ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 767770 全員に公開 ハイキング京都・北摂

大江山(千丈ヶ嶽・赤石ヶ岳)

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
加悦双峰公園駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間20分
休憩
17分
合計
2時間37分
S加悦双峰公園14:1215:10大江山15:2016:19赤石ヶ岳16:2616:49加悦双峰公園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
◆大江山の前に登った弥仙山
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-767761.html
その他周辺情報天の橋立岩滝温泉 クアハウス岩滝(与謝郡与謝野町岩滝:500円⇒23周年イベントで390円)
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

弥仙山に続く本日2つ目のお山は大江山とし、加悦双峰公園を起点に大江山連峰の最高峰千丈ヶ嶽と赤石ヶ岳を往復します。火消しリスさんに見送られて出発し、
2015年11月22日 14:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥仙山に続く本日2つ目のお山は大江山とし、加悦双峰公園を起点に大江山連峰の最高峰千丈ヶ嶽と赤石ヶ岳を往復します。火消しリスさんに見送られて出発し、
3
「憩いの家」の脇から笹原の斜面を登り始めます。
2015年11月22日 14:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「憩いの家」の脇から笹原の斜面を登り始めます。
2
東屋のある高台に差し掛かると、眼下に広がるのは加悦谷の眺め。
2015年11月22日 14:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋のある高台に差し掛かると、眼下に広がるのは加悦谷の眺め。
3
尾根の上に出ると、緩やかな起伏を伴って千丈ヶ嶽へと続く稜線を見定めます。ススキの草原を横切り、コブを一つ越えると、
2015年11月22日 14:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の上に出ると、緩やかな起伏を伴って千丈ヶ嶽へと続く稜線を見定めます。ススキの草原を横切り、コブを一つ越えると、
6
南麓の天座から上がってきた林道に合流します。しばらく林道歩きを続け、
2015年11月22日 14:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南麓の天座から上がってきた林道に合流します。しばらく林道歩きを続け、
1
車止めの広場を通過してさらに進むと、
2015年11月22日 14:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車止めの広場を通過してさらに進むと、
鬼嶽稲荷神社に向かう林道と別れて千丈ヶ嶽への登山道に進みます。この後も幅広で緩傾斜の道が続き、
2015年11月22日 14:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼嶽稲荷神社に向かう林道と別れて千丈ヶ嶽への登山道に進みます。この後も幅広で緩傾斜の道が続き、
1
植林と自然林を交互に通り抜けながら先に進むと、色づく木々も現れます。
2015年11月22日 14:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林と自然林を交互に通り抜けながら先に進むと、色づく木々も現れます。
2
幅広の尾根を辿って、
2015年11月22日 15:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幅広の尾根を辿って、
1
午後の日差しを反射して赤や黄に輝くカエデに目を見張ります。鬼嶽稲荷神社から上がってきた道と合流すると、
2015年11月22日 15:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後の日差しを反射して赤や黄に輝くカエデに目を見張ります。鬼嶽稲荷神社から上がってきた道と合流すると、
4
やがて広々とした千丈ヶ嶽の頂上に到着します。
2015年11月22日 15:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて広々とした千丈ヶ嶽の頂上に到着します。
4
南西方向が大きく開け、三岳山やこの後向かう赤石ヶ岳、その先には粟鹿山や床尾連山が見渡せます。
2015年11月22日 15:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西方向が大きく開け、三岳山やこの後向かう赤石ヶ岳、その先には粟鹿山や床尾連山が見渡せます。
4
南東方向には由良川の流域を望みます。
2015年11月22日 15:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東方向には由良川の流域を望みます。
3
カエデの紅葉を仰ぎ見ながら来た道を引き返します。
2015年11月22日 15:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエデの紅葉を仰ぎ見ながら来た道を引き返します。
2
加悦双方峰公園への下降点まで戻ると、そのまま尾根通しに進んで赤石ヶ岳を目指します。
2015年11月22日 15:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加悦双方峰公園への下降点まで戻ると、そのまま尾根通しに進んで赤石ヶ岳を目指します。
4
加悦双峰公園を横目に鞍部を通過し、
2015年11月22日 15:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加悦双峰公園を横目に鞍部を通過し、
1
千丈ヶ嶽を背にしながら登りに転じます。笹原に灌木が混じる急坂の足下は、
2015年11月22日 16:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈ヶ嶽を背にしながら登りに転じます。笹原に灌木が混じる急坂の足下は、
2
赤茶けた蛇紋岩系の露岩。滑りやすいので気を付けながら登ります。
2015年11月22日 16:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤茶けた蛇紋岩系の露岩。滑りやすいので気を付けながら登ります。
2
傾斜はやがて落ち着きますが、赤石ヶ岳の名に相応しく、赤茶けた岩が目立つ道が続きます。
2015年11月22日 16:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜はやがて落ち着きますが、赤石ヶ岳の名に相応しく、赤茶けた岩が目立つ道が続きます。
2
赤石ヶ岳の頂上に到着します。頂上には加悦双峰公園から「モノレーター」の錆びついたレールが伸びてきています。
2015年11月22日 16:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石ヶ岳の頂上に到着します。頂上には加悦双峰公園から「モノレーター」の錆びついたレールが伸びてきています。
4
南側には天ヶ峰と三岳山が並び、彼方にはシルエットとなった粟鹿山や段ヶ峰の姿もあります。
2015年11月22日 16:22撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側には天ヶ峰と三岳山が並び、彼方にはシルエットとなった粟鹿山や段ヶ峰の姿もあります。
4
北側に少し進むと崩れかけた東屋があり、北側の展望が開けています。足下には加悦谷が広がり、その先には磯砂山や丹後半島が見渡せます。
2015年11月22日 16:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側に少し進むと崩れかけた東屋があり、北側の展望が開けています。足下には加悦谷が広がり、その先には磯砂山や丹後半島が見渡せます。
1
時間も遅いので長居はできません。千丈ヶ嶽を眺めながら引き返すと、暗くならないうちに加悦双峰公園に帰り着くことができました。
2015年11月22日 16:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間も遅いので長居はできません。千丈ヶ嶽を眺めながら引き返すと、暗くならないうちに加悦双峰公園に帰り着くことができました。
5
撮影機材:
訪問者数:517人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 林道 紅葉 栗鼠 東屋 草原 下降点
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ