ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 769465 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

初めてのヘッデン&またも猪。芦屋川~六甲山頂ピストン

日程 2015年11月22日(日) [日帰り]
メンバー lagrange
天候うす曇りから晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き帰りとも阪急芦屋川駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
36分
合計
5時間30分
S芦屋川駅05:3405:41芦屋川、高座の滝方面分岐05:46城山・荒地山方面分岐点05:4706:00高座の滝06:0106:11ロックガーデンの案内板06:32風吹岩06:3906:50荒地山への分岐06:5207:18雨ヶ峠07:2307:39本庄橋跡07:4107:42本庄堰堤北側の分岐08:12一軒茶屋08:1408:18六甲山08:2508:44一軒茶屋08:4509:08本庄堰堤北側の分岐09:28雨ヶ峠09:2909:54荒地山への分岐09:5510:04風吹岩10:0510:24蛙岩10:59芦屋川駅11:0411:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下山時の雨ヶ峠でイノシシと遭遇。登ってくる人に襲われた人がいました。風吹岩から七曲りまではイノシシに要注意です。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

始発で来ると5:20分頃。コンビニで買い物をしたので5:30過ぎの出発です。もちろん辺りは真っ暗。この日の日の出は6:31でした。
2015年11月22日 05:34撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始発で来ると5:20分頃。コンビニで買い物をしたので5:30過ぎの出発です。もちろん辺りは真っ暗。この日の日の出は6:31でした。
1
高座の滝への道、こんな感じで街頭が所々ついているのでヘッデン無しで十分歩けますし、この時間帯でも高座の滝への散歩をする方がそこそこいらっしゃいますので、あまり不安は感じません。
2015年11月22日 05:51撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座の滝への道、こんな感じで街頭が所々ついているのでヘッデン無しで十分歩けますし、この時間帯でも高座の滝への散歩をする方がそこそこいらっしゃいますので、あまり不安は感じません。
1
ロックガーデン入口。初めて見る夜の光景です。
2015年11月22日 05:57撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロックガーデン入口。初めて見る夜の光景です。
2
結構人が多いなぁと思いながら歩いていたのですが、高座の滝周辺で焚火をして大勢の方(主にご老人?)が談笑してらしゃいました!
へー早朝こんなことをされているんですねー!!
2015年11月22日 05:59撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構人が多いなぁと思いながら歩いていたのですが、高座の滝周辺で焚火をして大勢の方(主にご老人?)が談笑してらしゃいました!
へー早朝こんなことをされているんですねー!!
4
高座の滝、映りません!(笑)
ここからさき、ヘッデンつけて登りました。その様子も撮影したのですが、スマホの不調で残っておおらず・・・
詳しくは感想に記載します。
2015年11月22日 06:00撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座の滝、映りません!(笑)
ここからさき、ヘッデンつけて登りました。その様子も撮影したのですが、スマホの不調で残っておおらず・・・
詳しくは感想に記載します。
1
風吹岩手前の眺望。日の出の時刻。残念ながら雲がかかっていてご来光は見れませんでした。
2015年11月22日 06:30撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩手前の眺望。日の出の時刻。残念ながら雲がかかっていてご来光は見れませんでした。
1
風吹岩。私と前後して登っていた若いお兄さんと二人っきりでししばし休憩…
2015年11月22日 06:33撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩。私と前後して登っていた若いお兄さんと二人っきりでししばし休憩…
2
いつもの雨ヶ峠。この時間帯でも何名か休憩される方、通過される方がいます。みんなすごい早起き!
2015年11月22日 07:19撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの雨ヶ峠。この時間帯でも何名か休憩される方、通過される方がいます。みんなすごい早起き!
5
住吉川上流の渡渉
2015年11月22日 07:36撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住吉川上流の渡渉
渡渉2
2015年11月22日 07:38撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉2
本庄橋跡の紅葉が美しい…
2015年11月22日 07:40撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本庄橋跡の紅葉が美しい…
3
本庄橋跡を通過します。
2015年11月22日 07:40撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本庄橋跡を通過します。
七曲りに入ります。ここが一合目。
2015年11月22日 07:48撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曲りに入ります。ここが一合目。
五合目、七曲り半分通過~
2015年11月22日 07:59撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目、七曲り半分通過~
一軒茶到着。そして休憩を入れずに
2015年11月22日 08:13撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一軒茶到着。そして休憩を入れずに
2
山頂まで一気に登りました。
2015年11月22日 08:19撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで一気に登りました。
3
年甲斐もなく、タッチしてみますw
2015年11月22日 08:19撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
年甲斐もなく、タッチしてみますw
1
朝山ラーメン!
早朝とはいえ、この時期の六甲山としては暖かい方でしたが
やはり暖かいものが有り難いです。
2015年11月22日 08:26撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝山ラーメン!
早朝とはいえ、この時期の六甲山としては暖かい方でしたが
やはり暖かいものが有り難いです。
3
渡渉3。帰りは本庄橋跡と違うルートから。
2015年11月22日 09:13撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉3。帰りは本庄橋跡と違うルートから。
最近、まとまった降水があったこともあり、水量が豊かです。
2015年11月22日 09:13撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近、まとまった降水があったこともあり、水量が豊かです。
雨ヶ峠付近。オスの猪。かなりの大きさです。小さく映っていますが結構な大きさです。明らかにこちらを見てスキを伺っていました。
2015年11月22日 09:34撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨ヶ峠付近。オスの猪。かなりの大きさです。小さく映っていますが結構な大きさです。明らかにこちらを見てスキを伺っていました。
1
帰りに立ち寄った風吹き岩。時刻は午前10時頃。
繁盛している居酒屋?っておもうほど賑やかでした。
2015年11月22日 10:07撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに立ち寄った風吹き岩。時刻は午前10時頃。
繁盛している居酒屋?っておもうほど賑やかでした。
4
昨日と同じ蛙岩経由。
2015年11月22日 10:24撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日と同じ蛙岩経由。
1
会下山遺跡群に入ってきました。
2015年11月22日 10:36撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会下山遺跡群に入ってきました。
1
会下山遺跡の中心部。
今日はこの後のご褒美もなしで早々に帰宅。
午後からの予定に備えました~
2015年11月22日 10:39撮影 by 401SO, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会下山遺跡の中心部。
今日はこの後のご褒美もなしで早々に帰宅。
午後からの予定に備えました~

感想/記録

今回の山行は、午後から演劇の練習に出なければいけなかったのですが、
なんとか運動不足を解消したかったため、初めてヘッデンを使用して
日の出前からのハイクを強行しました。

ヘッデン・・・これ使う時は遭難するときやから、できれば出番がない方が
いいね~なんて言って買ったのですが、まさかこんな形で使うとは(笑)

いつもの芦屋川駅に到着しましたが、もちろん辺りは真っ暗。前日夜に山行を
決めたため、飲料食料の準備が整っていないため、駅近くのコンビニで買いそろえ
出発です。真っ暗な中まだ静かな町を歩いていると、こんな時間から山ガールが
一人で登り始めています。すごいです!!
で、しばらくはほぼ同じように歩いていましたが。その方は一人で真っ暗な
荒地山方面へ向かわれてました。怖くないんでしょうか・・・(実は私の方が
怖がっていたのかもしれません(^^;)

高座滝までは街頭がともっており、お散歩をされる近所の方々も多くいて
あまり不安を感じることなく登れました。そして、高座滝では早朝散歩の
ご老人が大勢集まってキャンプファイヤーもどき。いやー皆さん楽しそうです。
私もご一緒したい気持ちに後ろ髪をひかれながら、この後の予定もあるので
急いでヘッデンを装着して先を目指します。ここからは暗闇。ドキドキです。
何が怖いかというと、岩場でイノシシに遭遇した時。
真っ暗、人っ子一人いない状態でイノシシに遭遇したらどうしようかと・・・

そんな心配をしつつ、岩場に入っていったのですが、そんな事より岩場を
ヘッデンで登る難しさを痛感しました。このルートはもう数回通っているので
見慣れたところなのですが、それでもヘッデンに照らされて映るのは単調な
岩の壁。もしここが初めてならどこが道か分からなかったでしょう。
いくら、ヘッデンがあるといっても、知らない山道を夜が更けてからウロウロ
するのは危ないなぁと感じました。

さて、そんな初めての夜間山行もしばらくすると、空が徐々に白みはじめ辺りの
視界が効くようになってきますが、木陰や森に入ると足元が良く見えません。
風吹岩手前の眺望まではヘッデンをつけたまま歩きました。驚いたことに、
そこに付くまえに、ヘッデンをつけながら下山してくる人がいました。
いったい何時から登られたのでしょうか・・・(汗)

風吹岩到着後はいつもの山行。風吹岩には猫ちゃんもいなく、途中イノシシに
会うこともなく順調に山頂まで到着。既に健脚の方々が数名山頂にはいらっしゃ
います。ヘッポコハイカーの私には場違いな感じ(^^;

時間が無いので大急ぎでカップ麺を掻き込むと、休憩もそこそこに下山。
ダブルポールでせっせか下っていきますが、ポールに頼りすぎたせいか、
親指の付け根にマメができてつぶれてしまいました。まぁ、これもいい勉強です。
順調に下って雨ヶ峠の休憩所を過ぎたころ・・・・
右手のささやぶに「ガサガサガサッ!!!」と気配が。イノシシのようです。
どうやら、下手の杉林から休憩所のある所に向かっているようです。
下から上がってい来る人に、今イノシシがウロウロしているので注意してください
ね~と声をかけると、「いまやらちゃったんですよ~」との事!!!
ザックを狙ってお尻をかまれたようです。恐ろしい・・・

で、さらに10数m下ると、今度は中高生らしきジャージの一団が「ウワァー!!」
っと逃げて駆け登ってきます。「そこに猪いますよ~!!!!」っと教えてくれ
ました。「わかった、ありがとう~」といいながら、彼らの来た方向を見ると
巨大な雄イノシシ。ゆっくりとこちらを見ながら近づいてきます。
完全にこちらをロックオン。登山道には私とイノシシの二人きり。そこで、すかさず
ポールを高く上げ広げ、ブンッ!と振り下ろして地面を叩き威嚇。ポールを
叩き合わせ、カンッ!カンッ!と音を出して威嚇すると、徐々にイノシシが
身じろぎしているのが分かります。そのまま続けると、やがて逃げるように
登山道から藪の中に逃げていきました。

勝利!!!(^^)v

ホントにこれだけ猪と何回も遭遇すると、なんとなく対処法が分かってきた
ような気がします。そして、やっぱり武器(威嚇用)は必要だなぁと感じました。
そんなこんなで、今回も始めてのヘッデンも含めて色々経験値あがったかな?
と思える山行でした♪


訪問者数:194人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ