ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 776761 全員に公開 ハイキング中国山地西部

広高山

日程 2015年12月08日(火) [日帰り]
メンバー muehara
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中国道吉和ICから、R186・R434で山口方向へ約10km
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
寂地山縦走路は危険箇所なし。
広高山・額々山方面は北側急斜面でスリップ注意、道迷いにも注意。
その他周辺情報冠山登山口の潮原温泉など。

装備

備考 雪の斜面ではストックが役立つはず

写真

松の木峠手前、スキー場跡に駐車しました。
2015年12月08日 11:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松の木峠手前、スキー場跡に駐車しました。
1
落ち葉が敷き詰められた気持ちのいい縦走路です。
2015年12月08日 11:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉が敷き詰められた気持ちのいい縦走路です。
季節的にもう花は見られないでしょうね。目立つ赤い実はナナカマド。
2015年12月08日 11:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
季節的にもう花は見られないでしょうね。目立つ赤い実はナナカマド。
1
広島市内は快晴だったのに、冠周辺は薄曇りです。わずかに雲の切れ間から見えた青空。
2015年12月08日 11:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広島市内は快晴だったのに、冠周辺は薄曇りです。わずかに雲の切れ間から見えた青空。
1
わずかに岩がむき出しの急坂があります。
2015年12月08日 11:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずかに岩がむき出しの急坂があります。
1164ピーク付近。細い縦走路と冬枯れの木々。
2015年12月08日 11:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1164ピーク付近。細い縦走路と冬枯れの木々。
1
寂地峡入口のある岩国側は深い谷筋です。中国道が見えました。
2015年12月08日 12:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寂地峡入口のある岩国側は深い谷筋です。中国道が見えました。
北斜面には雪がわずかに残っていました。
2015年12月08日 12:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斜面には雪がわずかに残っていました。
1
冠山方面への分岐。
2015年12月08日 12:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冠山方面への分岐。
1
広高山への分岐。今日はここからがメインです。
2015年12月08日 12:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広高山への分岐。今日はここからがメインです。
2
分岐のすぐ先です。すでに道が分かりません。
よく見ると熊笹の先の茂みにピンクのテープがあります。
2015年12月08日 12:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐のすぐ先です。すでに道が分かりません。
よく見ると熊笹の先の茂みにピンクのテープがあります。
テープが少ない区間があります。ここは足元の落ち葉の状況でルートが見えました。
2015年12月08日 12:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープが少ない区間があります。ここは足元の落ち葉の状況でルートが見えました。
足元が雪になると、踏み跡が分かりません。トレースがあればいいのですが、ケモノのトレースではちょっと…
2015年12月08日 12:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元が雪になると、踏み跡が分かりません。トレースがあればいいのですが、ケモノのトレースではちょっと…
2
だんだん道が分からなくなりつつあります。
笹の少ない踏み跡の上に笹が倒れかかっているので、笹が濃いところがコースだとわかりました。
2015年12月08日 12:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん道が分からなくなりつつあります。
笹の少ない踏み跡の上に笹が倒れかかっているので、笹が濃いところがコースだとわかりました。
1
北斜面に来ると雪が残っていました。幸いピンクテープがルートを示してくれています。
2015年12月08日 12:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斜面に来ると雪が残っていました。幸いピンクテープがルートを示してくれています。
坂は結構急です。落ち葉が積もり、その上に5cmほどの雪が残っています。かなり滑るので慎重に歩きました。
2015年12月08日 12:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂は結構急です。落ち葉が積もり、その上に5cmほどの雪が残っています。かなり滑るので慎重に歩きました。
分岐でもなさそうなところから足跡があらわれました。
このあたりのエキスパート登山者かもしれません。少し安心してトレースを追います。
2015年12月08日 12:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐でもなさそうなところから足跡があらわれました。
このあたりのエキスパート登山者かもしれません。少し安心してトレースを追います。
1
すぐにボーギのキビレに着きました。
ここは十字路で、広高山は直進です。先月は左の広高谷から右へ歩きました。
2015年12月08日 12:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにボーギのキビレに着きました。
ここは十字路で、広高山は直進です。先月は左の広高谷から右へ歩きました。
1
荒れた道を少し行くと分岐がありました。右が広高山です。今日はここから広高谷へ下るのが目的です。とりあえず山頂へ。
2015年12月08日 12:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れた道を少し行くと分岐がありました。右が広高山です。今日はここから広高谷へ下るのが目的です。とりあえず山頂へ。
1
広高山山頂、1271m。登頂記念の札しかありません。
2015年12月08日 12:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広高山山頂、1271m。登頂記念の札しかありません。
4
西側から見る吉和冠山。木が少々邪魔します。夏は何も見えないのでしょうね。
2015年12月08日 13:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側から見る吉和冠山。木が少々邪魔します。夏は何も見えないのでしょうね。
1
広高谷を目指して山を下ります。序盤はテープがあったのですがすぐに見失い、踏み跡もさっぱりわかりません。少し引き返しましたが、諦めることにします。
2015年12月08日 13:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広高谷を目指して山を下ります。序盤はテープがあったのですがすぐに見失い、踏み跡もさっぱりわかりません。少し引き返しましたが、諦めることにします。
1
完全に道はないのですが、行きたい尾根、下りたい場所は決めているので、適当に進みました。
2015年12月08日 13:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に道はないのですが、行きたい尾根、下りたい場所は決めているので、適当に進みました。
広高谷上部に下ってきました。最後が崖だったら遭難できますが、先月歩いて危険はないとわかっているので、気にせず下ってきました。
2015年12月08日 13:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広高谷上部に下ってきました。最後が崖だったら遭難できますが、先月歩いて危険はないとわかっているので、気にせず下ってきました。
雪には踏み跡がありました。
そして、あやしい鞍部が谷の北側に見えてきました。
2015年12月08日 13:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪には踏み跡がありました。
そして、あやしい鞍部が谷の北側に見えてきました。
1
前回谷を遡行した際、この鞍部から明瞭な踏み跡とテープがあらわれたので気にしていたのです。
2015年12月08日 13:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回谷を遡行した際、この鞍部から明瞭な踏み跡とテープがあらわれたので気にしていたのです。
1
鞍部を上がると、広高山方面へ、尾根筋を上がる道が見えました。
2015年12月08日 13:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部を上がると、広高山方面へ、尾根筋を上がる道が見えました。
1
少なめですが、テープはあります。足元の踏み跡を追いつつ、遠くに現れるテープを探しながら登っていきました。
2015年12月08日 13:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少なめですが、テープはあります。足元の踏み跡を追いつつ、遠くに現れるテープを探しながら登っていきました。
無事広高山分岐まで上がれました。
2015年12月08日 13:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事広高山分岐まで上がれました。
再度下って鞍部へ。谷を避け、右のルートで下ります。
2015年12月08日 13:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度下って鞍部へ。谷を避け、右のルートで下ります。
荒れた谷筋のルートですが、テープも踏み跡もありました。
2015年12月08日 13:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れた谷筋のルートですが、テープも踏み跡もありました。
目印の少ない谷では貴重な小屋跡。
2015年12月08日 14:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印の少ない谷では貴重な小屋跡。
1
左手にワサビ田が見えると間もなく林道へ下ります。まっすぐ行くと、「立入禁止」標識のところへ出てしまうので、左手の作業道へ出ることにします。
2015年12月08日 14:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手にワサビ田が見えると間もなく林道へ下ります。まっすぐ行くと、「立入禁止」標識のところへ出てしまうので、左手の作業道へ出ることにします。
1
額々山経由で戻る予定なので、作業道を上がり、上部の林道へ出ます。すぐ正面が額々山への取り付きです。
2015年12月08日 14:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
額々山経由で戻る予定なので、作業道を上がり、上部の林道へ出ます。すぐ正面が額々山への取り付きです。
1
額々山への分岐。
2015年12月08日 14:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
額々山への分岐。
入口付近はあやしい道ですが、テープもあり、少し登ると標識もありました。
2015年12月08日 14:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口付近はあやしい道ですが、テープもあり、少し登ると標識もありました。
途中から雪があり、ちょうど勾配がきつくなるところで、ものすごく足元が滑ります。
2015年12月08日 14:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から雪があり、ちょうど勾配がきつくなるところで、ものすごく足元が滑ります。
稜線に出ました。
2015年12月08日 14:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。
2
寂地山縦走路へ出ました。
松の木峠までまっすぐ帰るのがもったいないので、犬戻峡ルートを試してみます。
2015年12月08日 15:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寂地山縦走路へ出ました。
松の木峠までまっすぐ帰るのがもったいないので、犬戻峡ルートを試してみます。
寂地山山頂。
2015年12月08日 15:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寂地山山頂。
2
寂地山西の犬戻峡分岐。ここを下ります。
2015年12月08日 15:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寂地山西の犬戻峡分岐。ここを下ります。
1
急坂部分も階段が整備されており、一気に駆け下ります。
2015年12月08日 15:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂部分も階段が整備されており、一気に駆け下ります。
延命水。
2015年12月08日 15:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
延命水。
1
林道終点に下ってきました。ここまで車で来られるのなら寂地山は近いものですね。
2015年12月08日 15:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点に下ってきました。ここまで車で来られるのなら寂地山は近いものですね。
犬戻遊歩道へ下ります。
2015年12月08日 15:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬戻遊歩道へ下ります。
1
犬戻峡を少し見てみます。いい時期に来てみたかったですね。
2015年12月08日 15:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬戻峡を少し見てみます。いい時期に来てみたかったですね。
1
犬戻の滝。奥にも上段があるそうですが、あまり見えません。
2015年12月08日 15:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬戻の滝。奥にも上段があるそうですが、あまり見えません。
1
遊歩道を下ると再度林道に合流します。
2015年12月08日 15:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道を下ると再度林道に合流します。
1
この先から林道は「一般車両進入禁止」でした。先ほどの林道終点までは行けないようです。
2015年12月08日 15:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先から林道は「一般車両進入禁止」でした。先ほどの林道終点までは行けないようです。
林道を小走りで下って寂地峡案内所へ出てきました。ログを止めます。
しかしこの先、松の木峠の車まで戻らないといけません…
2015年12月08日 15:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を小走りで下って寂地峡案内所へ出てきました。ログを止めます。
しかしこの先、松の木峠の車まで戻らないといけません…
1
ジョギング1時間弱で松の木峠へたどり着きました。約5kmあります。
2015年12月08日 16:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジョギング1時間弱で松の木峠へたどり着きました。約5kmあります。
1

感想/記録

先月、寂地山、額々山を訪れた際、広高谷から広高山へ上がることができなかったため、広高山と広高山からの下りルートを見てみるための山行です。
広島市内は快晴の山日和だったのですが、前日の飲み会の影響で出発が遅くなってしまいました。
若干後悔しましたが、吉和の空は曇り空だったので、良しとしましょう。

松の木峠からの縦走路は歩いたことがなかったので、広高山付近までピストン程度を計画していました。
峠からの縦走ルートはスタート地点からそれなりの標高があり、縦走路は平坦に近いと思っていましたが、結構アップダウンがありました。
縦走路は特に危険箇所もなく平穏です。雪が積もるのが楽しみですね。

今回は広高山がメインで、縦走路から広高山へ向かいました。
分岐直後から笹が茂り、テープは遠く、数も少なく、道を見失いそうになりました。
踏み跡らしきものが見える場所、植生の薄い場所、雪が帯状に深い場所に気付けるか、ルートファインディング能力を試されるような状況です。
北斜面では坂が急で、雪も残り、グリップがさっぱり効きません。
積雪は浅く、アイゼンが効くような場面でもないので、草木を掴みながら下りました。

広高山に登った後、広高谷方面へ下ってみます。先月の山行で見つけられなかったルートを見に行くわけです。
しかし、踏み跡が見当たらず、テープもなくなって、完全に登山等を見失ってしまいました。
iPhoneの優秀なGPSと優秀な地図アプリで、地形図と現在地が把握できるため、林の中を行きたい方向へ下っていくことにしました。
問題なく谷へ下り、広高山への登山道があると思われる場所を探してみて、ようやく発見に至りました。
このルートを一往復して大いに納得し、帰路につきます。

広高谷まで下ったので、縦走路へ出るため額々山へ登りますが、ここも雪の残る急斜面で足元がよく滑りました。その後、まっすぐ帰るのがもったいないので、寂地山、犬戻峡経由で下山しました。
林道歩きがあり、さらに松の木峠の車のところまで舗装路歩きがあり、結構堪えました。
訪問者数:320人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/21
投稿数: 1218
2015/12/9 17:16
 納得できたら
宿題を終えたようにすっきりされましたね〜

私は宿題山積みです。
たぶん来春になりますがルート参考にさせて頂きます。
muehara さん4時間なら
私たちは7時間で計画しますけどね
登録日: 2015/5/7
投稿数: 22
2015/12/10 7:23
 Re: 納得できたら
すっきりしました〜!

地図を見ていると、ここに行きたいのに道がないということがたくさんありますね。
ヤマレコなどで調べてみると、歩いている人がいるのでとても参考になります。
ただ、あまりにも上級者向けのコースだったりするので、簡単には挑戦できません。
今回のコースにはテープも踏み跡もあり、まあ何とか行けるかなという感じでした。

いつも足早の山行で参考にならなくてスミマセン
マラソンの練習的感覚が抜けなくて、また、あっちもこっちも行きたいと、欲張りで困ります。
山コーヒーや花、野鳥観察などしつつ、ゆっくり山を楽しみたいものです

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ