコ沢避難小屋15:1516:10畑薙大吊橋16:2016:55畑薙ダムゲート前17:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
藪漕ぎで疲れました。
コース状況/
危険箇所等
鶏小屋尾根の1749m辺りの尾根の取り付きはウソッコ沢へ引き込まれやすいので要注意。
その他周辺情報川根温泉(道の駅)¥510

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 バラクラバ ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ナイフ カメラ テントマット シェラフ ヘルメット
備考 サングラス、スパッツ

写真

明るくなるのを待って大吊り橋をスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなるのを待って大吊り橋をスタート
3
鶏小屋尾根の取り付はヤレヤレ峠へのトラバースに入る手前にある鉄塔の下。目印多数。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏小屋尾根の取り付はヤレヤレ峠へのトラバースに入る手前にある鉄塔の下。目印多数。
1
1400m辺りで畑薙山へ向かい尾根を西へ進む。
この辺り、傾斜が緩み休憩適地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1400m辺りで畑薙山へ向かい尾根を西へ進む。
この辺り、傾斜が緩み休憩適地。
畑薙山の手前の崩落の頭から畑薙湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑薙山の手前の崩落の頭から畑薙湖
11
崩落の頭から見下ろす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落の頭から見下ろす。
1
畑薙山の三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑薙山の三角点
3
表示は消えている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表示は消えている。
眺望は無いけれど気持ちのいい山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望は無いけれど気持ちのいい山頂
茶臼岳への途中にある崩落の頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼岳への途中にある崩落の頭
5
ここは唯一の眺望箇所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは唯一の眺望箇所
6
その頃が偲ばれる標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その頃が偲ばれる標識
この後、藪漕ぎ地獄にはまる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後、藪漕ぎ地獄にはまる。
3
藪漕ぎ地獄を抜けたら、どーーんと頂上に出る。
最高のご褒美!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪漕ぎ地獄を抜けたら、どーーんと頂上に出る。
最高のご褒美!
13
上河内岳、聖岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上河内岳、聖岳
8
中央アが見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アが見える。
4
これから歩く光岳への稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く光岳への稜線
7
標識は雪の中から掘り出しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識は雪の中から掘り出しました。
5
静高平では既に真っ暗(汗)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静高平では既に真っ暗(汗)
4
長い一日でした。先着の方(単独)は既にお休み・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い一日でした。先着の方(単独)は既にお休み・・。
3
光岳山頂でご来光
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光岳山頂でご来光
11
富士山のシルエットが威風堂々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山のシルエットが威風堂々
3
かなり明るくなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり明るくなりました。
6
イザルガ岳へ立ち寄りました。眺望最高!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イザルガ岳へ立ち寄りました。眺望最高!
6
富士山も美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も美しい。
11
こんな感じのガレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じのガレ
1
易老岳まで帰ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
易老岳まで帰ってきました。
1
希望峰通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
希望峰通過。
富士山を眺めながら、茶臼岳へもう一息。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山を眺めながら、茶臼岳へもう一息。
4
聖、奥聖、さらには赤石
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖、奥聖、さらには赤石
8
池は凍っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池は凍っています。
3
昨日の藪漕ぎ地獄
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日の藪漕ぎ地獄
4
鶏小屋尾根方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏小屋尾根方向
1
再び、茶臼岳の山頂に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び、茶臼岳の山頂に。
5
富士山も綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も綺麗です。
1
楽しんだ稜線にお別れ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しんだ稜線にお別れ。
7
いい雰囲気の小屋です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい雰囲気の小屋です。
2
中の段へ少し登り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の段へ少し登り返し。
中の段で休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の段で休憩。
綺麗な赤です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な赤です。
3
ウソッコ小屋通過し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウソッコ小屋通過し。
ようやく吊り橋に戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく吊り橋に戻りました。
1
綺麗な紅葉が迎えてくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な紅葉が迎えてくれました。
8
最高のコントラスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高のコントラスト
13
長い二日間でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い二日間でした。
3

感想/記録

鶏小屋尾根を使い茶臼から光へ。
かつての登山道が偲ばれました。
稜線は雪。足首から脛程度でした。
光小屋の到着が遅くなり、単独の先行者がお休みのところ迷惑をかけてしまいました。
翌日は下山のみ。長い下りに辟易。
久しぶりにガッツリ歩いた山行でした。
訪問者数:389人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/16
投稿数: 956
2016/11/14 21:43
 お久しぶりです
畑薙大吊橋越えたところでお会いしましたね。
一声掛けさせて頂きました。
重そうな装備で軽々と登ってるなぁと思いましたがyari-tsurugiさんだったんですか。
相変わらず歩くの早いですねぇ
私は上河内岳スルーで聖岳まで行ってきました。
登録日: 2014/12/14
投稿数: 21
2016/11/14 22:23
 Re: お久しぶりです
おひさしぶりです。
tomさんがお声をかけられたのは、光小屋に先着されていた方だと思います。
私より、10〜15分ほど早く出発されたいたようです。
記憶では・・・その方はノースフェースの黒いパンツを履かれていました。

でも、すぐ近くにいらしたのに。お会いできずに大変残念でした。

レコ拝見しました。綺麗な写真ありがとうございます。
あの長い林道を歩かれたとは・・・凄い精神力ですm(_ _)m
また、レコ楽しみにしています。
登録日: 2015/5/27
投稿数: 178
2016/11/15 16:27
 はじめまして(^^)/
yari-tsurugiさん こんにちは!はじめましてと言っても、一度山伏でお会いしているんですょ(^.^) 後にヤマレコのユーザーさんと知り、時折レコ拝見させて頂いております。ダイナミックなクライミングから、厳冬期の雪山、藪山まで、幅広く歩かれていますね。
それにしてもスゴイ健脚でいらっしゃいますね〜 鳥小屋尾根で光岳まで歩かれてしまうとは驚きです 私はあのヤブヤブに溺れて、茶臼岳まだが精一杯でした(;^_^A  これからもパワフルなレコ楽しみにしています
登録日: 2014/12/14
投稿数: 21
2016/11/15 23:25
 Re: はじめまして(^^)/
haiziさん、コメントありがとうございます。
山伏・・、蓬峠でお会いした方でしょうか?

鳥小屋尾根、なかなかいいですね。
確かに藪漕ぎには閉口ですが、茶臼へ抜けたときの爽快感と素晴らしい眺望!!
疲れが吹っ飛びました

haiziさんのレコを改めて拝見しましたが、かなりの頻度で各地に山行されているご様子。
とても参考になります
どうぞこれからも宜しくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ