ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 776327 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

大洞ダム〜仁田小屋尾根〜和名倉山〜ヒルメシ尾根 日差しが暖かい初冬の尾根歩き

日程 2015年12月05日(土) 〜 2015年12月06日(日)
メンバー kiha58
天候概ね晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:西武秩父から三峰神社行きバス
途中、林道雲取線の交差点で降ろしてもらう
復路:中津川大橋の交差点付近で、中津川からのバスに乗せてもらう
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間22分
休憩
0分
合計
4時間22分
S雲取林道分岐10:1710:52鮫沢11:02モノレール起点11:09大洞ダム12:29871m14:02仁田小屋の頭14:39宿泊地 1805m
2日目
山行
5時間43分
休憩
5分
合計
5時間48分
宿泊地06:0006:04松葉沢ノ頭07:28和名倉山07:3307:49二瀬分岐(二瀬・山頂・仙波方面)08:03北ノタル08:15ヒルメシ尾根のピーク09:111762m10:331173m11:17吊橋11:48中津川大橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大洞ダムから市ノ沢を渡渉して仁田小屋尾根に乗るまでが核心。
結構危険なので、推奨しません。
少し遠いが大洞橋を渡ってから取り付いた方が良さそう。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

秩父湖から三峰神社の間は自由乗降区間。林道雲取線の三叉路で降ろしてもらう。
2015年12月05日 10:12撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父湖から三峰神社の間は自由乗降区間。林道雲取線の三叉路で降ろしてもらう。
鮫沢のゲート。今日は車2台が留まっていた。
2015年12月05日 10:53撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鮫沢のゲート。今日は車2台が留まっていた。
対岸のナシ尾根(訂正)
ここもいつか歩きたい
2015年12月05日 10:56撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸のナシ尾根(訂正)
ここもいつか歩きたい
2
仁田小屋尾根
2015年12月05日 11:01撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田小屋尾根
先週歩いたバラクチ尾根
2015年12月05日 11:01撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週歩いたバラクチ尾根
モノレールの起点
2015年12月05日 11:02撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレールの起点
道がついている
2015年12月05日 11:04撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道がついている
1
大洞ダム到着
2015年12月05日 11:08撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞ダム到着
1
下の廊下的道
2015年12月05日 11:10撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の廊下的道
2
謎の標識
2015年12月05日 11:13撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
謎の標識
ガレている
2015年12月05日 11:14撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレている
滑り易いので慎重に
2015年12月05日 11:20撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑り易いので慎重に
1
市ノ沢を渡る
2015年12月05日 11:23撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市ノ沢を渡る
1
尾根に取り付く。急(40度ぐらいか)
2015年12月05日 11:37撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に取り付く。急(40度ぐらいか)
1
岩場も通過
2015年12月05日 12:22撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場も通過
1
やっと落ち着く
2015年12月05日 12:57撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと落ち着く
西日が明るい
2015年12月05日 13:08撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西日が明るい
ワイヤーロープが樹木を貫通している!?
2015年12月05日 13:12撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワイヤーロープが樹木を貫通している!?
1
仁田小屋ノ頭
2015年12月05日 14:00撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田小屋ノ頭
1
リボンがある。道がはっきりしている。
2015年12月05日 14:25撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リボンがある。道がはっきりしている。
松葉沢ノ頭の少し手前 雰囲気が良いのでここで幕営
2015年12月05日 14:41撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松葉沢ノ頭の少し手前 雰囲気が良いのでここで幕営
1
歩き始めてすぐ松葉沢ノ頭
2015年12月06日 06:05撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めてすぐ松葉沢ノ頭
1
背丈の笹薮
2015年12月06日 06:39撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背丈の笹薮
夜が明けた
2015年12月06日 06:40撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜が明けた
2
和名倉山の尾根が赤くなる
2015年12月06日 06:41撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和名倉山の尾根が赤くなる
2
針葉樹林帯に
2015年12月06日 06:42撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹林帯に
1
ワイヤーロープが散乱している
2015年12月06日 06:42撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワイヤーロープが散乱している
1
奥秩父らしくなってきた
2015年12月06日 07:27撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父らしくなってきた
1
和名倉山ピーク
気づかずに直ぐ脇を少し通り過ぎてしまい、戻る。
2015年12月06日 07:32撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和名倉山ピーク
気づかずに直ぐ脇を少し通り過ぎてしまい、戻る。
2
つかの間の一般道
2015年12月06日 07:37撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つかの間の一般道
1
富士山が見えた
2015年12月06日 07:42撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えた
二瀬分岐 暫く二瀬尾根の道を歩く
2015年12月06日 07:49撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二瀬分岐 暫く二瀬尾根の道を歩く
北面は雪が残っていた
2015年12月06日 07:58撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北面は雪が残っていた
1
2010m ヒルメシ尾根のピーク
コンパスをセットしてスタート
2015年12月06日 08:16撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2010m ヒルメシ尾根のピーク
コンパスをセットしてスタート
1
1910mのチェックポイント
2015年12月06日 08:35撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1910mのチェックポイント
1
1740mコル
2015年12月06日 09:00撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1740mコル
1
1300m付近
2015年12月06日 10:12撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1300m付近
1
ゴールは近い
2015年12月06日 11:06撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールは近い
1
吊橋が見えてきた
2015年12月06日 11:13撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋が見えてきた
1
下が見える。。
2015年12月06日 11:14撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下が見える。。
3
大変危険です。。
2015年12月06日 11:14撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大変危険です。。
3
渡るとトラロープがあった
2015年12月06日 11:15撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡るとトラロープがあった
1
140号線に出る
2015年12月06日 11:19撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
140号線に出る
1
2200mの大峰トンネル
2015年12月06日 11:37撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2200mの大峰トンネル
中津川からのバスがやって来た。
手を上げて乗せてもらう。
2015年12月06日 12:01撮影 by SC-05D, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中津川からのバスがやって来た。
手を上げて乗せてもらう。
1

感想/記録
by kiha58

先週雲取林道が楽しかったので、調子に乗ってまた来てしまった。

和名倉山の東側に、ナシ尾根と仁田小屋尾根の2つの大きな尾根がある。
大洞ダムを渡ると最初ナシ尾根に、更に市ノ沢を渉ると仁田小屋尾根に取り付ける(はず)。

先週通り過ぎた、モノレールを辿る。
しっかり道がついている。
しばらくするとダムのが見えてくる。
ダムは自由に渡れる様だ。
大洞川の左岸はゴルジュになっていて、切り開かれた道を行く。
高巻きするのだが、滑った逆スラブに落葉が乗っているのでとても滑り易く、トラロープがあるものの怖い。
市ノ沢を渡渉して、仁田小屋尾根に取り付く。
斜度40度ぐらいか。岩場も出てきた。
結局、ダムを渡ってから尾根が落ち着くまで1時間近く掛かってしまった。

尾根に乗ると、暖かい西日が気持ちよかった。
仁田小屋ノ頭が近づくと、南から明瞭な踏み跡が合流した。
松葉沢ノ頭が近づくと幕営適地に。
静かな森でのんびりする。

寒くて目が覚める。-8℃
6時に歩き始めるが、未だ暗い。
すぐに夜が明ける。
目指す和名倉山が赤くなる。
針葉樹林帯に変わって奥秩父らしくなると、しばらくして山頂に。
すぐ脇を気づかずに通り過ぎてしまって、少し引き返す。

少し一般道を歩いて二瀬分岐。
北に進路を変えてヒルメシ尾根のピークは森の中。
ここからが本番。コンパスを合わせてスタート。
こまめにチェックポイントを設けて都度確認する。
順調。
しばらくして、左から明瞭な道が。
急にリボン、テープが出てきた。
どうやら作業道に乗ったよう。
刈り払われていて歩きやすい。が、ちょっとつまらない。
尾根から左にどんどん逸れている。
不安になってきて、踏み跡を離れて尾根に戻る。
ところが、1500の分岐で尾根を間違えてしまう。
出てくるはずの1173が来ない。
ふと右を見ると無いはずの尾根が。
2度コンパスをセットし直して、3度目に間違ったのだろう。
左に作業道があったので引っ張られてしまって、客観的に判断していない。
反省。。。

尾根を乗り換えると作業道に合流。
九十九折に高度を下げて吊橋に。
板が傷んでいて下が見える。
両手をワイヤーに添えながら慎重に進む。
ちなみに、直ぐ上のダムで取水しているらしく、水量は少ない。
渡渉も難しくなさそう。

140号線に出たが、次のバスまで2時間待ち。
しかし、30分あるけば中津川からのバスに乗れるので歩く事にする。

長いトンネルを抜けると、やがて誰も乗っていないバスがやって来た。
訪問者数:456人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ