ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 756701 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

尾瀬ヶ原, 三条の滝

日程 2015年11月02日(月) [日帰り]
メンバー endoh
天候晴 のち 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
この日は鳩待峠までマイカー乗り入れ可能。麓の戸倉集落には「鳩待峠満車」とウソ看板が多数掲げられている。平日の深夜の時間帯に満車なわけないよなと思い、看板を無視して鳩待峠まで行くと、案の定駐車場はガラガラ。鳩待峠駐車場は容量が少ないので週末は期待できないが平日なら問題なく駐車可能。

鳩待峠駐車場の駐車料金は1日目は¥2,500。朝、出発準備をしていると係員の人が徴収しに来た。麓の戸倉の駐車場の料金が¥1,000/日で戸倉〜鳩待峠のバス/乗合タクシー代金が片道¥930だから、鳩待峠に駐車したほうが安い。出発や帰着の時間もバスに縛られることがないため、平日なら鳩待峠に停めたほうがおトクと言える。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間54分
休憩
1時間6分
合計
9時間0分
S鳩待峠06:0006:50山ノ鼻09:00竜宮十字路09:25見晴(下田代十字路)09:3009:40赤田代09:54温泉小屋09:54元湯山荘09:54尾瀬ヶ原温泉休憩所10:0810:08温泉小屋・三条ノ滝・御池方面分岐10:49三条の滝展望台11:0511:45平滑の滝展望台11:5012:05温泉小屋・三条ノ滝・御池方面分岐12:05尾瀬ヶ原温泉休憩所12:2512:26元湯山荘12:26温泉小屋12:30赤田代12:49東電尾瀬橋12:58東電小屋13:0413:14ヨシッ堀田代13:16ヨッピ吊橋15:00鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所特になし。鳩待峠〜尾瀬ヶ原内は殆どが木道でスニーカーでも歩ける。
尾瀬ヶ原温泉から三条の滝方面は普通の山道だがここも特に危険な箇所はない。

この日はヨッピ吊橋から牛首分岐までの道は工事通行止め。

トイレは山ノ鼻、竜宮、見晴、尾瀬ヶ原温泉、東電小屋にあり。いずれも有料。

小屋のある場所では飲食物の調達も可能で色々と行き届いている。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

尾瀬ヶ原に到着。先ずは振り返っての一枚。少しガスっぽいですが至仏山はよく見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原に到着。先ずは振り返っての一枚。少しガスっぽいですが至仏山はよく見えています。
1
残念ながら燧ヶ岳は雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら燧ヶ岳は雲の中
1
写真を撮りながらのんびり進みます。陽が出てガスが晴れ、至仏山が秋晴れの中くっきりと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真を撮りながらのんびり進みます。陽が出てガスが晴れ、至仏山が秋晴れの中くっきりと。
2
上田代をのんびりと進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上田代をのんびりと進みます
朝は風も弱く水面が静かでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝は風も弱く水面が静かでした
誤ってC-PLフィルタで偏光を一番効かせた状態だったのにこの反射っぷり。
でもこの先の逆さ燧ポイントでは微風があって綺麗に反射していませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誤ってC-PLフィルタで偏光を一番効かせた状態だったのにこの反射っぷり。
でもこの先の逆さ燧ポイントでは微風があって綺麗に反射していませんでした。
燧ヶ岳方面は曇りですが湿原から上がるガスと相まってなかなかに幻想的な雰囲気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳方面は曇りですが湿原から上がるガスと相まってなかなかに幻想的な雰囲気です。
尾瀬ヶ原の北側の山々は晴れていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原の北側の山々は晴れていました
1
見晴に近付いてきました。結局、この日は燧ヶ岳は一度も見えず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴に近付いてきました。結局、この日は燧ヶ岳は一度も見えず。
三条の滝への道すがら。木道は間もなく終わり、今日の行程で少ない山道区間に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の滝への道すがら。木道は間もなく終わり、今日の行程で少ない山道区間に。
三条の滝への道すがら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の滝への道すがら
三条の滝への道すがら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の滝への道すがら
1
三条の滝展望台はこの日の朝に閉鎖とのこと。1日遅かった。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の滝展望台はこの日の朝に閉鎖とのこと。1日遅かった。。。
三条の滝への道すがら。この辺りの標高の紅葉は素晴らしかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の滝への道すがら。この辺りの標高の紅葉は素晴らしかった。
1
平滑の滝
展望台からの写真だが木が手前にあるのであまり良く見えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平滑の滝
展望台からの写真だが木が手前にあるのであまり良く見えない
尾瀬ヶ原温泉の山小屋群。小屋と言うよりはふつーの宿泊施設という感じか、巨大な建物です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原温泉の山小屋群。小屋と言うよりはふつーの宿泊施設という感じか、巨大な建物です。
只見川本流に掛かる東電尾瀬橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
只見川本流に掛かる東電尾瀬橋
東電小屋よりヨシッ堀田代当面を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東電小屋よりヨシッ堀田代当面を望む
1
東電小屋の横に生えてた何かの実。夏にどんな花が咲いたんだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東電小屋の横に生えてた何かの実。夏にどんな花が咲いたんだろうか。

感想/記録
by endoh

尾瀬には過去2回訪れているが、尾瀬ヶ原を満喫したことがなかったため、草紅葉のこの時期に尾瀬ヶ原をウロウロするだけの行程で行ってみることにした。天気は概ね晴れ、平日のため人も少ない。朝は写真愛好家の人たちが木道で三脚を使って撮影しているが、それでも全く問題ないくらいの空きっぷり。
自分のこれまでの尾瀬訪問では後行程の関係もあって豪速で駆け抜けていた尾瀬ヶ原を草紅葉を堪能しつつのんびり写真を撮りながらの歩く。見晴まで来て、ここから東電小屋経由で引き返すには流石に早すぎる。ということで三条の滝まで足を伸ばしてみることに。

ところが、三条の滝への途中で出会った方に「三条の滝展望台は今朝で閉鎖されましたよ」との情報を頂く。そういえばさっきすれ違った3人組が展望台の閉鎖作業をしてきました的な雰囲気の人たちだった。取り敢えず三条の滝まではもうすぐだったので行ってみると案の定入り口ゲートが閉鎖されていた。。。

尾瀬ヶ原温泉まで戻ってのんびりラーメンなど食べていたが、午前中にのんびりしすぎたせいか、気が付けば結構時間が経っている。ここから先は相当な早足で帰ることに。この日は運の悪いことにヨッピ吊橋から牛首への道が通行止めのため竜宮経由の遠回りを強いられたが、それでも平地のためあっという間に山ノ鼻に。今回のコース、実は往路が下り基調で復路は上りとなるという珍しいパターン。山ノ鼻→鳩待峠の緩い上りをがんばって、なんとか15時に鳩待峠に到着。最後はドタバタだったが、静かな尾瀬ヶ原を堪能できて満足の一日だった。
訪問者数:220人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 紅葉 木道 草紅葉
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ