ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1011254 全員に公開 ハイキング比良山系

比良山系リトル比良

日程 2016年11月20日(日) [日帰り]
メンバー nagaikazu, その他メンバー8人
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:JR湖西線近江高島駅下車、畑行きコミュニティバス音羽下車
復路:JR湖西線北小松駅乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間57分
休憩
1時間16分
合計
7時間13分
S音羽バス停09:2009:23長谷寺09:3410:07白坂10:37岳観音堂跡10:4610:55ザレ場10:5611:25岳山11:51オーム岩11:5912:05鳥越峰12:0612:50岩阿沙利山13:3013:48鵜川越13:4914:49寒風峠14:5015:13オトシ出合15:24涼峠15:2716:08登山口(北小松・楊梅滝)16:0916:19大津市比良げんき村テントサイト16:33北小松駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
大阪府山岳連盟パーソナル委員会ビギナーチーム月例山行に参加した。パーティはCL、SLのほか7名。計9名。前半は雨の中を歩行。後半は雨もやんだが、終始曇り空で、展望は望めなかった。黄葉の季節の最後を楽しむことができた。
コース状況/
危険箇所等
よく整備され、要所に道標もあり、不明な箇所は少ない。ただ、岩阿沙利山頂の道標が朽ちて、倒れている。岩阿沙利山から鵜川越への下りは滑りやすい土質である。なお、鵜川越から嘉嶺ヶ岳にむけてひと登りした箇所にある道標に、北小松駅まで1時間半という標示は明らかに誤り。嘉嶺ヶ岳手前にも同じく1時間半という標示があるが、これもおかしい。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

音羽登山口の大炊神社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
音羽登山口の大炊神社
音羽登山口、登山道の入り口。出発は9:35
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
音羽登山口、登山道の入り口。出発は9:35
石灯籠。燈台に使われたのだろうか。雨が降り出したので、ここで雨具を着用する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石灯籠。燈台に使われたのだろうか。雨が降り出したので、ここで雨具を着用する。
岳山頂上。登山口からここまで1時間40分。雨降りのせいか、やや遅いペース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳山頂上。登山口からここまで1時間40分。雨降りのせいか、やや遅いペース。
岳山頂上の観音様のほこら。雨で曇っていてよく見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳山頂上の観音様のほこら。雨で曇っていてよく見えない。
オーム岩から見た鴨川流域。展望はのぞめない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーム岩から見た鴨川流域。展望はのぞめない。
岩阿沙利山山頂。大休止して昼食をとる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩阿沙利山山頂。大休止して昼食をとる。
岩阿沙利山の三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩阿沙利山の三角点
鵜川越。林道を横切って、嘉嶺ヶ岳にむかう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鵜川越。林道を横切って、嘉嶺ヶ岳にむかう。
誤った時間表示の道標。「北小松駅まで1時間半」はかなりの健脚でないと無理。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誤った時間表示の道標。「北小松駅まで1時間半」はかなりの健脚でないと無理。
ようやく着いた寒風峠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく着いた寒風峠
オトシ湿原をすぎ、シシヶ谷の徒渉点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オトシ湿原をすぎ、シシヶ谷の徒渉点。
涼峠。ここからの長い下りは、石がゴロゴロしていて歩きにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涼峠。ここからの長い下りは、石がゴロゴロしていて歩きにくい。
獅子岩と楊梅滝(雄滝)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獅子岩と楊梅滝(雄滝)

感想/記録

 比良山系には何度もかよったが、近江高島から北小松までの「リトル比良」には一度も行ったことがなかった。何度が計画を立てたが、種々の理由で行かれずじまいとなり、今日にいたった。幸いにして所属している大阪府山岳連盟パーソナル委員会の山行(ビギナーチーム)にリトル比良縦走が設定されていたので、参加させてもらった。ここんところ、種々の理由で山行は日曜日帰りのみしかできないので、こういう計画があるとありがたい。
 残念ながら、天気は悪く、午前中は雨の中を歩いた。午後からはやんだが、青空がでることはなく、リトル比良の魅力である山と湖の展望はのぞめなかった。ただ、風は強くなく、全般的に気温も高く、寒さを感じることはなかった。紅葉は盛りをすぎていたが、ところどころに透明感のある黄葉がみられ、楽しむことができた。
 CLとSLのお二人は、以前からあの顔なじみで、何度か山行をご一緒したことがある。9人パーティの残り6人は女性で、初めてご一緒した方ばかりである。
 リトル比良は、標高は低いが、アップダウンは思いの外多く、ビギナーにはややハードだったかもしれないが、事故もなく、無事に下山できた。休憩時間を除くと、山と高原地図のコースタイムよりも少し早く歩いた計算となる。
 
訪問者数:124人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 三角点 紅葉 高原 山行 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ