ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1016429 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

大山[オオヤマ]

日程 2016年11月25日(金) [日帰り]
メンバー takakei, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊勢原から大山に通じる神奈川県道611号線(大山板戸線)の板戸交差点から6km先にある神奈川中央バスの大山ケーブル駅停留所付近に伊勢原市営大山第二駐車場があります。
伊勢原市営大山第二駐車場が満車の時は、隣の中村屋駐車場に案内されます。料金はどちらも\1,000です。
バス利用の場合は、小田急線伊勢原駅から大山ケーブル駅行が神奈川中央交通バスで運行されています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間3分
休憩
1時間7分
合計
5時間10分
S大山ケーブルバス停10:1510:26大山ケーブル駅10:4010:48阿夫利神社駅10:50阿夫利神社下社11:15西の峠11:17<休憩>11:2211:4916丁目表参道・裏参道合流点12:0020丁目富士見台12:0512:2825丁目ヤビツ峠分岐12:43大山13:0913:25不動尻分岐14:11見晴台14:2114:40二重滝14:49男坂・女坂分岐15:10大山ケーブル駅15:1715:25大山ケーブルバス停15:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は有りませんでした。
登山ポストは見当たりませんでした。
その他周辺情報飲食店、宿泊施設は駐車場からケーブルカーの大山ケーブル駅までの参道の両側に沢山あります。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

10時、伊勢原市営大山第二駐車場に着いたものの満車で隣の中村屋駐車場に案内され駐車しました。
2016年11月25日 10:15撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時、伊勢原市営大山第二駐車場に着いたものの満車で隣の中村屋駐車場に案内され駐車しました。
1
中村屋駐車場から見た大山第二駐車場です。
2016年11月25日 10:15撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中村屋駐車場から見た大山第二駐車場です。
1
10時15分に登山を開始、土産物屋や旅館が立ち並ぶ表参道を進みます。
2016年11月25日 10:21撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時15分に登山を開始、土産物屋や旅館が立ち並ぶ表参道を進みます。
1
10時26分、大山ケーブル駅に到着、10時40分発のケーブルカーで阿夫利神社駅に行くことにしました。
2016年11月25日 10:26撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時26分、大山ケーブル駅に到着、10時40分発のケーブルカーで阿夫利神社駅に行くことにしました。
1
10時48分、阿夫利神社駅に着き阿夫利神社下社への石段を登ります。
2016年11月25日 10:49撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時48分、阿夫利神社駅に着き阿夫利神社下社への石段を登ります。
1
鳥居を潜り拝殿(正面)に向かいます。大山山頂は右奥方向に見えていました。
2016年11月25日 10:50撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居を潜り拝殿(正面)に向かいます。大山山頂は右奥方向に見えていました。
1
拝殿左側の登拝門(1丁目)から頂上の阿夫利神社までの参道である石段登りを避け、登拝門前を直進して石段を迂回する「かごや道」を登ることにしました。
2016年11月25日 10:52撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拝殿左側の登拝門(1丁目)から頂上の阿夫利神社までの参道である石段登りを避け、登拝門前を直進して石段を迂回する「かごや道」を登ることにしました。
2
標高710m付近の「かごや道」です。
2016年11月25日 10:54撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高710m付近の「かごや道」です。
標高760m付近でロープ場が出てきましたが、ロープは使わずに簡単に登れました。
2016年11月25日 11:01撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高760m付近でロープ場が出てきましたが、ロープは使わずに簡単に登れました。
1
登拝門から20分強の歩行で蓑毛からの登山道との合流点が近づいてきて、
2016年11月25日 11:14撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登拝門から20分強の歩行で蓑毛からの登山道との合流点が近づいてきて、
11時15分、阿夫利神社駅から30分弱で蓑毛からの登山道との合流点「西の峠」に着きました。
2016年11月25日 11:15撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時15分、阿夫利神社駅から30分弱で蓑毛からの登山道との合流点「西の峠」に着きました。
「西の峠」から蓑毛越方向への登山道です。
2016年11月25日 11:16撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「西の峠」から蓑毛越方向への登山道です。
「西の峠」から大山頂上への登山道です。この先で11時17分から22分まで5分間の休憩をとりました。
2016年11月25日 11:16撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「西の峠」から大山頂上への登山道です。この先で11時17分から22分まで5分間の休憩をとりました。
標高820m付近で頂上まで1.3kmの標識が出てきました。
2016年11月25日 11:28撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高820m付近で頂上まで1.3kmの標識が出てきました。
標高920m付近の登山道です。
2016年11月25日 11:36撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高920m付近の登山道です。
1
標高960m付近の登山道にてKさんを。
2016年11月25日 11:43撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高960m付近の登山道にてKさんを。
1
11時49分、阿夫利神社駅から1時間で表参道と裏参道合流点(標高990m)に到着、「16丁目」の石柱標識がありました。
2016年11月25日 11:49撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時49分、阿夫利神社駅から1時間で表参道と裏参道合流点(標高990m)に到着、「16丁目」の石柱標識がありました。
1
16丁目には休憩ベンチもあって広場になっていました。
2016年11月25日 11:49撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16丁目には休憩ベンチもあって広場になっていました。
16丁目から見た表参道です。
2016年11月25日 11:49撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16丁目から見た表参道です。
16丁目から3分ほどで「17丁目」の標識が出て来ました。
2016年11月25日 11:52撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16丁目から3分ほどで「17丁目」の標識が出て来ました。
11時58分、16丁目から10分弱で「19丁目」(標高1,030m)を通過。3分/丁くらいの感じで頻繁に石柱標識が出てきました。
2016年11月25日 11:57撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時58分、16丁目から10分弱で「19丁目」(標高1,030m)を通過。3分/丁くらいの感じで頻繁に石柱標識が出てきました。
12時に20丁目「富士見台」(標高1,062m)に到着。ここで富士山を眺めながら5分間の休憩をとりました。
2016年11月25日 12:02撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時に20丁目「富士見台」(標高1,062m)に到着。ここで富士山を眺めながら5分間の休憩をとりました。
1
「富士見台」からの富士山です。
2016年11月25日 12:03撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「富士見台」からの富士山です。
6
再び頂上を目指して歩き始めます。
2016年11月25日 12:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び頂上を目指して歩き始めます。
頂上まで0.6km地点に着きました。
2016年11月25日 12:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上まで0.6km地点に着きました。
ここは22丁目「天狗沢展望台」(標高1,102m)であることを示す石柱標識がありました。
2016年11月25日 12:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは22丁目「天狗沢展望台」(標高1,102m)であることを示す石柱標識がありました。
1
標高1,120m付近の登山道です。
2016年11月25日 12:14撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1,120m付近の登山道です。
ヤビツ峠からのイタツミ尾根登山道との合流点が近づいてきて、
2016年11月25日 12:26撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠からのイタツミ尾根登山道との合流点が近づいてきて、
1
12時28分、合流点(標高1,174m)に着きました。
2016年11月25日 12:28撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時28分、合流点(標高1,174m)に着きました。
合流点から頂上への登山道です。
2016年11月25日 12:29撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点から頂上への登山道です。
1
合流点からヤビツ峠への登山道です。
2016年11月25日 12:29撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点からヤビツ峠への登山道です。
ここは25丁目「ヤビツ峠分道」(標高1,174m)地点であることを示す石柱標識です。
2016年11月25日 12:29撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは25丁目「ヤビツ峠分道」(標高1,174m)地点であることを示す石柱標識です。
漸く阿夫利神社本社の鳥居が見えてきました。
2016年11月25日 12:37撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漸く阿夫利神社本社の鳥居が見えてきました。
1つ目の鳥居を潜った後、右に曲がると2つ目の鳥居と前社が見えてきて、
2016年11月25日 12:41撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1つ目の鳥居を潜った後、右に曲がると2つ目の鳥居と前社が見えてきて、
本社が見えてきました。
2016年11月25日 12:43撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本社が見えてきました。
1
本社前にてKさん。
2016年11月25日 12:44撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本社前にてKさん。
1
12時43分、奥社がある大山頂上に着きました。
2016年11月25日 12:45撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時43分、奥社がある大山頂上に着きました。
1
頂上標識の脇で横浜市、三浦半島方面を背景にKさんを。
2016年11月25日 12:46撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上標識の脇で横浜市、三浦半島方面を背景にKさんを。
5
記念にセルフで。
2016年11月25日 13:04撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念にセルフで。
4
若いカップルの方に撮ってもらいました。
2016年11月25日 13:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若いカップルの方に撮ってもらいました。
3
13時9分、厚木市街を正面に見ながら「見晴台」を目指して下山を開始しました。階段が続きます。
2016年11月25日 13:09撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時9分、厚木市街を正面に見ながら「見晴台」を目指して下山を開始しました。階段が続きます。
標高1,200m付近で階段から普通の登山道になりました。
2016年11月25日 13:13撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1,200m付近で階段から普通の登山道になりました。
標高1,180m付近では緩やかな尾根歩きとなり、
2016年11月25日 13:18撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1,180m付近では緩やかな尾根歩きとなり、
直ぐに尾根幅が狭くなって快適な稜線歩きとなりました。
2016年11月25日 13:19撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに尾根幅が狭くなって快適な稜線歩きとなりました。
2
13時25分、不動尻分岐(1,135m)を通過すると、
2016年11月25日 13:25撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時25分、不動尻分岐(1,135m)を通過すると、
雪解けの泥濘道となりました。
2016年11月25日 13:32撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪解けの泥濘道となりました。
1
標高890m付近の山腹トラバース道で積雪がほぼ無くなったと思ったら、
2016年11月25日 13:54撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高890m付近の山腹トラバース道で積雪がほぼ無くなったと思ったら、
直ぐに再び雪解けのシャーベット道となってしまいました。
2016年11月25日 13:56撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに再び雪解けのシャーベット道となってしまいました。
標高820m付近からは再び気持ちの良い稜線歩きとなり、
2016年11月25日 14:01撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高820m付近からは再び気持ちの良い稜線歩きとなり、
見晴台への案内標識が出て来ました。
2016年11月25日 14:04撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台への案内標識が出て来ました。
見晴台への緩やかな道を登り、
2016年11月25日 14:09撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台への緩やかな道を登り、
14時11分、見晴台に着きました。見晴台からは西〜北〜東方向を眺めることができました。
2016年11月25日 14:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時11分、見晴台に着きました。見晴台からは西〜北〜東方向を眺めることができました。
東京都心方面を少しアップで。
2016年11月25日 14:12撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京都心方面を少しアップで。
大山(左のピーク)を少しアップで。
2016年11月25日 14:16撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山(左のピーク)を少しアップで。
1
三峰山が北方向に見えています。
2016年11月25日 14:17撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰山が北方向に見えています。
見晴台と大山。
2016年11月25日 14:17撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台と大山。
2
14時21分、二重滝を目指して下山を開始しました。
2016年11月25日 14:21撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時21分、二重滝を目指して下山を開始しました。
1
標高730m付近の沢を横断する地点で登山道整備の工事が行われていました。
2016年11月25日 14:30撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高730m付近の沢を横断する地点で登山道整備の工事が行われていました。
14時40分、二重滝と滝の前にある「二重社」に着きました。
2016年11月25日 14:39撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時40分、二重滝と滝の前にある「二重社」に着きました。
1
二重滝です。
2016年11月25日 14:40撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重滝です。
2
阿夫利神社下社・大山ケーブル駅への階段に着きましたが、左側の男坂・女坂への道に進みます。
2016年11月25日 14:46撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿夫利神社下社・大山ケーブル駅への階段に着きましたが、左側の男坂・女坂への道に進みます。
1
14時49分、男坂・女坂の分岐に着き、
2016年11月25日 14:49撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時49分、男坂・女坂の分岐に着き、
男坂の階段を下ることにしましたが、男坂は殆どが石段でした。
2016年11月25日 14:51撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂の階段を下ることにしましたが、男坂は殆どが石段でした。
1
撮影機材:

感想/記録

以前、休日に大山ケーブルまでの道路が渋滞していて参道まで行けずに引返したことのある大山に登ることにしました。
かなり以前に11月25日の平日に大山に登ることを計画しましたが、前日の24日は関東一円で降雪があり、東京での11月での降雪は54年振り、都心での積雪は観測史上初とのことで大山にも積雪が予想されました。
その雪の影響と道間違え、大渋滞への遭遇等で8時前に大山第二駐車場に着く予定が10時になってしまいました。

それでも前日に雪が降ったこともあり、駐車場も空いていると思っていましたが着いてみると満車の表示。でも直ぐに隣の駐車場に案内され、そこに無事駐車することができました。

10時15分に計画より2時間15分遅れて登山を開始。先ずはケーブルカーの大山ケーブル駅まで両側に旅館や土産物店、飲食店等が立ち並ぶ参道歩きからスタートしましたが、多くの人達が参道を歩いており、大半は参詣者であるものの登山者もかなりいて少しビックリ。尤も駐車場までの道路、参道に積雪は有りませんでしたが…。

帰りの日帰り入浴施設での入浴時間を確保するため、遅れを挽回すべく女坂を登るのを止めケーブルカーで阿夫利神社駅まで登ることにしましたが、運悪く大山ケーブル駅で15分近く待つことになり、阿夫利神社駅に着いた時点で1時間45分弱計画より遅れていてケーブルカー利用による時間短縮は30分強しかありませんでした。

阿夫利神社下社から先の登山道には積雪がありましたがクラストしていないため歩き易く積雪無しの時と変わらない速さで歩くことができました。
阿夫利神社下社からは石段の参道を避け「かごや道」を登ったため登山者は殆どいませんでしたが、参道と合流する16丁目から先は多くの登山者がいました。

快晴の空のもと、20丁目「富士見台」で富士山の眺望を堪能し、阿夫利神社本社のある大山頂上では相模湾から三浦半島、横浜や東京の市街・ビル群等も眺められて満足しましたが、下りで行った「見晴台」では北側の眺望のみで南側は樹林で眺望が利かないのが少し残念でした。

また、下りはケーブルカーを使わず男坂を下りましたが、男坂の大半は石段で、これならケーブルカーで下った方が良いように感じました。
訪問者数:137人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ