ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 765008 全員に公開 トレイルラン関東

OMM

日程 2015年11月14日(土) [日帰り]
メンバー tosamkcdmaririnn
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間24分
休憩
1分
合計
6時間25分
Sスタート地点08:3709:13浦倉山09:1415:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ガーミンウルトラトラックは
あてになりません
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

感想/記録




OMM JAPAN2015 TSUMAGOI

今回のコースでもっとも過酷を極めたポイント
毛無峠

14日土曜日
この開催地で想定された
最も厳しい天候状況からのスタート

山の上では一部雪
吹きさらしの稜線上での強風

オーバーナイトキャンプは
翌日のスタートまで
ひたすら降り続けた冷たい雨

まるで48年続くTHE OMMの伝統が
この遠く離れた日本まで
はるばるイタズラでもしにきたかのようなドラマチックな2日間

そんな超過酷を極めた2日間にも関わらず
参加したコンペティター全員が
それぞれの判断で
無事にフィニッシュまで戻り
帰路に着いた

この日本のコンペティターの
マウンテンスキルと判断能力の高さ

そして
これほど厳しい状況でも笑顔で楽しみ乗り切る精神の強さを
本国UKをはじめ世界に証明できたことが何よりも嬉しく誇らしく思います

そしてこのOMMというイベントから
多くの経験と新たなアイデアが生まれ育ち
日本のアウトドア
マウンテンスキルが年ごとに向上していくことを確信します

また来年
是非OMMJAPAN2016で再会できることを楽しみにしています

TEAM OMMJAPAN一同
OMMJAPAN Event director小峯秀行




こんな主催者側の
身に余るコメントに対し
不甲斐ない私の反省文です



出走は
スコアロング

1日目7時間
2日目6時間

ルートを考え
時間内にゴールし
CPの合計点数を競う
1分の遅刻につき5点減点
2人でテン泊につき
寝袋・テント・水・食料など
背負ってのレース

私の場合
32Lのリュックに8キロ

大きなリュック背負って走ると
肩甲骨動かせず
下半身に頼りきり
まさに修行です

途中から
地図読み放棄し
終始一貫
ナビゲーション力をバディに頼りきる
着いて行くだけの情けないレース

バディは元より
周囲の参戦者の
コンパス見ながらの語らいを
聞けば聞くほど

その楽しさを分かち合えない
自身の不甲斐なさにため息

国土地理院25,000分の1
地図記号と等高線だけの地図
いやはや好きになれず
2年経ったけど

一念発起!
地図読み学んで
来年こそは
私だって
コンパス持って進みたい



さてさて
☆1日目★

朝から本降り
迷わずカッパ上下を身にまとう

スタート地点まで
2キロ40分歩けなんて
なんぞやと思えば

スキー場ゲレンデ
登りきったところからの出発

ここまでで
もはや靴はぐっしょり

そして
最初のCP目指すは
2000メートルあたりから
まさかの積雪

進めば
風も吹き荒み
寒さ倍増

下りは
雪と泥のスキー場

そんなこんなで
前半はトレイル中心

道無き道を
嫌というほど藪漕ぎしながら
カッパベトベトにして
時に棘に引っかかったり
丸太で転んだり

なんでこんなことしとるんやろって
何度も思いました…

でも
浜松フォトロゲで
遅刻して減点された
苦い思い出が蘇り

後半のロードは
基本登り以外は走ろうと
それなりに頑張ったのではないでしょか

ねぇ
バディ

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘…?



そうしてゴールした時には
全身汗やら雨まみれ

テント張るにも
本降りの雨

手伝い始めたものの
汗冷えで震え止まらず
バディに任せて
トイレで着替え

全身びしょ濡れ
手も悴む中
ほんま至難の技でした

テントに戻り
アルファー米にお湯を入れて頂き
蒸らしながらカイロ代わりにして
少しほっこりするひと時

そして
早々と
8時前には寝てたでしょうか

気づけば10時
テントを叩く雨音で目覚め
雨にうんざりしながらも
引き続き
すやすやと…

疲れてたら
人間どこでも寝れるもんです

朝起きて
雨が止んでなかったのには
ほんまにショックでした…

((((;゜Д゜)))))))






訪問者数:266人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ロング
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ