ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 770244 全員に公開 ハイキング丹沢

塔ノ岳84回目★小丸尾根↑源次郎尾根↓★強風は大したことなくて良かった★ノラ猫見なかった

日程 2015年11月27日(金) [日帰り]
メンバー WeeklyClim
天候晴れ 場所により時々強風は吹いたが全般的には太陽が当たって暖かな歩きとなった
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間23分
休憩
56分
合計
6時間19分
S表丹沢県民の森駐車場08:2910:35小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)10:5111:03大丸11:0411:32塔ノ岳12:0412:23花立12:2613:31書策新道入口13:3413:38戸沢山荘13:3913:44作治小屋14:48大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

県民の森スタートの場合、いつものように平成の森経由で・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県民の森スタートの場合、いつものように平成の森経由で・・・
1
廃墟登山訓練所の横を通過し・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃墟登山訓練所の横を通過し・・・
1
小丸尾根に取り付きます。下の方はまだまだ紅葉が楽しめます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸尾根に取り付きます。下の方はまだまだ紅葉が楽しめます。
3
淡い色から・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡い色から・・・
3
濃い色のものまで色々です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濃い色のものまで色々です。
6
今日は快晴なのでどこも色が映えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は快晴なのでどこも色が映えます。
4
小丸まで1500mの表示がある鞍部まできれいですがこの上はほとんど落葉してます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸まで1500mの表示がある鞍部まできれいですがこの上はほとんど落葉してます。
2
尾根登り切りました。雪が増えましたね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根登り切りました。雪が増えましたね。
14
テカテカのように見えますね。白煙が上がっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テカテカのように見えますね。白煙が上がっています。
10
もう冬なので輝く相模湾の季節です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう冬なので輝く相模湾の季節です。
7
30倍ズームにて真鶴岬と初島。海面が輝いているのでコントラストがくっきり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30倍ズームにて真鶴岬と初島。海面が輝いているのでコントラストがくっきり。
7
稜線に出て蛭ケ岳山荘。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出て蛭ケ岳山荘。
2
大丸方向に進んで花立山荘。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丸方向に進んで花立山荘。
1
何度も歩いている場所を違う視点から見るのも良いものです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も歩いている場所を違う視点から見るのも良いものです。
2
見上げると尊仏山荘も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げると尊仏山荘も。
3
葉がすっかり落ちるとブナの姿が際立ちます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉がすっかり落ちるとブナの姿が際立ちます。
2
すっかり冬のたたずまい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり冬のたたずまい。
輝く海には何度も視線が行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
輝く海には何度も視線が行きます。
13
場所によりときどき強風に吹かれながら塔ノ岳到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
場所によりときどき強風に吹かれながら塔ノ岳到着。
4
雲がかかってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がかかってきました。
6
平日のせいか人はまばらですがそれでも山としては多いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日のせいか人はまばらですがそれでも山としては多いですね。
1
三ノ塔には数名の人影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔には数名の人影。
2
下山中にて花立山より。海に向かって降りる感じがすばらしく開放的です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中にて花立山より。海に向かって降りる感じがすばらしく開放的です。
8
花立山から半分下って源次郎尾根の取り付き。踏み跡クッキリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山から半分下って源次郎尾根の取り付き。踏み跡クッキリ。
すぐに崖上の展望個所です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに崖上の展望個所です。
そして樹林帯を経て上の草原。ここも眺めが良い所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして樹林帯を経て上の草原。ここも眺めが良い所。
1
上の草原からは戸沢と作治小屋が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の草原からは戸沢と作治小屋が見えます。
少し下って下の草原。ここからの下りが分かり難いので注意が必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下って下の草原。ここからの下りが分かり難いので注意が必要です。
2
正しく下ると檜の植林帯の中の九十九折ルートとなります。ずっと急傾斜です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正しく下ると檜の植林帯の中の九十九折ルートとなります。ずっと急傾斜です。
植林帯の下部まで行くと沢の音が聞こえてきて紅葉地帯となりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯の下部まで行くと沢の音が聞こえてきて紅葉地帯となりました。
そして水がジャバジャバ流れる階段を下って源次郎尾根ルート終了です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして水がジャバジャバ流れる階段を下って源次郎尾根ルート終了です。
2
この辺りの紅葉もそろそろ最後の見納めかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの紅葉もそろそろ最後の見納めかな。
1
作治小屋前より。歩いてきたルートが良く見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作治小屋前より。歩いてきたルートが良く見えます。
日に照らされて緑もきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日に照らされて緑もきれい。
7
戸川林道の紅葉は遠くから見る分にはきれいですが、近づくと褐色のものが多くあまりきれいとは言えないのが残念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸川林道の紅葉は遠くから見る分にはきれいですが、近づくと褐色のものが多くあまりきれいとは言えないのが残念。
3
大倉尾根の一部にメタセコイアらしい木がありますが色付きの途中でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根の一部にメタセコイアらしい木がありますが色付きの途中でした。
2
苔が輝いた瞬間。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔が輝いた瞬間。
2

感想/記録

 晴れだけど強風予想だったので防寒装備しっかりして出かけましたが、風が強い場所は限られました。小丸尾根や源次郎尾根は風向に対して影になりますし、塔ノ岳山頂も西側の縁に近づかない限りは弱い風でした。でもさすがに気温自体は低く鍋割山稜稜線から金冷シにかけては手が冷たくなるので手袋着用しました。

 晴れて風が強いということは遠方までよく見えるはず、と思って出かけた次第ですが正に冬の気候そのものになったので視界は素晴らしかったですね。ただし南アルプスや金峰山、八ヶ岳方向は雲があって隠れていたのは残念です。

 下りで源次郎尾根を選んだのは、ここ2回ともガスのため視界不良の中を下降しているのでしばらくぶりに晴れて眺望がいい中を下りたいと思ったためです。期待通りの結果となりましたが、視界が良いとルートがとても分かりやすくなるので安心して下れました。ガスの中だとGPSの確認を頻繁に行いますが今日は地形を視認するのみで判断できました。

 そう言えば山頂では例のおでぶのノラ猫の姿は見ませんでした。
訪問者数:411人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鞍部 ガス 林道 GPS 紅葉 ブナ 草原
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ