ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 768924 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

古賀志山・馬蹄形

日程 2015年11月21日(土) [日帰り]
メンバー tochimochi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
1時間10分
合計
7時間50分
S赤川ダム駐車場07:5409:05東稜展望台09:0809:13古賀志山09:25御嶽山09:2709:42中岩(通称:三本松)09:4510:04赤岩山10:0810:26三角点峰「赤岩」10:3613:04540P13:1613:37559P13:4814:08富士見峠14:0914:22古賀志山14:3014:33東稜展望台14:4915:44赤川ダム駐車場15:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

森林公園駐車場から出発です。快晴の空に古賀志山がいつものように悠然と聳えていました。
2015年11月21日 07:56撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林公園駐車場から出発です。快晴の空に古賀志山がいつものように悠然と聳えていました。
2
芝山橋から東稜に取り付き、歩いていきます。反省岩からの中尾根の眺めも久しぶりでした。
2015年11月21日 08:23撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芝山橋から東稜に取り付き、歩いていきます。反省岩からの中尾根の眺めも久しぶりでした。
大岩から左にトラバースすると、見事な紅葉が残っていました。
2015年11月21日 08:52撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩から左にトラバースすると、見事な紅葉が残っていました。
1
亀岩です。ここを登る方もいますが私には無理です。この裏がルートになります。
2015年11月21日 08:55撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀岩です。ここを登る方もいますが私には無理です。この裏がルートになります。
鎖場を2箇所ほど越えていくと東稜見晴らしです。雲上の筑波山が爽快でした。
2015年11月21日 09:05撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を2箇所ほど越えていくと東稜見晴らしです。雲上の筑波山が爽快でした。
2
そして何と富士山も見えました。右側ですが分るでしょうか。
2015年11月23日 17:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして何と富士山も見えました。右側ですが分るでしょうか。
1
馬蹄形ルートのスタート地点の古賀志山です。ここから時計回りに歩いていきます。山名板が朝日に輝いていました。
2015年11月21日 09:12撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬蹄形ルートのスタート地点の古賀志山です。ここから時計回りに歩いていきます。山名板が朝日に輝いていました。
御嶽山に行くと掲示板が・・・。ここに山座同定盤を設置するようです。見晴らしをよくするため周囲の広葉樹も伐採するということでした。
良いのか悪いのか疑問もありますが、既に伐採は済んでいて日光連山の眺めは確かにすっきりしていました。
2015年11月21日 09:24撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山に行くと掲示板が・・・。ここに山座同定盤を設置するようです。見晴らしをよくするため周囲の広葉樹も伐採するということでした。
良いのか悪いのか疑問もありますが、既に伐採は済んでいて日光連山の眺めは確かにすっきりしていました。
新しい道標がいくつか設置されていました。この西尾根の入口にはびっくりしました。ここも正式なルートになってしまいました。
2015年11月21日 09:33撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい道標がいくつか設置されていました。この西尾根の入口にはびっくりしました。ここも正式なルートになってしまいました。
この岩はカミソリ岩というようです。快適に越えられます。
2015年11月21日 09:36撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩はカミソリ岩というようです。快適に越えられます。
そして二尊岩、この名称は分る気がします。
2015年11月21日 09:57撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして二尊岩、この名称は分る気がします。
赤岩山を過ぎ、北ノ峯に着きました。ここを下れば馬蹄形の半分が終了です。
2015年11月21日 10:30撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩山を過ぎ、北ノ峯に着きました。ここを下れば馬蹄形の半分が終了です。
ここから急下降となります。尾根沿いに下りていくと目印の作業小屋が見えてきました。
2015年11月21日 10:47撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから急下降となります。尾根沿いに下りていくと目印の作業小屋が見えてきました。
さらに下りていくと林道に出ます。馬蹄形の最低標高点です。これを横切っていくと沢筋が広大に伐採されていました。何のために・・・!?
2015年11月21日 10:55撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに下りていくと林道に出ます。馬蹄形の最低標高点です。これを横切っていくと沢筋が広大に伐採されていました。何のために・・・!?
ここも横切っていくと、腰掛岩への道標がありました。そのまま進んでいくと尾根から外れてしまうので右側に見える枝尾根に上がりました。そのまま詰めていくと稜線に上がりました。この辺に腰掛岩があるはずなのですが、見当りません。どこでスルーしたか・・・。そのまま歩いて444Pです。三角点は有りません。
2015年11月21日 11:45撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも横切っていくと、腰掛岩への道標がありました。そのまま進んでいくと尾根から外れてしまうので右側に見える枝尾根に上がりました。そのまま詰めていくと稜線に上がりました。この辺に腰掛岩があるはずなのですが、見当りません。どこでスルーしたか・・・。そのまま歩いて444Pです。三角点は有りません。
渋い紅葉が見られました。
2015年11月21日 11:50撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋い紅葉が見られました。
可愛いホコリタケがありました。
2015年11月21日 12:00撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可愛いホコリタケがありました。
1
383Pは左に巻き道があります。それにしてもどうしてこちら側だけ伐採してしまったのか・・・!?
2015年11月21日 12:07撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
383Pは左に巻き道があります。それにしてもどうしてこちら側だけ伐採してしまったのか・・・!?
最後の急登を詰めて鞍掛〜古賀志の稜線に出ました。昨年付けたテープも残っていました。
2015年11月21日 12:52撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の急登を詰めて鞍掛〜古賀志の稜線に出ました。昨年付けたテープも残っていました。
1
ここからは道沿い、迷わずに歩けるはずなのですが、意外とこの稜線も難しいです。2回ほど踏み跡に迷い込んでしまいました。そして古賀志山方面の上空にはヘリが、どうやら事故があったようです。後で調べると北コースを登っていた登山者が落ち葉で滑って滑落したようです。
2015年11月21日 13:14撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは道沿い、迷わずに歩けるはずなのですが、意外とこの稜線も難しいです。2回ほど踏み跡に迷い込んでしまいました。そして古賀志山方面の上空にはヘリが、どうやら事故があったようです。後で調べると北コースを登っていた登山者が落ち葉で滑って滑落したようです。
559Pに立ち寄り休憩していた方たちと雑談、やはりヘリが気になっているようでした。
2015年11月21日 14:35撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
559Pに立ち寄り休憩していた方たちと雑談、やはりヘリが気になっているようでした。
富士見峠です。ここが北コースの入口になります。
2015年11月21日 14:07撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見峠です。ここが北コースの入口になります。
古賀志山に戻りました。馬蹄形ルートの完成です。
2015年11月21日 14:21撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古賀志山に戻りました。馬蹄形ルートの完成です。
東稜見晴らしに戻ると周辺の概念図板が設置されているのに気が付きました。良くできています。観音尾根も正式名称となっていました。中山道は岩下道になっています。
2015年11月21日 14:34撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東稜見晴らしに戻ると周辺の概念図板が設置されているのに気が付きました。良くできています。観音尾根も正式名称となっていました。中山道は岩下道になっています。
東稜を下っていきます。
2015年11月21日 14:40撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東稜を下っていきます。
途中観音尾根に分岐し、謂れとなった観音様に挨拶していきました。
2015年11月21日 14:56撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中観音尾根に分岐し、謂れとなった観音様に挨拶していきました。
下りきってから右に回り込んで東稜に戻り、反省岩に着きました。本日の反省をしました。
2015年11月21日 15:16撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りきってから右に回り込んで東稜に戻り、反省岩に着きました。本日の反省をしました。
振り返ってみる古賀志山にはうろこ雲がかかっていました。
2015年11月21日 15:20撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ってみる古賀志山にはうろこ雲がかかっていました。
1
撮影機材:

感想/記録

晴天で展望もよく、快適に縦走できました。と言ってもいったん下ってからの登り返しはきつかったです。鞍掛〜古賀志の稜線で迷ってしまったのはまだまだ注意力不足でした。さらに腰掛岩をスルーしてしまったのは残念でした。
紅葉も意外と楽しめました。今年は紅葉が遅いと言われていますが、確かにそういう感じでした。
また山座同定盤を含め、道標も整備されてきています。栃木県民の山からメジャーな山になりつつあるようでした。
訪問者数:688人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ