ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1017080 全員に公開 ハイキング祖母・傾

大崩山〈湧塚尾根〜大崩山〜坊主尾根〉

日程 2016年11月28日(月) [日帰り]
メンバー mikimiki, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・アクセス-〈東九州自動車道延岡線〉北川IC-R10-祝子橋南詰-県道207-祝子川温泉・美人の湯-大崩山上祝子登山口 1.5時間
・駐車場-大崩山上祝子登山口周辺路肩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間53分
休憩
2時間7分
合計
10時間0分
S上祝子登山口06:4007:11大崩山荘07:2507:52祝子川渡渉点08:1209:45袖ダキ10:0410:25下和久塚10:4311:08中和久塚11:2811:43上和久塚11:5712:32坊主尾根分岐(仮)12:56石塚13:00大崩山13:04石塚13:0513:30坊主尾根分岐(仮)14:22小積ダキ14:2314:37象岩14:4215:09坊主岩15:2416:18大崩山荘16:36上祝子登山口16:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・道の状況-〈湧塚尾根コース〉最初の祝子川渡渉は水量が多い時は要注意。標識はあるが道が荒れている。ダキへの登りは梯子、ロープ場が沢山ある。下和久塚から中・上和久塚への絶壁の尾根道は展望が良いが危険。風の強いときは無理をしない。
〈分岐〜大崩山〉緩やかな尾根歩きで危険個所なし。
〈坊主尾根コース〉道は明確だが急傾斜の坂道の下り、梯子・ロープが連続するので要注意。スラブは濡れていると滑り易い。上りのコースにした方が安全に思われる。兎に角緊張を強いられるタフなコース。
その他周辺情報・温泉-美人の湯、入湯料510円。

写真

前日、11/27上祝子登山口近くにテン泊。
2016年11月27日 16:57撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日、11/27上祝子登山口近くにテン泊。
2
登山口付近の祝子川の渓谷。
2016年11月27日 15:44撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口付近の祝子川の渓谷。
1
登山口から約30分、大崩山荘に到着。
2016年11月28日 07:11撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から約30分、大崩山荘に到着。
1
大崩山荘から坊主尾根への分岐点
上りは湧塚尾根、下りは坊主尾根の周遊です。
2016年11月28日 07:26撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崩山荘から坊主尾根への分岐点
上りは湧塚尾根、下りは坊主尾根の周遊です。
1
湧塚尾根への第一関門
渡渉地点です。水量が多く渡渉ルートを探すのに時間をとられました。
2016年11月28日 07:52撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧塚尾根への第一関門
渡渉地点です。水量が多く渡渉ルートを探すのに時間をとられました。
1
朝陽を受けた小積ダキ。
2016年11月28日 07:52撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽を受けた小積ダキ。
7
大岩の下を通過。
2016年11月28日 08:15撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩の下を通過。
2
小積ダキが目前に。
2016年11月28日 08:48撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小積ダキが目前に。
1
梯子を繰り返し登り袖ダキへ。
2016年11月28日 08:56撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子を繰り返し登り袖ダキへ。
袖ダキにて
次に登る下和久塚の鋭い岩峰。
2016年11月28日 09:57撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖ダキにて
次に登る下和久塚の鋭い岩峰。
5
袖ダキにて
2016年11月28日 09:59撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖ダキにて
3
袖ダキから下和久塚へ。
2016年11月28日 10:38撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖ダキから下和久塚へ。
下和久塚に到達。ハイポーズ!
2016年11月28日 10:46撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下和久塚に到達。ハイポーズ!
2
下和久塚にて
袖ダキ方面を振り返る。
2016年11月28日 10:45撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下和久塚にて
袖ダキ方面を振り返る。
1
下和久塚にて
逆光の小積ダキ。
2016年11月28日 10:52撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下和久塚にて
逆光の小積ダキ。
下和久塚にて
遠方の祖母山方面。
2016年11月28日 10:52撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下和久塚にて
遠方の祖母山方面。
下和久塚にて
次に行く中和久塚
2016年11月28日 10:57撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下和久塚にて
次に行く中和久塚
中和久塚にて
次の上和久塚の岩峰。
2016年11月28日 11:11撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中和久塚にて
次の上和久塚の岩峰。
坊主尾根の分岐に到着
直進して大崩山に向かう。
2016年11月28日 12:15撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坊主尾根の分岐に到着
直進して大崩山に向かう。
1
分岐付近は大きなブナ林
林間に見える湧塚の岩峰。
2016年11月28日 12:22撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐付近は大きなブナ林
林間に見える湧塚の岩峰。
大崩山山頂にて
山頂記念に。
2016年11月28日 13:01撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崩山山頂にて
山頂記念に。
5
大崩山山頂の一等三角点
2016年11月28日 13:02撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崩山山頂の一等三角点
2
石塚
大崩山山頂に変わる展望台。
2016年11月28日 13:09撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石塚
大崩山山頂に変わる展望台。
石塚から見える祖母山
2016年11月28日 13:09撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石塚から見える祖母山
1
小積ダキにて
湧塚尾根の岩峰と切り立つ岩壁。
2016年11月28日 13:57撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小積ダキにて
湧塚尾根の岩峰と切り立つ岩壁。
5
小積ダキにて
湧塚尾根の岩峰。
2016年11月28日 13:58撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小積ダキにて
湧塚尾根の岩峰。
1
小積ダキにて
2016年11月28日 14:02撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小積ダキにて
坊主岩をトラバース
スラブ状の濡れた岩が滑り易い。
2016年11月28日 14:40撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坊主岩をトラバース
スラブ状の濡れた岩が滑り易い。
3
大岩を左に巻く
2016年11月28日 14:47撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩を左に巻く
2
大岩を降りる
梯子、ロープの連続で緊張します。
2016年11月28日 14:54撮影 by F-09E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩を降りる
梯子、ロープの連続で緊張します。
4

感想/記録

11/26祖母山山行後に傾山登山口に向かう。
11/27昨晩から雨が降り出し、本降りの朝を迎える。雨が止みそうにない。渡渉もあるので傾山の山行は諦めて大崩山登山口に向かう。
延岡を流れる祝子川沿いの狭い道を進み、途中の祝子川温泉・美人の湯で身体の疲れを癒し登山口近くにテン幕を張る。
既に雨は上がり、明日の天候は期待できそうだ。
鍋を囲み、ニホンカモシカの鳴き声や風の音を聞きながら寝る頃には夜空に星が輝いていた。

11/28早朝5時過ぎに目覚め、6:40登山口を出発する。夜明け前、暫らくヘッドランプを着け歩くことになる。間もなく大崩山荘に到着する。ここが坊主尾根との分岐になる。
7:50そのまま祝子川沿いを進み渡渉地点に到着する。前日までの雨で川は少し増水している。渡るのに20分ほどのロスをしたが荒れた岩道、落ち葉で踏み跡の見難い坂道を涌塚尾根を目指して進む。途中、南側に坊主尾根の岩峰・小積ダキが見える。

9:45梯子を繰り返し登る。最初の袖ダキに到着する。南側は切り立った岸壁、その先に小積ダキそして前方西側には大きな石の塊のような下和久塚が聳えている。袖ダキで暫らく休息をとり、再び梯子を降りて下和久塚に向かう。
10:25下和久塚に到着。そのまま切り立つ尾根を慎重に進む。
11:08中和久塚に到着。風もない青空、大きな平坦な岩の上は心地よく眠気を誘うような空間だ。暫し絶景を堪能する。
11:40上和久塚に到着。大空に突き出す岩峰。早々に大岩を巻きながら方向を西から南に変えて進む。

12:30坊主尾根の分岐に到着する。前方に拡がる緩やかな尾根には大きなブナの樹林帯が拡がっている。ここから大崩山山頂までは緩やかな明るい尾根道が続く。
13:00石塚のすぐ先に樹林に囲まれた頂が見える。大崩山山頂に到達しました。石塚の展望台からは祖母山連峰の山脈が連なり実に美しい眺めだ。

帰りは坊主尾根を下ることになる。想像以上に傾斜の厳しい坂道、沢山の梯子、ロープ場が連続し緊張を強いられる。
14:20小積ダキに到着。
北側に登りに使った湧塚尾根の岩峰が目の前に展開している。静かで深い感動を覚えながら最後の長い休憩する。
15:10坊主岩のスラブ状の岩道を慎重にトラバースして進む。その後も梯子やロープ場が連続する。足への負担が次第に大きくなる。
16:10最後の祝子川渡渉地点を難なく通過する。
16:40無事下山する。

大崩山は日本200名山のなかでも強く心に残る山の一つとなった。
帰路は大分県佐賀関から四国の三崎を繋ぐ国道九四フェリーを初めて利用する。
四国から関西は感覚的に近い意識があるが、登山口から大阪まで約12時間を要し、11/29 4:00前に自宅に戻ることになった。
訪問者数:113人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ