ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 775074 全員に公開 ハイキング奥秩父

笠取山

日程 2015年12月05日(土) [日帰り]
メンバー m2998nokaze, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
作場平登山口に駐車場とバイオトイレがあります。
一ノ瀬林道はこの日は凍結しているところはなくノーマルタイヤで通行できました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間57分
休憩
1時間21分
合計
6時間18分
S作場平橋駐車場08:0709:15ヤブ沢峠09:2809:45笠取小屋10:02小さな分水嶺10:0610:28笠取山西峰10:5110:59笠取山11:0211:28水干(多摩川源頭部)12:0012:06多摩川源流12:0012:24水干尾根12:46シラベ尾根13:00黒エンジュ分岐13:0613:43馬止13:56中島川口14:19作場平橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルート記入は手入力なので正確ではありません。
コース状況/
危険箇所等
先週降った雪は融けていました。
作場平口からヤブ沢峠間の登山道は小沢の水が流れて凍っている場所がありました。午後には融けてぬかるむと思われます。
笠取山頂上から先の岩場部分は北側に凍結箇所がありました。

写真

作場平、橋の手前にも駐車場があります。
2015年12月05日 07:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作場平、橋の手前にも駐車場があります。
バイオトイレは3個のうち1個は使用禁止になっていました。
使用できるところもオーバーユース状態では?
2015年12月05日 08:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイオトイレは3個のうち1個は使用禁止になっていました。
使用できるところもオーバーユース状態では?
登山口、登山ポストは気づきませんでした。
2015年12月05日 08:05撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口、登山ポストは気づきませんでした。
登山口にある概略図の看板には印刷されたパンフが置かれています。
2015年12月05日 07:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にある概略図の看板には印刷されたパンフが置かれています。
ヤブ沢峠まで沢沿いで何回も橋を渡ります。
日もまだ当たらず、とにかく寒い!
2015年12月05日 08:23撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブ沢峠まで沢沿いで何回も橋を渡ります。
日もまだ当たらず、とにかく寒い!
一休坂への分岐その1.
2015年12月05日 08:32撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休坂への分岐その1.
一休坂への分岐その2。
2015年12月05日 08:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休坂への分岐その2。
雪はなくなっていましたが、霜柱がすごいです。
2015年12月05日 08:54撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はなくなっていましたが、霜柱がすごいです。
沢の水がつららになっています。
2015年12月05日 08:54撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の水がつららになっています。
沢から離れて日当たりが良くなり、暖かくなってきました。
2015年12月05日 09:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢から離れて日当たりが良くなり、暖かくなってきました。
ヤブ沢峠
2015年12月05日 09:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブ沢峠
ベンチで一休み。
2015年12月05日 09:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチで一休み。
名残雪
2015年12月05日 09:45撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残雪
笠取小屋
2015年12月05日 09:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋
小屋から分水嶺までとてもきれいに整備されています。
2015年12月05日 09:49撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から分水嶺までとてもきれいに整備されています。
雁峠への分岐。
2015年12月05日 09:58撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠への分岐。
小さな分水嶺からの笠取山。
2015年12月05日 10:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺からの笠取山。
ここから東側に降った雨は荒川、西側に降った雨は富士川、南側に降った雨は多摩川になるそうです。
2015年12月05日 10:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから東側に降った雨は荒川、西側に降った雨は富士川、南側に降った雨は多摩川になるそうです。
分水嶺からの富士山。
2015年12月05日 10:01撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分水嶺からの富士山。
笠取山へ向かいます。
2015年12月05日 10:06撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山へ向かいます。
笠取山頂上
2015年12月05日 10:26撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山頂上
1
山頂からの雁峠
2015年12月05日 10:29撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの雁峠
富士山の右に南アルプスが連なっていました。
2015年12月05日 10:36撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の右に南アルプスが連なっていました。
一番右が北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳と続いています。
2015年12月05日 10:37撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番右が北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳と続いています。
1
山頂では風があり、寒かったので少し休んで先へ進みます。
山頂から先、北側は岩場になっています。
2015年12月05日 10:53撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂では風があり、寒かったので少し休んで先へ進みます。
山頂から先、北側は岩場になっています。
少し進むと三角点がありました。
ここが本来の山頂なのでしょうか。
2015年12月05日 10:59撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むと三角点がありました。
ここが本来の山頂なのでしょうか。
三角点の富士山。
2015年12月05日 11:01撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点の富士山。
山頂周辺ちょっとした岩場が続き、その北側は雪が残って凍っている部分がありました。
2015年12月05日 11:07撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂周辺ちょっとした岩場が続き、その北側は雪が残って凍っている部分がありました。
唐松尾山への分岐から水干へ行ってみます。
2015年12月05日 12:24撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松尾山への分岐から水干へ行ってみます。
山頂の下をトラバースして分水嶺に戻る道に入ります。
2015年12月05日 11:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の下をトラバースして分水嶺に戻る道に入ります。
水干とは沢の行き止まりのことだそうです。
2015年12月05日 11:28撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干とは沢の行き止まりのことだそうです。
多摩川の最初の一滴は伏流水となってこの下60mのところで沢となって地上に出ます。
2015年12月05日 11:27撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多摩川の最初の一滴は伏流水となってこの下60mのところで沢となって地上に出ます。
水干横のテーブルでお昼にしました。
2015年12月05日 11:33撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干横のテーブルでお昼にしました。
その後、多摩川の源流を見に行きます。
2015年12月05日 11:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、多摩川の源流を見に行きます。
水干沢(多摩川)の源流です。
2015年12月05日 12:06撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干沢(多摩川)の源流です。
1
トラバース道を戻ってシラベ尾根に来ました。
ここで笠取小屋へ戻るか、黒槐尾根に向かうか、迷いました。
持ってきたエアリアマップと登山口でもらったパンフレットでは所要時間が違います。
笠取小屋から一休坂へ向かっても最後は朝と同じ道に出ます。
いっぽう黒槐尾根はまったく違う道を周回することができますが、最後に舗装道路を歩かなければなりません。
周回コースの黒槐尾根を下ることにしました。
2015年12月05日 12:46撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道を戻ってシラベ尾根に来ました。
ここで笠取小屋へ戻るか、黒槐尾根に向かうか、迷いました。
持ってきたエアリアマップと登山口でもらったパンフレットでは所要時間が違います。
笠取小屋から一休坂へ向かっても最後は朝と同じ道に出ます。
いっぽう黒槐尾根はまったく違う道を周回することができますが、最後に舗装道路を歩かなければなりません。
周回コースの黒槐尾根を下ることにしました。
黒槐尾根分岐。
2015年12月05日 12:58撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒槐尾根分岐。
黒槐尾根を下ります。
行く前にざっと見ていたヤマレコの記録では黒槐尾根はまったく出てこなかったので歩きにくいのかなあ、と思ったのですが・・・
2015年12月05日 13:06撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒槐尾根を下ります。
行く前にざっと見ていたヤマレコの記録では黒槐尾根はまったく出てこなかったので歩きにくいのかなあ、と思ったのですが・・・
道幅は広く、ぬかるみも急なところもなくとても歩きやすかったです。
2015年12月05日 13:11撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道幅は広く、ぬかるみも急なところもなくとても歩きやすかったです。
馬止
2015年12月05日 13:43撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬止
一ノ瀬林道に出ました。
作場平までどのくらいかかるのでしょうか?
パンフレットでは40分、エアリアマップでは25分となっています。
2015年12月05日 13:56撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ瀬林道に出ました。
作場平までどのくらいかかるのでしょうか?
パンフレットでは40分、エアリアマップでは25分となっています。
わたしの(遅い)足でも23分で到着しました。
2015年12月05日 14:19撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わたしの(遅い)足でも23分で到着しました。

感想/記録

日帰りでしかもツレが夜に所用があり、時間が限られている中で少しでも雪がありそうなところと考えて選んだ笠取山でしたが、案の定ヤマレコの記録で見た先週の雪はすっかり解けておりました。
それでも朝の冷たい空気と雲一つない空の青さに冬が来たと実感できました。
笠取山西峰では白い南アルプスが見られて満足しました。
笠取山は2度目で前に来たのは12〜3年前、その時に比べずいぶんときれいに整備されていました。
東京都の水源地だからなのでしょうが、いささか「過ぎている」ように感じました。
登山口にある環境に配慮したバイオトイレはオーバーユースで処理しきれてないのでは?と心配になりました。
訪問者数:402人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ