ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 769143 全員に公開 ハイキング富士・御坂

大室山(ガスの中の登山道調査)

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー yama-ari(CL), reg(食事)
天候■大室山 15:12 ガス 10℃ 無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士風穴の入口付近の路肩に5〜6台は駐車可能。またそこから北100mくらいの場所にも4〜5台駐車可能(私たちはそこに停めました)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間19分
休憩
12分
合計
2時間31分
Sスタート地点13:3113:35精進口登山道−富士宮鳴沢線分岐13:42富士風穴13:4414:50大室山15:00大室山三角点15:0415:12大室山15:1315:48富士風穴15:5316:00精進口登山道−富士宮鳴沢線分岐16:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ツエルト(2人用) 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) レインウェアTHE NORTH FACEマウンテンレインテックス(1) ガスカートリッジPRIMUS IP-110(1) バーナーPRIMUS P-153(1) イグニッションスチール(1) カートリッジホルダーPRIMUS P-CH(1) コッヘルセットsnow peak(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) GPS GARMIN etrex20(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-1(1) 無線機STANDARD VX3(1) 携帯食 水2.0L

写真

本栖湖越しに富士山を見るとき、その左手前にあるのが大室山です。千円札にもこの構図で描かれています(写真は2013年1月撮影)。
2013年01月12日 15:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本栖湖越しに富士山を見るとき、その左手前にあるのが大室山です。千円札にもこの構図で描かれています(写真は2013年1月撮影)。
6
パノラマ台からの大室山は、秀麗の手前に可愛く鎮座しています(写真同上)。
2013年01月12日 14:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ台からの大室山は、秀麗の手前に可愛く鎮座しています(写真同上)。
4
王岳からみた大室山。駿河湾からのガスに耐えています(写真同上)。
2013年01月12日 09:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王岳からみた大室山。駿河湾からのガスに耐えています(写真同上)。
1
雨ヶ岳が早く終わったので、いつも気になっていた大室山の登山ルートの下見に行ってみることにしました! 富士風穴の入口付近は、路肩駐車の車でいっぱいだったので、県道を100mほど過ぎた場所に車を停めました。
2015年11月22日 13:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨ヶ岳が早く終わったので、いつも気になっていた大室山の登山ルートの下見に行ってみることにしました! 富士風穴の入口付近は、路肩駐車の車でいっぱいだったので、県道を100mほど過ぎた場所に車を停めました。
1
午後でしたが、入口のゲートには、富士風穴ねらいの方がたくさんいました。
2015年11月22日 13:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後でしたが、入口のゲートには、富士風穴ねらいの方がたくさんいました。
3
富士山の精進湖口ルートを進みます。
2015年11月22日 13:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の精進湖口ルートを進みます。
1
ゲートから8分くらいで、富士風穴の石柱に出合います。
2015年11月22日 15:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートから8分くらいで、富士風穴の石柱に出合います。
1
ちなみに富士風穴はこんな感じ。
2015年11月22日 15:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに富士風穴はこんな感じ。
1
富士風穴からさらに5分ほど歩くと、分岐に出合います。ここを右へ。ちなみに左が精進湖口ルートです。
2015年11月22日 13:47撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士風穴からさらに5分ほど歩くと、分岐に出合います。ここを右へ。ちなみに左が精進湖口ルートです。
1
右にいくと、このゲートが現れます。これを乗り越えます。
2015年11月22日 15:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右にいくと、このゲートが現れます。これを乗り越えます。
1
するとそこは、やまなし森林100選にもえらばれている、ブナのいい場所! 折角なので、下見で終わるのはもったいない。登ることにしました!(というか、しっかり登る気だったりして)
2015年11月22日 15:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
するとそこは、やまなし森林100選にもえらばれている、ブナのいい場所! 折角なので、下見で終わるのはもったいない。登ることにしました!(というか、しっかり登る気だったりして)
3
とりつきは、このリボンを目印に。3〜4本だけです。すぐになくなります。
2015年11月22日 13:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりつきは、このリボンを目印に。3〜4本だけです。すぐになくなります。
1
登山道はありません。どこをあるいても登山ルートです。
2015年11月22日 13:58撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はありません。どこをあるいても登山ルートです。
3
途中から50mおきに、こうしたピンクリボンがあります。見つけにくいですが、よく見ればあります。もう少し、ピンクリボンがあればわかりやすいのですが。
2015年11月22日 14:12撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から50mおきに、こうしたピンクリボンがあります。見つけにくいですが、よく見ればあります。もう少し、ピンクリボンがあればわかりやすいのですが。
1
相変わらずの、ガス状態。
2015年11月22日 14:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずの、ガス状態。
3
1300mを超えるとさらに、ガスが濃くなってきました。白リボンも出てきました。これもまばらです。
2015年11月22日 14:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1300mを超えるとさらに、ガスが濃くなってきました。白リボンも出てきました。これもまばらです。
2
そうこうしてるうちに、大室山の北陵の山頂に到着。展望無し。
2015年11月22日 14:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうこうしてるうちに、大室山の北陵の山頂に到着。展望無し。
4
三角点がある南陵に向かいます。ここは踏跡がしっかりついています。
2015年11月22日 14:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点がある南陵に向かいます。ここは踏跡がしっかりついています。
1
途中、踏跡の分岐があります。ここを右です。左に行くと、大室山を下りて行ってしまいます。北陵の山頂と三角点との間は、ほぼフラットの道のりで10分です。
2015年11月22日 15:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、踏跡の分岐があります。ここを右です。左に行くと、大室山を下りて行ってしまいます。北陵の山頂と三角点との間は、ほぼフラットの道のりで10分です。
2
クマザサがなくなってきたら三角点はもうすぐ。
2015年11月22日 14:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマザサがなくなってきたら三角点はもうすぐ。
1
つまずきそうな場所に、三角点発見!
2015年11月22日 15:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つまずきそうな場所に、三角点発見!
1
南陵の開けた場所に到着。本来ならここから、富士山や本栖湖が見えるはず。生憎のガス状態。
2015年11月22日 15:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南陵の開けた場所に到着。本来ならここから、富士山や本栖湖が見えるはず。生憎のガス状態。
1
「静岡やぶこぎ山岳会」さんの最近設置された標識。倒れていたので、刺しておきました。南陵の展望場所にありました。
2015年11月22日 15:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「静岡やぶこぎ山岳会」さんの最近設置された標識。倒れていたので、刺しておきました。南陵の展望場所にありました。
4
下りは、ガスもあって赤リボンが発見しにくく、降りる方向を見失います。
2015年11月22日 15:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは、ガスもあって赤リボンが発見しにくく、降りる方向を見失います。
2
GPSで確認しながら、ルートを修正します。大室山は特に下りは、道迷いの注意が必要です。ガス時はGPS必須。
2015年11月22日 15:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GPSで確認しながら、ルートを修正します。大室山は特に下りは、道迷いの注意が必要です。ガス時はGPS必須。
4
無事に下山し、帰りの車で振り返ると、大室山のガスがとれていました。まあ、登山とはこんなものです。
2015年11月22日 16:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山し、帰りの車で振り返ると、大室山のガスがとれていました。まあ、登山とはこんなものです。
1
本栖湖越しの薄い大室山。ガスの一日でしたが、雨ヶ岳と大室山で遊べました!
2015年11月22日 16:38撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本栖湖越しの薄い大室山。ガスの一日でしたが、雨ヶ岳と大室山で遊べました!
5

感想/記録

■ガスの中の登山道調査

<雨ヶ岳・中ノ倉山(北尾根から。めしてんプロジェクト)>
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-769140.html

 上の山行が早く終わったので、いつも気になっている大室山の登山ルートを確認しに。ガスで山行には適さないとわかっていましたが、と、とりあえず入口だけでも(というか、ザック背負って、出発から登る気満々!?)

 大室山は、現在進行中の「みんなで選ぶ山梨200名山」プロジェクトの候補にも挙がっています。興味のある方は是非、コミュニティを覗いてみてください!

<みんなで選ぶ山梨200名山>
http://www.yamareco.com/modules/xsns/?cid=143

 昭文社「山と高原地図 富士山」には、大室山への登山道表示はなく、完全にルート外の山です。北陵の山頂から南陵の三角点までは、踏跡がありますが、それ以外は、道なき枯葉の丘をまっすぐ登る感じです。取り付きからは、それなりにピンクリボンがありますが、これも50m置きで分かりにくかったです。特に、下りは、方向を見失う危険性があります。見失ったら、そこは樹海。コンパスと地図、できれはGPSがあった方が無難です。

 生憎のガスで南陵の展望場所からの眺望はありませんでしたが、晴れていればいい景色だったと思います。大室山の存在感といい、取り付きのブナ林といい、いい山です。山梨200名山としては、私の中ではありかなと思いました。雪のときに、今度こそ南陵の景色を見に、スノーハイクをしに来たいなあ〜〜。

 繰り返しになりますが、大室山の課題は安全性。もう少し、取り付きからピンクリボンを設置できれば、安全に登山できると思います。Kazuhagiさんお願いします<m(__)m>。
訪問者数:377人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 2089
2015/11/25 20:33
 なんで赤リボン追加で購入した事知ってるの?
yama-ariさん
regさん

調査お疲れ様でした。
2人して、オッサンが購入しているもの何故ご存じなのか不思議
最近リボン無くなっており、赤6本購入したばかりです。

しかし、このコースは霊感強いオッサンは無理だな〜
また自宅に持ってきてしまいそうなのでね〜
regさん憑いてますので注意!

なーんて冗談なのでご心配なくhappy02
登録日: 2012/12/5
投稿数: 527
2015/11/27 17:05
 Re: なんで赤リボン追加で購入した事知ってるの?
Kazuhagi さん。

やっぱり、赤リボンを購入していましたか!
夢枕に出てきました(笑)

やはり山梨200となると、廃道、ルート外が多くなってきますね。
離山しかり、安全に登れるというのも選考のポイントになって
きます。

山梨200調査の時は、これからリボンもっていきたいと思います。
標柱は立てられなくても、できる範囲で、なにか貢献したいですね。
(決して、大室山にリボン付けに行ってくださいといっている
わけではありません)。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ