ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 767672 全員に公開 ハイキング奥武蔵

般若山と釜ノ沢五峰、落ち葉が多いと道がわからな〜い

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー yama-neko-3, その他メンバー4人
天候曇、一時霧雨パラつきましたが、余り影響なく過ごせました。
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
8:09秩父着
17:34秩父発

レンタカーを借りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
1時間44分
合計
6時間51分
S秩父札所32番般若山法性寺09:1209:50舟観音09:5110:00大日如来10:0110:27第1鉄塔10:42第2鉄塔10:59長若山荘11:22一ノ峰(釜ノ沢五峰)11:2411:33二ノ峰(釜ノ沢五峰)12:3812:47三ノ峰(釜ノ沢五峰)12:4812:54四ノ峰(釜ノ沢五峰)12:5713:13五ノ峰(釜ノ沢五峰)13:1413:30布沢峠13:53中ノ沢分岐13:5413:58文殊峠14:2314:28中ノ沢分岐14:2914:40兎岩分岐14:45竜神山14:4615:18兎岩15:2015:37登山口15:50長若山荘16:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
落ち葉で道がわからなくなる個所がいくつもありました。しかも、そう言う場所に限って赤フンなし。かなり道迷いをしてしまいました。
また、落ち葉で滑りやすい個所が何箇所もあり、第3?鉄塔の個所は立ち入り禁止となってここでも道迷いとなってしまいました。
出合ったのは、前半舟観音付近の男性数名の団体と、釜ノ沢めぐりですれ違った3人組のみでした。お天気がイマイチだったので少なかったのかな?
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

秩父札所32番法性寺。立派な山門です。
出発準備をしていると近所のおばさんが来て「あぶないよ。昨日も滑った人がいるよ。やめといた方がいいよ。それより温泉に行った方がいいよ」。何でこんなこと言うかなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父札所32番法性寺。立派な山門です。
出発準備をしていると近所のおばさんが来て「あぶないよ。昨日も滑った人がいるよ。やめといた方がいいよ。それより温泉に行った方がいいよ」。何でこんなこと言うかなぁ。
これがよくヤマレコで見かける般若ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがよくヤマレコで見かける般若ですね。
3
観音堂が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音堂が見えます。
観音堂に行こうとしたけど、友人たちはそのまま左に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音堂に行こうとしたけど、友人たちはそのまま左に
で、後追い。石が濡れてちょっと滑りやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、後追い。石が濡れてちょっと滑りやすい。
石段になっているところもある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石段になっているところもある。
鎖を見て、岩場女子のCちゃんが「登ろう!」。上には壊れた神輿の様なものが有りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖を見て、岩場女子のCちゃんが「登ろう!」。上には壊れた神輿の様なものが有りました。
しばらく行くと、ようやく観音様が並んでいるところ。この先に舟観音への岩が有りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くと、ようやく観音様が並んでいるところ。この先に舟観音への岩が有りました。
1
結構安全に歩けます。平気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構安全に歩けます。平気です。
4
やはり舟観音は出しておかないと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり舟観音は出しておかないと。
1
大日如来への岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日如来への岩。
ここも足置き場が有るので大丈夫。下りは少々大変だけど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも足置き場が有るので大丈夫。下りは少々大変だけど。
大日如来のお顔。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日如来のお顔。
標識は割とある方だと思いますが、肝心なところに無く何度か道迷いをしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識は割とある方だと思いますが、肝心なところに無く何度か道迷いをしました。
突然岩のあるところに茸がいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然岩のあるところに茸がいっぱい。
亀岩でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀岩でした。
2
これは第2鉄塔に登る階段。それまで落ち葉で足場が悪かった所、突然長い階段が出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは第2鉄塔に登る階段。それまで落ち葉で足場が悪かった所、突然長い階段が出てきます。
長若山荘の道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長若山荘の道標
で、何となく道に進んだらこんなモニュメントみたいなものが有るのですが、その先は道なき道となります。もっと左手の道を選びましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、何となく道に進んだらこんなモニュメントみたいなものが有るのですが、その先は道なき道となります。もっと左手の道を選びましょう。
こんな感じで岩にからむ根っこもありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで岩にからむ根っこもありました。
見晴らしがいいと、黄葉がきれいです。ただ、遠くの山が見えなかったのが残念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしがいいと、黄葉がきれいです。ただ、遠くの山が見えなかったのが残念。
1
これは第二峰の間違い。この手前に分岐が有りますが、展望台の方を迷わず選ぶとここに出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは第二峰の間違い。この手前に分岐が有りますが、展望台の方を迷わず選ぶとここに出ます。
その後は鎖。いつもなら鎖を使わない隊長も、ここでは鎖を使っています。この後下った岩場女子は鎖を使う事無く降りていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は鎖。いつもなら鎖を使わない隊長も、ここでは鎖を使っています。この後下った岩場女子は鎖を使う事無く降りていました。
お昼は茸汁。うどんと餅を入れて完成。そのほか、さんまの醤油煮、きびなごの黒酢煮、柿、炊き込みご飯のおにぎり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼は茸汁。うどんと餅を入れて完成。そのほか、さんまの醤油煮、きびなごの黒酢煮、柿、炊き込みご飯のおにぎり。
4
ところどころの紅葉がきれいで癒されます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころの紅葉がきれいで癒されます。
1
ここが本当の第三峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが本当の第三峰
ここも見晴らしがいいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも見晴らしがいいです。
1
ただ、鎖がこんなところに張ってありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ、鎖がこんなところに張ってありました。
下りは落ち葉で困難をきたしておりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは落ち葉で困難をきたしておりました。
こんな感じの落葉の積もり様。しかし、こんなに道がはっきり見えるのはまだ楽な方。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの落葉の積もり様。しかし、こんなに道がはっきり見えるのはまだ楽な方。
突然、立ち入り禁止のマーク。ここは要注意で、どこを進むか迷うところでした。下の方に道が有ったのですが、これがう回路なのか?結局ほぼロープが渡っている個所を進んでみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然、立ち入り禁止のマーク。ここは要注意で、どこを進むか迷うところでした。下の方に道が有ったのですが、これがう回路なのか?結局ほぼロープが渡っている個所を進んでみました。
モミの大木。と言う標識もありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミの大木。と言う標識もありました。
もんじゅ峠へすすみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もんじゅ峠へすすみます。
文殊峠には天文台がありました。ここでコーヒータイム。肝心の展望がいいと言われる天文台には登らず。行けば良かった、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文殊峠には天文台がありました。ここでコーヒータイム。肝心の展望がいいと言われる天文台には登らず。行けば良かった、、
また、この階段でもどります。
その後、かなりの藪こぎが有ることも知らず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、この階段でもどります。
その後、かなりの藪こぎが有ることも知らず。
みちがよくわからない。あっているかどうかもわからないまま進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みちがよくわからない。あっているかどうかもわからないまま進みます。
こんなところに!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところに!
ここまで落ち葉で道を失いそうになりながら、ようやく兎岩へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで落ち葉で道を失いそうになりながら、ようやく兎岩へ。
両方に鎖が付いているのですが、最初の所が足場が斜めになっているので滑ってしまいました。要注意ポイントです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両方に鎖が付いているのですが、最初の所が足場が斜めになっているので滑ってしまいました。要注意ポイントです。
その後、登山口から長若山荘を経て30分位で法性寺へ。お疲れ様でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、登山口から長若山荘を経て30分位で法性寺へ。お疲れ様でした。

感想/記録

1年くらい前に、山友から「私、般若山に行きたいんです」。ようやく実現した山行きでした。
法性寺から長若山荘まではほぼ問題なく進むことができます。ただし、この時期は落ち葉が積もっていますので、土が濡れているような場所だと滑ってしまいますので要注意です。
長若山荘から釜ノ沢に進むのですが、まず、何となく道なりに行ったら記念碑みたいなものが建っていて、その先は行き止まりとなりました。下の方に道がありましたので標識を確認する事が必要ですね。
ここから先は結構大変でした。五峰まではあまり問題なかったのですが、木が切り倒されていて赤フンが見つからないところが何箇所かありました。しかも落葉で道が見えない。本当にこの方向に進んでいいのだろうか?と思う個所も何箇所かありました。
特に中の沢分岐から先の兎岩に進む道は芒などの藪となっていて、その後は落葉だらけで、ルートを見つけるのが難しい個所でした。しかも、1か所標識の方向が斜めになっている個所が有りました(写真無し)。その場所では真直ぐ山頂の方に向かいます。兎岩の手前では赤フンが無くなり、ちょっとルートがわからなくなりましたが、ロープが見えたのでその道を進みました。ちょっとしたアドベンチャーでした。
兎岩の最初の所は両側に鎖が有っても足場が斜めとなっていて、油断すると私みたいに滑ってしまいます。気をつけましょう。
登山口に降りたら、林道なのに左側に赤フンがたくさんついていて、、、うーん?!
訪問者数:233人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 道迷い 紅葉 山行 出合 道標 モミ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ