ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 764476 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

山伏 〜 山伏登山口駐車場から大谷嶺駐車場まで 〜

日程 2015年11月15日(日) [日帰り]
メンバー usofuyu
天候晴れ所によりくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◇山伏登山口駐車場に自家用車を駐車。
・自分の車以外の車は出発時も下山時も駐車なし。
・駐車場には最大で5台ほど駐車可能。
・駐車場まで1kmほど非舗装の林道を走る。最後の数百メートルは路面状態が悪いため、車高の低い車は要注意です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
55分
合計
5時間1分
Sスタート地点11:2411:53大岩/ワサビ小屋12:35蓬峠12:4313:34西日影沢分岐13:44山伏14:2515:14大平沢ノ頭15:33新窪乗越15:3816:12扇の要16:1316:19大谷嶺登山道入口16:25大谷嶺駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【登山口→蓬峠】
沢沿いを歩いた後、尾根に取り付きます。
◆登山口からしばらくは、雨上がりということもあり、岩と落ち葉が濡れて滑りやすい状態でした。
◆渡渉地点が何ヶ所かありますが、それほど難しい所はありません。水量が多い所はしっかりとした木橋が架けられています。
【蓬峠→山伏山頂】
尾根伝いに歩きます。
◆痩せている尾根を歩く所もありますが、それほどの危険箇所はありません。
【山伏山頂→新窪乗越】
ゆるやかなアップダウンを繰り返します。
【新窪乗越→大谷嶺登山口】
◆新窪乗越からしばらくガレザレの道を歩きます。少し滑りやすい道です。
その他周辺情報梅ヶ島新田温泉「黄金の湯」で入浴。
・1時間以内400円。
・受付17時、営業時間17時30分までと営業時間が短い点は要注意。
・洗い場、浴場ともに広々としています。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

駐車場から少しだけ林道を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から少しだけ林道を歩きます。
3
沢を何度か横切りますが、水量が多い所はしっかりとした木橋が架けられています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を何度か横切りますが、水量が多い所はしっかりとした木橋が架けられています。
2
雨上がりということもあり、沢の水量はそこそこありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨上がりということもあり、沢の水量はそこそこありました。
4
先ほどとは別の木橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどとは別の木橋。
1
打ち捨てられた小屋。
今にも大岩に押しつぶされそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打ち捨てられた小屋。
今にも大岩に押しつぶされそう。
4
滾り落ちていく沢の水。
適当に撮影したため、イマイチ迫力が伝わらない画像に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滾り落ちていく沢の水。
適当に撮影したため、イマイチ迫力が伝わらない画像に。
6
トラバース地点。
ロープが張られていますが、それほど危険ではありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース地点。
ロープが張られていますが、それほど危険ではありません。
4
この辺りは尾根が少し痩せていました。
この後急登区間となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは尾根が少し痩せていました。
この後急登区間となります。
1
西日影沢分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西日影沢分岐
1
笹原の脇をゆったりと登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原の脇をゆったりと登っていく。
8
ヤマレコなどでよく見かける立ち枯れの木。
残念ながら、雲が邪魔で富士山が見えません。
今週も富士山を見に来て富士山が見えず、意気消沈。
この時点では。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコなどでよく見かける立ち枯れの木。
残念ながら、雲が邪魔で富士山が見えません。
今週も富士山を見に来て富士山が見えず、意気消沈。
この時点では。
7
山伏山頂到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏山頂到着!
7
南アルプスの主稜線も雲に覆われています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの主稜線も雲に覆われています。
4
休憩地点から見た山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩地点から見た山頂
3
雲が抜けそうだったので、少し待ってみると…。
待望の富士山が見えました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が抜けそうだったので、少し待ってみると…。
待望の富士山が見えました!
8
山伏と言えば、この風景。
笹原と立ち枯れの木の向こうに見える富士山。
絶景です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏と言えば、この風景。
笹原と立ち枯れの木の向こうに見える富士山。
絶景です!
3
湿気を多く含んだ重い雲が流れていきます。
この日は11月とは思えない暑さでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿気を多く含んだ重い雲が流れていきます。
この日は11月とは思えない暑さでした。
2
富士山Zoom
相変わらず積雪が少ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山Zoom
相変わらず積雪が少ない。
5
山伏からはこんなゆったりとした起伏の道を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏からはこんなゆったりとした起伏の道を歩きます。
1
山伏を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏を振り返る。
1
安倍南嶺が遠くに見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安倍南嶺が遠くに見えました。
2
木々の間から鳳凰山が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から鳳凰山が見えました。
3
苔の生えた切り株
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の生えた切り株
3
布引山と笊ヶ岳。
奥の山は悪沢岳でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布引山と笊ヶ岳。
奥の山は悪沢岳でしょうか。
2
新窪乗越に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新窪乗越に到着
1
ここからガレザレの道を下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからガレザレの道を下っていきます。
1
大谷崩を見ながら下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷崩を見ながら下っていきます。
2
大谷崩は、スケール感がありすぎるが故に、逆に迫力をあまり感じませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷崩は、スケール感がありすぎるが故に、逆に迫力をあまり感じませんでした。
3
下っていたら、ガスが上がってきて、ガスに包まれました。
夏でもないのに…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下っていたら、ガスが上がってきて、ガスに包まれました。
夏でもないのに…。
1
紅葉もいよいよ終わりですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉もいよいよ終わりですね。
7
扇の要まで下ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇の要まで下ってきました。
1
扇の要からの登山道は歩き易いように均されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇の要からの登山道は歩き易いように均されていました。
2
大谷嶺登山口まで下りてきました。
駐車場までは林道をあと少しだけ歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷嶺登山口まで下りてきました。
駐車場までは林道をあと少しだけ歩きます。
2

感想/記録

11月15日は朝のうち雨で、静岡県内はどこも昼前から天気が回復する予報。
直前まで降雨予報とにらめっこし、昼から日没までの短い時間で楽しめそうな山として山伏に行くことにしました。
山伏は、この春にトレーニングのため登っていた竜頭山でお会いした方に「山頂の雰囲気が良いし、富士山を眺めるには最高の場所だよ」と薦められた山でした。
いつか登りに行こうと記憶の隅にはとどめてはいたものの、標高があまり高くないこともあって、後回しになってしまっていました。

雨の中での山行は嫌なので、ゆっくり家を出て、登山口の駐車場に着いたのは11時過ぎ。
雲は多いものの、雨雲の影は何処にもなく、すっかり青空が広がっていました。

駐車場を出たところで、ヤマレコユーザーのkitainotoriさんと出会い、ご一緒することに。
kitainotoriさんは山伏には何度か登ったことがあるそうで、色々と案内してもらいました。
そして、kitainotoriさんから「大谷嶺登山口駐車場から山伏登山口駐車場まで車で送っていくので、大谷嶺登山口までどうですか」とお誘いいただき、喜んで山頂からも同行させてもらうことにしました。
林道歩きをする気分ではなく、当初駐車場から山頂までのピストンを予定していただけに思わぬ幸運でした。

山伏は噂にたがわぬ素敵な山でした。
山頂までは、変化に富み、歩いていて楽しい登山道を歩けます。
そして、山頂付近は、聞いていた通り、素晴らしい雰囲気の場所でした。
ただ、山頂からは南アルプスの主稜線は見えず、曇りがちで富士山もスッキリとは見えなかったことは残念でした。

登山口までのアクセスも2時間強と苦にならないため、再訪して、眺望を楽しみたいと思います。
訪問者数:647人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/28
投稿数: 125
2015/11/16 22:45
 また御一緒しましょう
お疲れ様です

いつも一人で登る事が多いので、話しながら楽しく登れました。
usofuyuさんは魅力的なルートを登っている方なので、また教えて下さい。
山頂での展望は、もうちょっとでしたが山伏は何時登ってもいい山です。
静岡県民なら台形の聖岳を、ぜひ見ていただきたいです〜

それでは、また〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ