ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1012644 全員に公開 ハイキング近畿

滋賀・山門水源の森&東ヶ谷山、小アケビ岳

日程 2016年11月22日(火) [日帰り]
メンバー fuduki42
天候  曇後晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
京都駅→近江塩津駅
上沓掛バス停 (バス)近江塩津駅 JR 京都駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間52分
休憩
13分
合計
7時間5分
Sスタート地点07:3508:41山門水源の森 登山口08:4408:47森の楽舎08:5210:02山門水源の森 山頂・守護岩13:36山門水源の森 山頂・守護岩13:3714:16森の楽舎14:2014:22山門水源の森 登山口14:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

JR近江塩津駅に7時過ぎに下車。 JR永原駅からレンターサイクルを借りる予定で降りるも、営業時間が8時半からと出ていた。確かネットで7時半になっていただが、
歩くと山門水源の森まで7Kある。慌てて駅ホームに戻り、丁度到着した長浜行に飛び乗り、次の近江塩津駅で降りる。ここからだと水源の森まで約4Kだ。
2016年11月22日 07:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR近江塩津駅に7時過ぎに下車。 JR永原駅からレンターサイクルを借りる予定で降りるも、営業時間が8時半からと出ていた。確かネットで7時半になっていただが、
歩くと山門水源の森まで7Kある。慌てて駅ホームに戻り、丁度到着した長浜行に飛び乗り、次の近江塩津駅で降りる。ここからだと水源の森まで約4Kだ。
国道8号線を車に注意しながら黙々と歩く。沓掛を過ぎると少し坂道になる。
2016年11月22日 08:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道8号線を車に注意しながら黙々と歩く。沓掛を過ぎると少し坂道になる。
左は永原方面へ
2016年11月22日 08:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は永原方面へ
少し汗ばむ頃山門水源の森入口に着く。一時間少しかかった。
2016年11月22日 08:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し汗ばむ頃山門水源の森入口に着く。一時間少しかかった。
管理棟で協力金\200を入り、靴底に付いたごみをマットで拭い、案内書をもらう。
2016年11月22日 08:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
管理棟で協力金\200を入り、靴底に付いたごみをマットで拭い、案内書をもらう。
1
沢道コースに入る。道にはチップが敷き詰めてある。昨日の雨の後は助かる。
2016年11月22日 08:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢道コースに入る。道にはチップが敷き詰めてある。昨日の雨の後は助かる。
勿論道は整備され、案内板もあり気楽な気持ちで高度を上げて行く。
2016年11月22日 08:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勿論道は整備され、案内板もあり気楽な気持ちで高度を上げて行く。
紅葉も終わりに近い。
2016年11月22日 09:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉も終わりに近い。
駅から休みなしで歩いて来たから少しのろくなる。
2016年11月22日 09:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅から休みなしで歩いて来たから少しのろくなる。
守護岩 ここが遊歩道の最高点。周回コースになって行く。勿論 稜線へ、山の領域で、踏み跡程度になる。
2016年11月22日 10:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
守護岩 ここが遊歩道の最高点。周回コースになって行く。勿論 稜線へ、山の領域で、踏み跡程度になる。
テープが見え始める。稜線を左(南方向)へ、テープと踏み跡を確かめながら高度を上げる。
2016年11月22日 10:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープが見え始める。稜線を左(南方向)へ、テープと踏み跡を確かめながら高度を上げる。
福井と滋賀の県境尾根だ。丁度西に野坂山塊があり、昨日までの暖かさと打って変わり西風が強い。まだ気温は下がってきていない。
2016年11月22日 10:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福井と滋賀の県境尾根だ。丁度西に野坂山塊があり、昨日までの暖かさと打って変わり西風が強い。まだ気温は下がってきていない。
△総見山(657,3M)
△柱は新しいが、設置されたには明治期の老舗だ。
2016年11月22日 10:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
△総見山(657,3M)
△柱は新しいが、設置されたには明治期の老舗だ。
1
東ヶ谷山が通称らしい。腰も下ろさず引き返す。
2016年11月22日 10:52撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東ヶ谷山が通称らしい。腰も下ろさず引き返す。
何時もながらヤマレコでは探せなかった。別のレポを参考にしたのだが、藪があると出ていたがそれは無かった。テープ等が二種類を見かけたがそれだどのコースを辿るのかは分からなかった。登りは兎も角、下りテープから離れ、遊歩道にうまく行けるかが心配だった。ほんの少し前に登っているのに転換点が分からない。自分用の標を持って来たら良かったが・・・
2016年11月22日 11:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何時もながらヤマレコでは探せなかった。別のレポを参考にしたのだが、藪があると出ていたがそれは無かった。テープ等が二種類を見かけたがそれだどのコースを辿るのかは分からなかった。登りは兎も角、下りテープから離れ、遊歩道にうまく行けるかが心配だった。ほんの少し前に登っているのに転換点が分からない。自分用の標を持って来たら良かったが・・・
案の定遊歩道への繋ぎが確信できないままテープに惹かれて行く。△498,4M(点名:駄口)小アケビ岳(通称)
テープは県境ルートを辿りR8の深坂峠へ向かっている様だ。そこまで行くかと頭を横切るが引き返す。
少し焦り気味で、昼もとっていないコーヒーと蒸しパンだけ入れる。
地図で確かめ方向を確認。尾根を下るも直ぐに踏み跡は無くなり、茨交じりの藪になる。引き返すもしんどかった。
2016年11月22日 12:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案の定遊歩道への繋ぎが確信できないままテープに惹かれて行く。△498,4M(点名:駄口)小アケビ岳(通称)
テープは県境ルートを辿りR8の深坂峠へ向かっている様だ。そこまで行くかと頭を横切るが引き返す。
少し焦り気味で、昼もとっていないコーヒーと蒸しパンだけ入れる。
地図で確かめ方向を確認。尾根を下るも直ぐに踏み跡は無くなり、茨交じりの藪になる。引き返すもしんどかった。
1
戻る途中、地図と方角、そして見える尾根筋を確認。やっと遊歩道への踏み跡を見つけ、下り始めたらすぐに標識が見つかる。一安心。時間を食った休まず遊歩道を急ぎ足で下る。途中痙攣が・・・
2016年11月22日 13:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻る途中、地図と方角、そして見える尾根筋を確認。やっと遊歩道への踏み跡を見つけ、下り始めたらすぐに標識が見つかる。一安心。時間を食った休まず遊歩道を急ぎ足で下る。途中痙攣が・・・
管理棟近くで同年代の地元の人たち十名余り登ってきた
2016年11月22日 14:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
管理棟近くで同年代の地元の人たち十名余り登ってきた
時間があれば永原駅まで歩くつもりも、元気なく同じ車道を近江塩津駅に向かう。朝に一様確認していたので、水源の森入口、八号線にバス停があり、少し待てば良い。疲れた足には助かる。
2016年11月22日 14:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間があれば永原駅まで歩くつもりも、元気なく同じ車道を近江塩津駅に向かう。朝に一様確認していたので、水源の森入口、八号線にバス停があり、少し待てば良い。疲れた足には助かる。
撮影機材:

感想/記録

ネットで永原駅のレンターサイクルの営業時間を調べて行ったものの、
7:30→8:30に変更されていた。どちらかが訂正しなかったのだろう。
山門水源の森へのアプローチはJR永原駅から約7K, JR近江塩津駅からは
約4Kと事前に調べて行ったのは○。
二つの△を踏む計画をしたものの、やっぱし時間と体力を考えたら無理だと、前日に東ヶ谷山だけにした。帰りの遊歩道への転換点を確認できず、もう一つの△(点名:駄口)も踏んだことになってしまった。
来春にもう一回来て踏む予定にしていた、あまり褒められたことではない。
訪問者数:63人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アプローチ アケビ 紅葉 マット
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ