ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 760198 全員に公開 ハイキング丹沢

塔ノ岳〜源次郎尾根・仲尾根をミニ周回でプチバリ気分

日程 2015年11月07日(土) [日帰り]
メンバー odax
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢出合までスクータ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
18分
合計
4時間25分
S戸沢山荘08:3110:32花立10:54塔ノ岳10:5511:08木ノ又大日11:0911:16新大日茶屋11:1711:24書策新道分岐11:30政次郎ノ頭11:3111:42行者ヶ岳11:4311:55烏尾山12:0812:28仲尾根12:54作治小屋12:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○源次郎尾根(VR?、標識あれば大部分登山道といってもいいレベル)
源次郎沢を渡り、尾根末端は書策新道がしばらく尾根に絡むが、尾根上キープを心掛けているといつの間にか書策新道を離れるが、杉植林帯の間は尾根上にはっきり道形(林業用仕事道?)がある。1100m位で草原に出ると踏み跡が不明瞭になる。草原はがれ縁を挟み2段ある。ともかく尾根沿いに上を目指す。灌木帯から一時ざれ尾根に出たところがステップが崩れ登りにくい。低い笹径になると踏み跡は明瞭になり、源次郎沢源頭の岩場に着く。ここから大倉尾根までは一投足である。
○仲尾根(廃道?少ないがテープ、標識2か所あり)
烏尾山頂の塔ノ岳側「表尾根9」の標識の処に赤布があり。下り始め100m余りはかやとの急坂で、ほとんどジグを切らない。踏み跡程度だが、徐々にはっきりしてくる。900m付近が傾斜した草尾根で見晴らしが開ける。850m付近で尾根は二分し南これを南に折れる(ロープ、標識あり)。作治小屋のすぐ南に小一時間で降り立てる。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

戸沢付近紅葉してきてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸沢付近紅葉してきてます。
8
本日の登路は源次郎尾根。一応VRルートですが、源次郎沢遡上後の下降で使われます(遥か30ん年前に下ったはずです)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の登路は源次郎尾根。一応VRルートですが、源次郎沢遡上後の下降で使われます(遥か30ん年前に下ったはずです)
10
源次郎沢を渡る。黄葉いい感じです。
(実はうっかり天神尾根をしばらく上がっちゃいました)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源次郎沢を渡る。黄葉いい感じです。
(実はうっかり天神尾根をしばらく上がっちゃいました)
2
しばらく書策新道を辿りますが、上がれれば尾根上を辿ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく書策新道を辿りますが、上がれれば尾根上を辿ります。
1
この付近で書策新道と別れたのかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この付近で書策新道と別れたのかな。
3
左に斜面を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に斜面を登ります。
1
キッコウハグマ、一輪のみ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キッコウハグマ、一輪のみ
14
杉林の中、仕事道風の道形はある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林の中、仕事道風の道形はある。
樹間から水無川本谷の紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から水無川本谷の紅葉
28
1,000m付近、杉林を抜けたか(いえまだまだ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,000m付近、杉林を抜けたか(いえまだまだ)
おお、紅いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、紅いです。
5
急斜面で踏ん張るから赤いのか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面で踏ん張るから赤いのか
3
今度こそ抜けたか(1070m付近)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度こそ抜けたか(1070m付近)
3
抜けた。気持ちいい草原です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けた。気持ちいい草原です。
17
野鳥の囀りも煩い位だが、姿はうまく捉えられず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野鳥の囀りも煩い位だが、姿はうまく捉えられず。
2
落葉松の黄葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落葉松の黄葉
16
三ノ塔と大山もチョコン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔と大山もチョコン
4
ゲンノショウコ、草原に一輪残ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲンノショウコ、草原に一輪残ってました。
17
表尾根。思ったよりいい天気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表尾根。思ったよりいい天気。
7
がれ縁を過ぎると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
がれ縁を過ぎると
3
灌木帯に入り露岩も。
この上がざれで登りにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木帯に入り露岩も。
この上がざれで登りにくい。
1
源次郎沢源頭の露岩帯に着いた。懐かし〜い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源次郎沢源頭の露岩帯に着いた。懐かし〜い。
2
水無川の紅葉を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水無川の紅葉を見下ろす
10
沖の源次郎沢の中にひときわ鮮やかなオレンジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沖の源次郎沢の中にひときわ鮮やかなオレンジ
17
笹の中の明瞭な踏み跡を大倉尾根へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の中の明瞭な踏み跡を大倉尾根へ
2
大倉尾根は人がいっぱい。すれ違い待ちに、鍋割山稜の紅葉をポップカラーでデコってみました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根は人がいっぱい。すれ違い待ちに、鍋割山稜の紅葉をポップカラーでデコってみました!
14
塔ちゃーく。
ガスガスで主稜も見えたり隠れたり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ちゃーく。
ガスガスで主稜も見えたり隠れたり
6
お、いましたね。
猫「餌くれにゃーん(コビ^2)。
  て、なんだお前か」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、いましたね。
猫「餌くれにゃーん(コビ^2)。
  て、なんだお前か」
26
猫「何、また太ったって言いたいのかニャー?」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫「何、また太ったって言いたいのかニャー?」
17
猫「じゃ、シーソーで試してみニャ」
  ほら、吾輩が上がった」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫「じゃ、シーソーで試してみニャ」
  ほら、吾輩が上がった」
14
猫「支点からの距離が違う?
  細かいことにゃ目つぶるニャ〜!」
odax「はいはい、また来るね」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫「支点からの距離が違う?
  細かいことにゃ目つぶるニャ〜!」
odax「はいはい、また来るね」
18
表尾根を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表尾根を行く
1
ススキと行者、三ノ塔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキと行者、三ノ塔
8
大山、左の長い尾根が北尾根。
yamabeeryuさんはどの当たりかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山、左の長い尾根が北尾根。
yamabeeryuさんはどの当たりかな?
1
岩場に咲き残る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場に咲き残る
3
すれ違い待ちの間に行者の岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すれ違い待ちの間に行者の岩場
1
リンドウ咲いてた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウ咲いてた
15
下る仲尾根が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る仲尾根が見えてきました
4
その上部の紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その上部の紅葉
6
アートフィルターで盛ってみました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アートフィルターで盛ってみました
24
最終ピーク烏尾山に着いた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終ピーク烏尾山に着いた
1
とりあえずalc0%で乾杯!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえずalc0%で乾杯!
5
塔はすでにガスの中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔はすでにガスの中
1
アザミ残ってました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アザミ残ってました
11
さて、仲尾根の下りはここから
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、仲尾根の下りはここから
1
直下はかやとの急下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直下はかやとの急下り
なんと!春の花スミレが一株花をつけていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと!春の花スミレが一株花をつけていました。
14
下るにつれ紅葉、黄葉も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下るにつれ紅葉、黄葉も
6
表尾根(行者付近)と黄葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表尾根(行者付近)と黄葉
17
登路に取った源次郎尾根の2つの草原が確認できる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登路に取った源次郎尾根の2つの草原が確認できる
1
中間部で開けてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間部で開けてきた
4
900m付近の草尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
900m付近の草尾根
9
850m付近道は南の尾根に折れる(道標、ロープあり)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
850m付近道は南の尾根に折れる(道標、ロープあり)
2
もうすぐ林道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ林道です
3
ショートでしたが、とりあえずプチバリ成功でプレプリ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートでしたが、とりあえずプチバリ成功でプレプリ!
21

感想/記録
by odax

 例年のことですが忙しくなってきて、日曜も出勤。隙間の土曜なんとか山に行くぞ!昨夜も帰りが遅く、ストレスでろくに眠れていなので、半日勝負で!
 近年は、山を歩いたと言っても、易しい整備された一般登路ばかりでしたので、表丹沢のプチバリ風ルートを歩いてみることに。源次郎尾根(VRルート、注:丹沢のです!)と仲尾根(廃道?)。いずれも、むか〜し水無川の沢登りの下降路として歩いたことがあるのですが、ほとんど覚えていません(汗)。
 結果、かなり両コースともルートははっきりしていて、天気さえ良ければ迷うことはなさそうです。源次郎尾根は、下部は単調ですが上部の草原と源頭の岩はあきさせません。仲尾根は中間部の草付きで展望が開けます。登りなら源次郎尾根の方が気持ちいいかな。
 眠気はなんとかもちましたが、それにしてもちとショート過ぎたかもしれません。
訪問者数:667人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2015/11/8 7:59
 odaxさん、こんにちは。
僕は、塔ノ岳が絡む、丹沢レコは
反応が早いです。
目的はニャンコ。
ますます太りましたね〜
odaxさん、遭遇率高いですね。
元気そうで、何より。

お疲れの中、時間を割いての登山、
紅葉きれいですし、フィルターも
一眼で、ごちゃごちゃ調整するより
手っ取り早くて、仕上がりよろしい
ですよ〜

丹沢のVRは、経緯は全く
詳しくないのですが
鈴鹿の山の場合だと
土砂災害のあと、復旧が出来ず
新道開拓して、廃道でという
パターンが多いです。
ロープ、目印は助かりますね。
登録日: 2011/11/28
投稿数: 4942
2015/11/8 12:19
 odaxさん、こんにちは。
表丹沢の大動脈(大倉尾根&表尾根)の周辺にある
この二つの非一般道、仲尾根は半袖隊長様の
レコを参考に歩いたことがありますが、源次郎尾根は
未経験です 興味深く拝見いたしました

確かに書策新道を歩いておりますと「ここからかな」
という雰囲気の作業道らしき道が見えます。
機会があれば歩いてみたいなと密かに思っております

塔ノ岳の白っぽい猫は一段と丸みを帯びてきてますねcat
冬を無事に越して欲しいと思ってます

紅葉が良い雰囲気で秋を感じさせていただきました
登録日: 2012/6/10
投稿数: 172
2015/11/8 15:22
 源次郎沢
odaxさん、こんにちは。
丹沢は今紅葉が良さそうですね。
源次郎沢は丹沢の沢登りの手始めとして有名でした。私も最初に行きましたが、45年前かな。塔ノ岳まで行って、大倉尾根を降りたと思います。懐かしい名前です。
登録日: 2011/8/13
投稿数: 251
2015/11/8 18:00
 油断していました!
お、おめでとうございます!
ついに 悪の、、いやグレイな誘惑の道に踏み出してしまいましたね
もう 知りませんよ〜

源次郎尾根 30mの懸垂降下大丈夫でしたか?
違うか?
源次郎尾根は 書策新道を歩く時 天神尾根は苦手なので
下山にいつも使おうと思っていましたが
下りが 結構間違い易いらしく まだ歩いていませんが
思ったより 自然林多そうですね!
偵察? ご苦労様でした
これで 体いや 行く所の巾が広がりましたね

on-boroP
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7725
2015/11/8 18:32
 odaxさん、
源次郎尾根は下りで使ったことがあるな。
仲尾根は登りで歩いたな。
ふんふん・・・今回はその逆ですうね
・・・なんて思っていたら、下ったことがあるのは源次郎尾根ではなく政次郎尾根でした。

源次郎尾根は吉備人出版の詳細図にも載っていないですね。
そう言えば・・・マルガヤ尾根を登っていた時に一緒になったパーティが、「源次郎で下る」と言われて、さっぱり分からなかったことを思い出しました。

書策新道はnavecatさんに連れて行って頂いたのでナントカなりましたが、ここは一人で行っても大丈夫ですかね?

37番写真、その時、拙者は、ネクタイ尾根と格闘していた頃でしょうか

  隊長
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1243
2015/11/8 22:53
 10^2
 komakiさん、猫レポ に反応ありがとうございます。
 確かに見る度恰幅よくなってもはや、塔ノ岳の主の貫禄ですね〜。
 小生の猫ちゃん遭遇率 ?まあ高いですね、どういう”事情”かはわかりませんが。
 ちなみに、遭遇率(%)でいうと"10の2乗"です
 (注:↑十の二乗[塔の事情]と読んでください )。
 なお、小生本物のVRを語れるほどの技量も度胸もありません ので、VR続編は当面予定ありません。
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1243
2015/11/8 22:58
 鍋の季節が待ち遠しい
 navecatさん、コメありがとうございます。
 しかし、丹沢の深部を度々訪ねておられるnavecatさんに、参考にしていただけるような山行内容ではありません 。びびり親父のちょいVRごっこですよ。
 ただ、源次郎尾根は30余年前、仲間と駆け下った時の尾根上部の好印象 がかすかに残っていたので、ずっと再訪してみたかったのでした。
 丹沢の紅葉 前線は今、標高500m付近まで降りてきているのでしょうか。主稜線はすっかり冬前の佇まいに移行中です。
 葉を落とした枝に、白い霧の花 が咲き乱れ、それが着雪 に変わる頃には、再びnaveの季節が訪れるといいですね
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1243
2015/11/8 23:03
 源次郎沢
 kyenさんももちろん行かれてましたね 、源次郎沢。
 丹沢→沢登り→水無川。定番コース ですものネ。
 小生も沢入門は、葛葉川本谷でして、源次郎沢は5本目位でしたか。水が少なく、上部の枯棚登りも面白かったのですが、詰め上げの開放感ある終了点の方が印象的でした。でも、変にいっぱし沢慣れた"つもり "の頃で、一般道を下るのが素人臭いという感じで、源次郎尾根を駆け下りましたネ。
 今回はその尾根のみじっくり、のんびり再訪しましたよ
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1243
2015/11/8 23:08
 源より長
 boroPさん、
 源次郎尾根、登りなので迷う所はなかったですが、下りにとるとちょっと気を使いますかね(最初は下ったんですが・・・・)。
 グレイ(VR)の道 。boroPさんのように好んで?染まりきることはないかな〜 。今回も記憶にはほとんどないものの、一応既知のルートですし。VR全くやらなくはないのでしょうが、ちょっと手を伸ばして は、引っ込める 感じでしょうか。
 行きたい稜線に一般路がなく、VRだからというケースはあるかもしれません。

PS 本場の場合は、”源次郎お姐”よりは、”長次郎たん”に憧れ てます。
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1243
2015/11/8 23:11
 yamabeeryuさん
 小生がお気楽周回している時に、すぐ近くをVR、VR(バリバリ )歩かれてましたね。
 小生も大山北尾根、気になってます。ただ、"ネクタイ"は・・・・ 。小生戌年ですが、根っからの"野良犬"ですから、"首輪"は苦手なんです
 あ、大山レコ へはまた後日お寄りしますネ(ちと疲れて まして)。
PS 源次郎尾根、隊長なら登りは楽勝、下りもガスらなきゃ無問題でしょう。
登録日: 2009/12/5
投稿数: 1447
2015/11/8 23:15
 お隣の山にいました。
odaxさんも忙しい最中の山行…
山に行くことに意義ありというところでしょうか
最近よく見かける塔のニャンコ。
会いに行きたいなぁ〜
ニャンコも肥えるのだったら、
私も肥えるよなぁ〜秋は…
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1243
2015/11/9 8:01
 冬に備えて
clioneさん、※ありがとうございます。
なんだ、堂平当たりから、「お昼一緒にどうだい(ら)?」と声掛けてくだされば丹沢山まで馳せ参じましたのに
塔ノ岳の猫ちゃん、来る厳しい冬に備えてか、食い溜めに勤しんでいましたネ〜。つまり、「それ、おねだり!あっ、おねだり♪※1してました。でも…、猫撫で声を出しているのは主に女性に対してだった様な… 。ところで、この猫名前はあるのでしょうか?ないのなら、仮称カリン 様※2とでもお呼びましょうかね。
※1:「せんと千尋」中のリズム で読んでください
※2:塔にいる白い猫、女性に弱いので…て今度は「ドラゴンボール」か!
ということで…、いいじゃないですか、" 美味しかった東アルプス丹沢"で!
「肥えた? 」などと無礼な輩には、「フ、冬山への備えヨ ‼」で切り返す

仕事の藪漕ぎにお疲れ中odax、"最中"がモナカに見える幻視が…
登録日: 2013/4/11
投稿数: 839
2015/11/10 1:02
 塔ネコちゃん!!
odaxさんお久しぶりです

塔ノ岳へ上がるにもいろいろバリエーション的な道があるのですね。
山肌に色づく紅葉のお写真がまた凄く美しいです
それに塔ネコちゃん、毛並までハッキリとよく撮れてますね
私が見たのは1月の寒い時期、それも遠くの茂みで丸くなっている姿
しか見てないので、こんな近くで見れるなんてうらやましいです
ちょっとふてぶてしい感じが妙にかわいいネコちゃんです
写真に付けられた会話口調のコメントが笑っちゃいました
写真33は特に最高です!!今度お貸出願います(笑)
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1243
2015/11/10 8:13
 カリン様♡
 kazuroさん、久コメありがとうございます。
 丹沢はいま中腹が紅葉 の盛りです(大倉尾根等メジャー登路は大賑わいです)。で、静かなマイナールートを織り交ぜて行きました(汗)。
 行かれてましたね〜、今年1月。極寒の中猫ちゃんに遭いに。是非また遭いに行ってあげてください。
 塔の白猫、カリン様(仮称)は、最初あった恥じらい(?)はどこ吹く風、盛大に餌おねだりしていましたネ(特に女性に )。ですので、広い山頂を見渡せばほぼ見つかるのでは(odaxは十割です )?
 カリン様との妄想会話、お"ウケ"戴き恐縮です 。登山内容だけでなく、写真 もテク・質とも凡庸なodaxレコ は、皆様に飽きられないようコメ苦心します⁉

凡レコに仕掛けられた、意外な捻ったコメント。
これがodaxの最後の決め手だよ!kazuroさん‼

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ