ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 774526 全員に公開 ハイキング甲信越

曽山ー小川路峠

日程 2015年12月05日(土) [日帰り]
メンバー yama-take
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間3分
休憩
26分
合計
8時間29分
Sスタート地点07:2109:36曽山09:4710:36ボーズッタ線分岐10:54小川路峠11:0911:19ボーズッタ線分岐13:43外山1219.9m14:06稜線1270mから北へ15:18小川川を渡渉15:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

7:21に出発。林道を少しすすんで、ここから左の斜面に入っていく。
2015年12月05日 07:25撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:21に出発。林道を少しすすんで、ここから左の斜面に入っていく。
2
振り返ると、矢筈トンネル入り口のループ橋のあたり
2015年12月05日 07:26撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、矢筈トンネル入り口のループ橋のあたり
1
7:40まあまあ歩きやすい尾根だった。
2015年12月05日 07:40撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:40まあまあ歩きやすい尾根だった。
7:57左後方に鬼ヶ城山がめだつ。
2015年12月05日 07:57撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:57左後方に鬼ヶ城山がめだつ。
2
7:58しばしば急登がある。
2015年12月05日 07:58撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:58しばしば急登がある。
1
8:20クマかな?
2015年12月05日 08:20撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:20クマかな?
2
8:26右手に小川路峠方面
2015年12月05日 08:26撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:26右手に小川路峠方面
1
9:25ブナなどの大木も散見される斜面。
2015年12月05日 09:25撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:25ブナなどの大木も散見される斜面。
2
9:36曽山に到着。南アルプス方面は雲で見通せない。
雪はせいぜい5僂らい。
2015年12月05日 09:36撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:36曽山に到着。南アルプス方面は雲で見通せない。
雪はせいぜい5僂らい。
3
10:18気持ちの良い尾根がつづいた。
2015年12月05日 10:18撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:18気持ちの良い尾根がつづいた。
2
10:36小川路峠への秋葉街道に出た。
ここに出る直前は、ギザギザだったり、トラバースがあり注意が必要だった。
2015年12月05日 10:36撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:36小川路峠への秋葉街道に出た。
ここに出る直前は、ギザギザだったり、トラバースがあり注意が必要だった。
3
30番観音
2015年12月05日 10:40撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30番観音
2
10:54小川路峠に到着
2015年12月05日 10:54撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:54小川路峠に到着
5
中央アルプス方面
2015年12月05日 10:56撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス方面
1
南アルプス方面も前衛の御池山あたり(?)しか見えない。
2015年12月05日 11:02撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス方面も前衛の御池山あたり(?)しか見えない。
2
11:22折り返して、三角点1638.2mに寄る。
2015年12月05日 11:22撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:22折り返して、三角点1638.2mに寄る。
2
11:33だいぶ晴れてきた。
2015年12月05日 11:33撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:33だいぶ晴れてきた。
2
11:35道端の観音様を写真におさめていく。手も合わせましたよ。これは26番観音
2015年12月05日 11:35撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:35道端の観音様を写真におさめていく。手も合わせましたよ。これは26番観音
3
11:51街道よりできるだけ尾根筋を歩こうと考えていた。ようやく道を外れていく。
2015年12月05日 11:51撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:51街道よりできるだけ尾根筋を歩こうと考えていた。ようやく道を外れていく。
1
12:21左隣の尾根。金森山かと思っていたが、帰ってから地図見たら小川路峠から西に伸びる尾根のよう。
2015年12月05日 12:21撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:21左隣の尾根。金森山かと思っていたが、帰ってから地図見たら小川路峠から西に伸びる尾根のよう。
1
13:10街道はしばしば尾根上に接する。ここには轍があった。
2015年12月05日 13:10撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:10街道はしばしば尾根上に接する。ここには轍があった。
1
その都度、すぐに山道にはいっていく。
2015年12月05日 13:12撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その都度、すぐに山道にはいっていく。
1
13:43外山に到着。2年半前の足跡とつなげることができた。ここから折り返し。
2015年12月05日 13:43撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:43外山に到着。2年半前の足跡とつなげることができた。ここから折り返し。
1
14:06 1270mピークから北への尾根へと下っていく。
往きには気づかなかったが、石仏のよう。
2015年12月05日 14:06撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:06 1270mピークから北への尾根へと下っていく。
往きには気づかなかったが、石仏のよう。
1
14:10雪がついているので、注意して歩こう。
2015年12月05日 14:10撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:10雪がついているので、注意して歩こう。
1
14:36なんだこれは?
標識によると、国土交通省の「クマタカの人工巣及びVTR監視装置」
2015年12月05日 14:36撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:36なんだこれは?
標識によると、国土交通省の「クマタカの人工巣及びVTR監視装置」
2
これか! 怪しい男も写されたのか?
2015年12月05日 14:37撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これか! 怪しい男も写されたのか?
6
電源ケーブルが続いているので、これに沿って安全に帰ろうと考えたのだが・・・・・
2015年12月05日 14:40撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電源ケーブルが続いているので、これに沿って安全に帰ろうと考えたのだが・・・・・
1
14:51ケーブルは尾根を外れて急斜面を下りていっていたので付いていかず、尾根をいくことになる。急になってきた。
2015年12月05日 14:51撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:51ケーブルは尾根を外れて急斜面を下りていっていたので付いていかず、尾根をいくことになる。急になってきた。
1
15:08尾根末端は急すぎて行けないので、左の沢をめざす。
2015年12月05日 15:08撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:08尾根末端は急すぎて行けないので、左の沢をめざす。
1
15:10小沢に降り立つ。
2015年12月05日 15:10撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:10小沢に降り立つ。
1
15:13太い沢に合流して、小川川の本流まであとわずかだが・・・・・滝の落ち口だ。
2015年12月05日 15:13撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:13太い沢に合流して、小川川の本流まであとわずかだが・・・・・滝の落ち口だ。
4
15:17右岸を捲いておりたら、2段20mくらいの滝だった。
2015年12月05日 15:17撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:17右岸を捲いておりたら、2段20mくらいの滝だった。
3
15:18小川川を渡る。
2015年12月05日 15:18撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:18小川川を渡る。
3
15:25石垣が続いている区間だったのでどうしようかと思ったが、階段があって良かった。
2015年12月05日 15:25撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:25石垣が続いている区間だったのでどうしようかと思ったが、階段があって良かった。
1
朝上っていった尾根。
2015年12月05日 15:35撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝上っていった尾根。
2
15:41ループ橋の下を通って、車までもう少し。
2015年12月05日 15:41撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:41ループ橋の下を通って、車までもう少し。
1

感想/記録

伊那山脈の3つの足跡をつなげようと2年前から計画していたコースで、これ以上棚さらしにしてはいけないなぁと思い立った。伊那山脈主稜線の途切れている部分をつなげることにもなる。この辺りは標高が低くても、結構なヤセ尾根・急傾斜があるので、雪が付いていたら大丈夫だろうか。

矢筈トンネル西入口のそばから、林道を少し歩いたのちに左斜面を尾根をめざす。うっすら雪がついていて、難所があったらイヤだなぁ、帰りの下り斜面がどうかなぁと案ずる。急斜面ではやや滑って歩きづらいものの、危険も無く登っていく。曽山手前はブナなどの大木がある気持ち良い斜面。曽山には2年半ぶり2回目。
陽ざしなく、風でやや寒いので着こんだまま進む。広い稜線がつづいたが、最後の方は細くなりギザギザっぽくなってきた。左下に明瞭なトラバース道が分かれていくので、そこに乗り換える。1箇所だけイヤらしい小沢のトラバースがあり要注意。やがて秋葉街道に出て小川路峠へ。中央アルプスも南アルプスも雲の中だ。
秋葉街道を西へ下りていくが、できるだけ街道を外れて尾根筋を歩くつもりでいたので、1400mあたり23番観音の先から右に別れていく。そのあと5カ所で街道に出会いながら、1219.9m三角点の外山に到着。地味な上下を繰り返してきたので、いささか飽きてきたところだった。2年半前の2月に来た足跡とつなげることができて満足だ。
あとは少し戻って1270m峰から、北へ下りていく。下部は急なのでドキドキだったが、目印もそれなりにあり、雪もほとんど無い。前方になにか箱が?・・・国土交通省:三遠南信自動車道関連の「クマタカ人工巣及びVTR監視設備」だそうだ。周りを見ると真上の樹上に何か装置があった。電源ケーブルとトラロープが尾根筋を下りていくので、今日はこれを伝って楽に下りてしまおう。でもやがてケーブルはとんでもない急斜面を右に下りていくので、尾根上に取り残されてしまった。なおも尾根を下り最後は沢へ、なんと20mの滝があったが無事に捲くことができて周回を終えた。

いつもドキドキの尾根下り、上部では作業道や目印がはっきりしているけど、最後に見失って急斜面に突入するいつものパターンだ。それも面白いのだけど、見失わずにたどる術も身につけておきたいものだ。
伊那山脈はまだまだ行くところがたくさんありそうだ。
訪問者数:311人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/27
投稿数: 2936
2015/12/10 7:30
 曽山
おはようございます。
小川路峠から曽山は、一度歩いてみたいと思っていたところです。
これほどの周回コースは無理ですが、秋葉山に登ったので、秋葉街道も興味があります。
伊那もだいぶ、雪になってきましたね。
昨年よりは、まだ少ない気がします
登録日: 2011/10/5
投稿数: 658
2015/12/10 20:39
 totokさん こんばんは
いつも見ていただいて、ありがとうございます。
ワタシは、古の街道より「尾根をつなげる派」のようです。なので11番観音から33番のうち、12-15、17、19、20、22番は見ませんでした。
ボーズッタ線分岐のすぐ東はイヤらしい斜面がありますので、これ以上雪がついた時はご注意ください。以前のkokuzooさんのレコも参考に。
これから雪の時期・・・・苦手意識が全く払拭できず  どう過ごそうか、悩んでいるところです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ