ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1016814 全員に公開 雪山ハイキング関東

雪に覆われた大ナゲシ北稜

日程 2016年11月26日(土) [日帰り]
メンバー Tsunekichi_ski, その他メンバー4人
天候晴れ後曇り・ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岩橋(野栗沢)脇に数台分の駐車スペースあり
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間50分
休憩
0分
合計
7時間50分
S赤岩橋08:5016:40赤岩橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
赤岩橋8:53→枝尾根取付き→11:35野栗諏訪山の直下コル11:45→13:55大ナゲシ西コル14:05→14:20大ナゲシ14:25→15:25赤岩峠15:27→(杣道)→16:38赤岩橋
コース状況/
危険箇所等
ルートを示すテープ等はほとんど見当たらず、要ルーファン。

装備

個人装備 通常ハイキング装備に加え アイゼン 沢バイル ハーネス 下降器 環付ビナ3 120cmスリング PAS ヘルメット(以上使用)
共同装備 50mロープ1本使用 1本未使用
備考 ルートを甘く見てゆっくりの出発(9時)にしたため下山はヘッデンギリギリの16時40分となり、途中不安を感じたメンバーがいた。

写真

赤岩橋の路肩に駐車させていただいた。
2016年11月26日 08:19撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩橋の路肩に駐車させていただいた。
快晴の雪山ハイクにルンルン!
2016年11月26日 09:26撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の雪山ハイクにルンルン!
結構な急登が続いた。
2016年11月26日 10:02撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な急登が続いた。
1
トポ無視のため50mロープをダブルで持参したが、結果的にロープを使ったのはこの短い懸垂下降1回だけだった。
2016年11月26日 10:19撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トポ無視のため50mロープをダブルで持参したが、結果的にロープを使ったのはこの短い懸垂下降1回だけだった。
2
弱点見っけ。
2016年11月26日 11:08撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弱点見っけ。
1
写真の見栄えのためのお助け紐です。無くてもOK。
2016年11月26日 11:16撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真の見栄えのためのお助け紐です。無くてもOK。
2
雪をまとった小ナゲシの岩壁に行く手をさえぎられ、右往左往したが弱点見つからず。地形図をにらんで一番緩い沢を選んで一旦退却。方針変更。
2016年11月26日 13:23撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪をまとった小ナゲシの岩壁に行く手をさえぎられ、右往左往したが弱点見つからず。地形図をにらんで一番緩い沢を選んで一旦退却。方針変更。
2
時間が押しているのでこのルートで登れないとちょっと厄介。何人かは雪中ビバークの6文字が脳裏をよぎったとか。
2016年11月26日 13:41撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間が押しているのでこのルートで登れないとちょっと厄介。何人かは雪中ビバークの6文字が脳裏をよぎったとか。
2
狙い通りの地点にピンポイント到着。これで無事下山の目途が立った。
2016年11月26日 13:57撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狙い通りの地点にピンポイント到着。これで無事下山の目途が立った。
2
ほどなく大ナゲシ南面の一般道に出たが、雪で覆われていたためそこが一般道と分かるまでに少し時間がかかった。
2016年11月26日 14:20撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく大ナゲシ南面の一般道に出たが、雪で覆われていたためそこが一般道と分かるまでに少し時間がかかった。
山頂直下。南面は雪が付いていなくて時間に追われていた我々には好都合だった。
2016年11月26日 14:29撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下。南面は雪が付いていなくて時間に追われていた我々には好都合だった。
1
10数年ぶり、3回目(一般道、悪谷、今回)の大ナゲシ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10数年ぶり、3回目(一般道、悪谷、今回)の大ナゲシ。
2
楽勝かと思っていた赤岩峠までの一般道も雪で隠され要ルーファン。
2016年11月26日 15:01撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽勝かと思っていた赤岩峠までの一般道も雪で隠され要ルーファン。
1
赤岩峠からの杣道もこの通り。果たして迷わず下りられるのか?
2016年11月26日 15:24撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩峠からの杣道もこの通り。果たして迷わず下りられるのか?
1
エキストリームと化した杣道に悪態をつきながらもヘッデンギリギリで無事下山。
2016年11月26日 16:38撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エキストリームと化した杣道に悪態をつきながらもヘッデンギリギリで無事下山。
撮影機材:

感想/記録

これだよなぁ、これっ!!
雪がたっぷり積もったバリハイルート。普段なら薄い踏み跡が答えを示してしまうパズルも雪が覆い隠してくれてルーファン三昧。雪がなければなんでもないだろう登路の探索も慎重に5人で協力しあって。
これが本来のバリハイルート。バリハイの魅力は「ここが登路かなぁ? でも行き詰っちゃったら戻ってくるのは怖いよなぁ」というドキドキのファーストアッセントごっこ。目印のテープや懸垂下降点を示すスリングの残置は後から来る人への親切ではなくせっかくの遊び場をダメにする罪作り。幸いにもこのルートの後半は残置テープ類は見かけず、たっぷりと藪山の魅力を楽しませていただけました。
詳細はこちら→http://tsune3.blog87.fc2.com/blog-entry-1920.html
訪問者数:73人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ